« ドイツへの道〜旅の相談はいろいろ〜 | メイン | はじまりはお手紙から »

2006-04-06

4月になって‥‥

Sakura2006_14月になって、うちの仕事場は館長除いて全部学芸のスタッフになりました(笑)
嘱託職員枠で新たに探した結果、美学・美術史と考古学を専攻する現役スタッフをハンティングできましたさ。
その上、うちの史料で修論をあげた近世史専攻の新入りの職員も休みは加勢に来てくれることになったので、アーキビスト、美学美術史、考古学、歴史学と、田舎の小さな資料館ではありえないバリエーションが実現してしまった(σ・∀・)σゲッツ


単純作業以上に能動的に動かない・使えない、だったスタッフは我が仕 事場で受付と簡単な事務仕事を与えていたら、すっかり慣れてしまい、仕事よりも熱心に合間にケータイで何やら「新しい仕事を求めて」ケイコな勉強をするな ど自由に振る舞っていた(驚くなかれ、そんな勤務態度を上司は容認してしまったのだ、なんてこったい。)のだが、そんなすくすく育った牛さんはドナドナよ ろしく今はやりの派遣業に引き取られていきましたとさ(:-P 

その代りに、昨今の学芸員求人で嘱託採用が多くなっている風潮が幸いして、嘱託採用枠に変更されたことで劇的に動 く・使える即戦力なスタッフを獲得することができました。待遇的には痛しかゆしなところはあるのだが、これを足がかりに学芸員資格をもっとミュージアム以 外の業務に広げることで学芸業務を認知させる可能性は開けたのは幸いだった。今までの調子だったら早晩削減されることだっただろう。

それにしてもここまで揃うとは思わなかった。本当にキツイ環境で「こういうスタッフがいてくれたらなぁ」と思いながら動いていた甲斐があったというものさ。求める姿勢は大事だよなあσ(^_^)
単純作業以上に動かない使えないスタッフから解放されて、指示の意図を組んで動いてくれるスタッフで固めることが出来たので作業環境が劇的に改善された。おかげでいろいろアイディアを実現するチャンスを得ました。

おかげでネタの宝庫、ジャンルの玉手箱竹田市で可能な陣容が揃ったので、彼らと共有する時間を大切に使いたいと思い ます。これでやっとミュージアムらしくなったでよ。実績をあげながら学芸職員の待遇を良くしていかねば、長期的な学芸業務の自律は不可能。学芸業務を広め るためにもあれこれチャレンジしようと思います。よろしくご支援くださいませ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/4990874

4月になって‥‥を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿