« 近鉄で東寺の旅 | メイン | 桜組の興亡、この一戦にあり。 »

2009-02-07

おけいはんの旅

P1000589 P1000622 P1000634 7−8日は研究会で上洛してました。そのついでにおけいはんの旅をしてきました。


7日は早朝から、超特急つやま号で梅田まで。JR西のシートはパソコンも打てるほどゆったりなのに対して神姫バスのシートはひじ掛けもなくて狭くてキツイ(ノ_<)。超特急なら九州の高速バスを見習ってほしいもの。
しかし、空いていて30分早く梅田到着。御堂筋線で淀屋橋、京都行くならモーツァルトとおけいはん。石清水八幡宮のお膝元、八幡市駅まで乗りました。

京阪電車はおおむかし、ボクが京近美に展覧会を観に行くときに三条まで乗ってた電車(帰りは阪急)。
今の京阪電車は中之島新線ができて、淀屋橋からと中之島からのダイヤに変更。その上、京都の駅名も一部変更。変更されてはじめてだったのでややこしくないかと思いましたが案外スムーズでした。車窓はずいぶん変わりましたって、住宅建てすぎ。
淀屋橋のジューススタンドでミックスジュースを飲む。関西ではあたりまえだなミックスジュース、チェーン展開してるとこです。

八幡市駅からケーブルで石清水八幡宮を見学。高良神社じゃなくてちゃんと上まで行きました。帰りは歩いて護国寺跡など廃仏令で退去した寺院跡を散策しながら下山。彼らが宿坊として布教活動したというのにねぇ(^^ゞ
麓の頓宮の近くには巨大な五輪塔があります。見ての通りのデカさです。

それから、淀駅へ移動。京都競馬場最寄り駅で有名ですが、駅の前に淀城跡があります。駅のホームから石垣を観ることができますが、まもなく高架になるので駅からの眺めは見納めかも。但し上から俯瞰できるようになるかも知れません。主郭部と天守台が残っています。ちょっとしたスポットです。城好き以外は行っても「?」と思うでしょうな。

そして、最後は中書島駅で降りてかつての京都の外港、伏見の町。北上して、かの寺田屋まで行って外を見てから、かつての伏見城の大手町筋を東へ歩いて近鉄桃山御陵前駅までウロウロ。龍馬伝もあるのでなんだかんだでまたはやりのスポットになるでしょう。龍馬ブームは何度も波があります。今回はじめて(!)伏見は降りてみましたが案外面白い。もっと下調べして歩いてみようと思います。

てなことで。案外、関西歩きをしたことの少ない自分としては、歴史系に近しくなっているのに関西の名所巡りはほとんどしたことのないという状態。ちょうどよいたぬき旅でした。

さて、ここからはキンテツの旅(^^ゞ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/18477780

おけいはんの旅を参照しているブログ:

コメント

今更、なんでまた「祇園四条」なのかと思いました。

京都へ観光へ来るお客さんは京都駅から地下鉄が多くて、京都駅に連絡していない京阪は地元や大阪の人間が。
エスカレータに乗って、立ち止まるほうをみれば、一目瞭然。

今回は中書島まででしたが、中之島線と本線の位置付けがいまいちよくわかりませんでした。
淀屋橋駅と大江橋駅の違いがわかりません。
その辺はもう少し乗りこなしてみて考えます。

祇園四条もさることながら、三条が三条のままというのもなんとも(^^ゞ

コメントを投稿