« アキ、復帰! | メイン | 元気でね&お帰り。 »

2009-01-13

竹田町の山本屋

竹田にきてから本屋は2軒もつぶれている(ノ_<)。
なので、書籍はウェブで調べても、できるだけ地元で注文するようにしている。古本は別ですけど(..ゞアセ

で。過去につぶれたそのうちの1軒目は岩波の『日本通史』を買ってた頃。その月の号を引き取った翌日に閉店というスリリングな体験。
その後、竹田町の文具屋の山本屋文具店が書籍も取り扱っているので、その引き継ぎをして以来、ずっと山本屋にお世話になっている。

このお店は岩波書店のネットショップから直送してくれる店に指定されていることもあって、趣味と化している岩波文庫の仕入れには重宝しているというか、思わずポチッと押してしまうことしばしば。
毎月なんだかんだと歴史や考古やお城の専門の書籍を注文している。
お城の場合、一般向けムックが案外カラー図版でみやすいので、文章はさておき図版用に「お城めぐり決定版」なんてタイトルのものを仕入れたりすることも。。。だから歴史や考古のプロパーさんに色もの扱いされるのですかね?
専門図書はたいてい3000〜10000円の価格帯。2〜3000円だと「お、安いやん」と思うくらいマヒします(..ゞアセ たまにストレス発散の手段と化している時があります(笑)。おねーさんの洋服を買うノリにちかいかも。

山本屋を利用する理由は単純で、支払いを待ってくれるから(^^ゞ。
あとで、1軒本屋ができた時も支払いを待ってくれるので、山本屋。
Amazonや着払いではそうはいくまい(^^ゞ。

猛者な研究者には、そうした書店に全集とか史料集とか注文して支払うまで山のような在庫にしている人もいるようですが、私はある程度たまったら、徐々にこまめに支払っています。
てなことで、今年も変わらず、学研から専門出版社の書籍、岩波書店から不意にやってくる文庫本まで何冊か注文しています。以前はかなりあちらこちらの分野に広げていましたが、最近はかなり必要なジャンルのものに絞り込みました。でも買い込んでいます。

豊後竹田駅に劣らぬ「お得意様」ですね。かなり貢献していると思われ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/17781392

竹田町の山本屋を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿