« 熊本戦巡礼 | メイン | 福岡版を購読する生活 »

2008-08-29

別府市公会堂にレイハラカミを聴く

P1150144仕事を終えてから、BEPPU PROJECTの「☆の記憶を未来につなぐ夏」で、別府市公会堂の「ホシノキオク、レイハラカミを迎えて」に行ってきました。

23日に別府市公会堂の「☆の記憶を未来につなぐ夏」のイベントを楽しんだ際に向こうの方にぜひ来てくださいということだったので、予定がうまくあいたのをいいことに駅まで直行(σ・∀・)σ
と、いつもの17:52の列車で行ったのですけど、この日はなぜか駅にお仕事で知り合いの方々がたくさんお集まりの様子。なぜか。。。と思いきやこの日に限って後ろに「ビアトレイン」がくっつく4両編成(^^ゞ。

ビアトレインで来られた知り合いにお会いする夏?になりながら別府まで。。。(^^ゞ。ソニック使って別府駅に19:22に到着。なかなかグッドタイミングなのかしら。

30分からということなので、8分でまにあわせるべく駅から会場まで別府の坂道をダッシュで走り、何とか開演時間の19:30に到着(・ω・)ノ
でも開演は10分遅れて19:40。。。(^^ゞ
実際は、もちっと遅れていたと思うけどライブとはそんなもの(笑)

レイハラカミって誰?というわたしなんですが、APUの若い子に教えてもらいました。こんなひと
おかげで、DJ&VJの世界をはじめて体験させてもらいました。

今後はホールではなく、空間にスタンディングで聴きたいなと思いつつ、とりあえずCDを買って楽しむことにしました。

そして、各方面にごあいさつしてからまた21:52の大分行きでとんぼ帰り。大分駅は今週から豊肥線・久大線は高架ホームに移ったので、地下階段から地上旧ホームに出て迷路のような仮設通路を通って、さらにそびえ立つような階段をのぼって移動する。。。だけでなく、豊肥線・久大線乗り場が別々のホームに分かれるので上り口を間違えるとダウト!。という、高齢者にやさしいハードルをたくさん設けた「頭を使う」設計となっている(´д`;
そして22:24の列車で、耳に残るレイハラカミの音楽をBGMに帰るのでした。次は9月1日に別府へ行って夏休みはオシマイ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/15785278

別府市公会堂にレイハラカミを聴くを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿