2010年8月29日 (日)

月刊文化財バックナンバー。

文化庁文化財部監修の『月刊文化財』
第一法規株式会社から刊行されているけど、ほとんど文化財行政の機関誌です。
ぎょうせいから刊行されている『文化庁月報』もありますがあちらは芸術文化・博物館も含めて文化庁全体のこと、
こちらは文化財行政オンリー。
外務省の外交フォーラムは仕分けされたようですがこちらはしっかりと根付いています。

第一法規のページでは、
わが国の指定文化財を中心に、概念の変遷や学説の動向、国内外の豊富な事例紹介等文化財に関わるあらゆるテーマを、
各分野の第一人者の解説、多くの写真とともに取り上げる唯一の文化財総合月刊雑誌。

とあります。

だいたい文化財行政の仕事場では購読してたりするものですが、
当方は文化財の現場に居ませんでしたし、国博が近くにあるわけでもなかったのでなかなか入手する機会がなかったのですが、
現場でも近くの書店から注文しているのだろうから、と思って取り寄せできるかと尋ねてみたところ、
OKだったので取り寄せてみました。
1週間ちょっとで到着。ローカルな事務用品系書店は田舎の研究者にとっては本当に便利です。
歴史まちづくり法や伝建、保存修理の観点がイマイチ理解できてなかったのでそれに関連する号を注文。
この辺を足がかりに、不動産と税制に関する知識を融合させていけば実践的な文化財のまちづくり理論やマネジメントを学べることでしょう。
文化財のマネジメントはアートやリノベーションの現場などに比べればまだまだ後手ですので基礎を押えておきたいもの。
あとは平城京遷都と唐招提寺。これは建築史的関心。こちらもしっかり仕込まないと。

日々、コレ勉強です。
問題はどこで活用するかだな(^^ゞ

0901s 1004s

2010年7月 4日 (日)

アートと歴史の出会い、まちとアートの出会いについて語りました。

3日は雨天の中、2週連続して福岡へ遠征。
先週は福史連大会にて『福岡県の城郭』について報告しましたが、
今回はアートサポートふくおかにて去年やった「テラマチあります」についてこっとんのTさんと一緒に報告です。

連続講座2010 アート でつなぐ人とまち」第4講「まちとアート・大分県竹田編」です。
アートサポート福岡には、2008年にリサーチを兼ねて連続講座2008 アートでつなぐ人とまち」を受講したご縁です。
それでホントに2009年にアートプログラムをやった事例と言うことでお招きいただきました。ありがたいことです。


内容は
『この回の講師は「連続講座」受講生OB&OG。お2人は城下町・大分県竹田でアートを通じたさまざま出会いやアーティストを招聘するプログラムを提案する 実験を計画。2009年度、アサヒビールが支援するアサヒ・アート・フェスティバルに採択されました。「歴史の道アートイノベーション実験『アートと歴史 の出会うまち<テラマチ>あります。』」の様子と竹田をアートで盛り上げる仕掛け人としての思いをうかがいます。』

ということで1時間半を2人で分担して報告&質疑応答。

単にこんなことしました。という報告では意味がありませんので、2つの力点を置いてそれぞれ担当として報告しました。
ボクの方からは、歴史的遺産を残すまちにおいて「歴史と文化のエコミュージアム」を展開する上で、
「現在」をテーマとするアートとの出会いをなぜ必要と考えたのか?を話すことに力点を置きました。これはボクの担当。
「過去」=歴史(歴史的文脈) と 「現在・未来」=アート がただ出会ってアートが過去のモチーフを焼き直すのでなく、

「過去」=歴史(歴史的文脈)と「現在・未来」=アートの出会いから、過去から現在・未来へ、現在・未来から過去へ行き来することで、
過去だけでない現在の生活文化に新たな視点を提示できるのではと言う見込みを考えて企画したことなどを報告しました。
そして、今回の企画をなり立たせる背景にあるギャラリーやデザイン活動の面から話すことは
デザインディレクターをされているTさんから。
テラマチ企画はこれまで地域の中で積み上げられてきたギャラリー活動やアートプログラムの積立てを基盤に、
既存の施設やリノベーション事業の成果を援用することで成り立っていましたからこの組み合わせとなりました。

これらの報告を通して、まちとアートの出会いを生み出す場において、潜在的に地域の人たちが持っている創造性とコミットし、
さまざまな回路から同時並行的にアプローチを重ねることに意味があるという「特徴」が少しは出せたかなと思う次第。
自然と歴史と文化が絡み合う上質の環境を持つ希有な地域に住んでいますが、それを育んだのは市井を生きる人たちです。
単に「いいものだから」と外から持ち込んで植えてもしばらくすれば枯れてしまうでしょう。
過去の歴史遺産の中から文脈を適確に読みこなす読解力と、その中から本質を見出す着眼点の精度のよさ、が必要です。
今回の企画ではテキストを読みこなす方はできるのですが、
本質を見出す着眼点のよさはボクにはないので(^^ゞ、随分と助けていただいたわけです(企画力も多分に(^^ゞ)。

しばらく振り返る機会がなかったので、今回考える機会を与え下さったアートサポートふくおかの古賀さんには本当に感謝しています!
引き続き、まちとアートの出会い、アートと歴史の出会いについて考えていこうと思っています。

Dscn1715

続きを読む »

2010年5月26日 (水)

渋さ知らズ!@ベップオンガク

仕事を終えて、ひとっ飛び。
行ってきました別府の盛り場北浜通りにある、元すとりっぷなA級別府劇場こと別府永久劇場。
アートNPOのBEPPU PROJECTが進めるPlatformプログラムによるまちなかリノベーションスペースです。
この夜は、そんな別府永久劇場がクアトロみたいなライブハウスになった、渋さ知らズ!のライブ。
福岡居たときから行きたかった、渋さ知らズ!のライブ。
まさかBEPPUで、こんなロケーションで観れるとは。ベップオンガクありがとう!


やっぱり素晴らしいライブでした、渋さ知らズ!オーケストラ。
設備は悪くても最高のロケーションで、お約束に花道と回転舞台も使っての
演劇空間&ビックバンドごちゃまぜライブのような、それでいてとてもエロティックで舞踏でアートな2時間のライブ。
BEPPUならでは!な仕様の渋さ知らズ!のライブ。
当日は完売。来た人は最高の時間を共有できたはず。
2時間弱ぶっ通しで音楽のシャワーと舞踏が入り交じる、酸欠すとりっぷ劇場ライブハウスとなりました。
こちらも負けずに2時間ぶっ通しで飛んだり跳ねたり。。。間違いなく筋肉痛だ(^^ゞ

この空間が開幕後は狂気乱舞の舞台となった別府永久劇場。真ん中の花道は現役時代はすとりっぷ(^^ゞ
Rimg4401



続きを読む »

2010年5月25日 (火)

「渋さ知らズ 温泉大作戦・別府編」

久々にアートネタです。

3月に、まだ○芸職だった頃(^^ゞに、アートネットワークで呼ばれて案内していただいたストリップ劇場だった旧A級別府劇場。
BEPPU PROJECTのplatformプログラムのひとつとして、みかんぐみが絡むという大分ネイティブではありえないだろう展開で、
その名も「別府永久劇場」として生まれ変わりました。
そんな元ストリップ劇場(もちろん円形舞台あり)で、あの渋さ知らズが大分、別府に上陸。
これはスゴイことです!オオイタの若い子はぜったいに行け、金を惜しむな、後悔するぞ(^^ゞ
「現代芸術フェスティバル」のコンヨク世界な別府だからこそ実現したと思う「最高のロケーション」でのライブが期待されますね。

渋さ知らズ 温泉大作戦・別府 編
永久劇場(旧A級別府劇場:別府市北浜1丁目1- 12)
2010年5月26日(水)
開場:18時30分 / 開演:19時30分
前売:¥3000 / 当日:¥4000(全席自由)
主催:宇宙図書館
チケット取り扱い:ReNTReC.(別府タワー4F)他
 

べっぷろのサイトが再構築中のようですので、コチラのウェブログが参考になるかも。
2008年にレイハラカミを引っ張ってくるなど数々の奇跡を起こすベップオンガクにつながるプログラムの様子。
うーん、行きたいけど、厳しいかな。ロケーション的には仕事帰りオヤジスタイルで行くだろう、じぶん(^^ゞ。

Akyu

2010年5月 2日 (日)

山名氏の城と戦い

津山帰省のついでに、兵庫県立考古博物館の『山名氏の城と戦い』に寄ってきました。
天気も良く土山駅から別府鉄道の廃線跡を歩いて20分。博物館に着きました。
考古博物館は2007年に開館した新しいミュージアム。発掘体験展示室や体験学習室が館内に組み込まれ、
様々な参加体験プログラムが実施されている今風のミュージアムでした。
その一角、特別展示室を使っての『山名氏の城と戦い』は最近の但馬地域の調査成果が出ていて興味深く拝見。
いきなり東寺百合文書の山名宗全書状が出てましたが、大半は考古資料の出土資料が中心。考古楽ボランティアによる城跡模型もgood。
その他、西尾孝昌さんの縄張り図が多数パネルになっていました。
この前も言及したように但馬の城郭はかなり興味深いので、最近の成果を丹念に見て回りました。
図録も1,000円としてはボリュームもあり、基本テキストとしては便利な内容となっていましたのでゲットしました。
本チャンのミュージアムはほとんど古代以前で占められていますが、歴史考古学の城館遺跡を扱う特別展は要チェックです。


いい勉強になりました。

Rimg4159 Rimg4160_2

2010年4月11日 (日)

今日はボランティアガイド。

3月の末にわたしをご指名で「岡城跡を案内して下さい」と北九州からツアーの方に依頼を受けました。
詳しい方にお願いしたいと言うことでしたのでわたしの方にお鉢が廻ってきた次第。
日曜日の依頼だったのですが、幸いなことにちょうど4月からカレンダー通りの生活になった(^^ゞので、
ボランティアガイド委員会に登録する形で引き受けることにしました。

昼からご年配の方50名ほど案内して岡城跡を1時間20分程度。
大手門→仕切門→太鼓櫓門→二ノ丸→本丸→覚左衛門屋敷跡→近戸門という流れ。
ゆっくりじっくりでよいと言うことでしたので贅沢コースで案内しました。
一応、堅固なお城なので足元の悪いところ心配しながら案内しましたが、好評でした(^^ゞ。
大手門は手すりがあるからよいのですが、近戸門は手すりがないので滑って骨折でもしたら賠償モノですよとご教示賜る。
まことにその通り。実際のガイドプログラムは聴き手の体力に合わせて内容をチョイスして絞らないといけないし、
お客さんの「生の声」を直接聴けて何かと勉強になる、よいものです。

ガイドツアープログラムは2007年春に一度企画を組み立て事がありますが、前の職場はなかなか動く機会に恵まれず。
その後も、お誘いいただいた事業でも横の関係からガイドプログラムづくりなどに積極的な関わりができないもどかしさがありました。
しかし、ようやくボランティアガイドという立場で土日のガイドツアープログラムを試すことができました。
とはいえ、この日も午前中は別の要件で下調べしてましたし平日は一般事務職の勤務がございますのでいつもというわけには参りません。
でも、うまく予定がかみあえば、「上質?なガイドツアープログラム」で対応できるでしょう。乞うご期待。
休日向け岡城跡ガイドツアーとまちあるきツアーは、いずれボランティアガイドで企画してもらいましょう(^^ゞ

来週17日は津山市の生涯学習講座で荒神山城トコトンガイドします。晴れることを祈ってて下さい。

2010年4月 3日 (土)

津山城跡の桜、津山さくらまつり。

城跡と夜桜のコントラストは抜群。
外桝形虎口が連発で天守台から高石垣が連なる城跡も、それを彩る桜の本数も規模が違います。
ここは観光協会が入城管理しており入場料は210円なり。29人まで一括注文可能という券売機がありました。桜を観るなら美作津山城跡こと鶴山公園は格別です。
この日はヨメさんとぶらぶら歩いて楽しみました。露店は外国の方がやっているドネルケバブが美味しかった。

Rimg4007 Rimg4013 Rimg4021 Rimg4017

2010年4月 1日 (木)

日曜版のごあいさつ。

故あって野に放っていただいたので、4月から10年ぶりにカレンダー通りの生活に戻りました。よってタイトルも日曜版。
一般事務をやってますので、私へのご連絡はご注意下さい。
特に直電はこちらも応対に困りますのでお控えを。郵便も前の仕事場に送っても差し障りはないでしょうが時間がかかるでしょう。自宅でOKです(^^ゞ
メールと携帯電話は可能ですが、即座に対応できませんのであしからずご了承下さい。

と言った具合に環境は変わりますが、幸いなことに、私の研究領域・城館史料学はアカデミー一辺倒でない民間学から創成された学問領域。
元々大学やハコ芸とは縁のない日曜研究者たちで培われてきた研究領域でしたので、自分の研究スタイルとしてはあまり変わらない。
城郭跡は文献史料や美術作品のように閲覧申請などはいらない(土地の方のご理解をいただければ)のが、城郭研究の利点のひとつ。
家族の理解あってこそですし、カレンダー通りの休みは家庭生活との両立も可能になる。やっと明るい家庭生活もできます。
何よりも、カレンダー通りの休日が普通に休めるのはありがたい。
月曜休み+αでは、公的機関の訪問から研究会まで何かと予定が組めず不便でしたし、仕事を介した交流も広げようがなかった。
その上、1日づつ細切れに休むのでは日常生活と調査や研究が細切れにされてしまうのも頭の痛いことでした。

そもそも「学芸員」という肩書きは、博物館法ではハコあってのものなのは文化庁の研修以来常に意識していたこと。
すでに旧帝大な大学機関から自律した研究者の証しである学位(甲)を取得済みなので、研究する上での肩書きも困らない。
一応「元学芸員」さんですから資料の取扱い経験も問題ありませんし、近年はオンライン上のデータベースも充実してくるなどハコ外での不自由さも減少しつつあります。
とりあえずは、10年前も使っていた城郭談話会会員を使う予定。とは言え、普段の仕事がたまたま社会教育施設でないだけで、
稼業に支障のない範囲で分限をわきまえた上で、大学機関からいただいた学位に見合う社会貢献に勤めることは社会に対する当然の責務です。

と前口上をした上で、休日を利用しながらいつも通りに「外から目線」で城館史料学の研究など拙ラボにて取り組んで参ります。
この機会にしばらく充電し、がんばって成果を公表しつつこれからも社会に貢献していく所存です。
日頃は拙ラボをご覧戴いているみなさま、変わらぬご愛顧とご支援、そしてご鞭撻のほどよろしくお願いします(._.)オジギ。

追伸:各方面から励ましのお言葉、ありがとうございます! 外からのオファーはもちろん歓迎です。

Rimg3844    P1060591

2010年3月16日 (火)

BEPPU PROJECT2010、車座会議。

去年の4-6月に全国を「アッ」と言わせた『混浴温泉世界』が、まちをアートが変える「非日常」的なアートフェスティバルとするなら、
今回のBEPPU PROJECT2010は、アートが当たり前のようにまちに広がる「日常」的なプログラムの集積のような感じ。
共通するのはどちらも行ってみないとわからないし、コンタクトをとらなければ自分たちの日常からは何やっているのかもよくみえてこない。
でも、好奇心とアクセスがあれば、違う世界を知ることができるのも共通するところ。

そんなアートプログラムをさまざまなかたちで展開するBEPPU PROJECT。その真骨頂は、大掛かりな「混浴温泉世界」よりも、
いろんなプログラムが重なりながら今開催している「BEPPU PROJECT2010」の方だと思う。

『BEPPU PROJECT2010』は3月6日から22日まで開催中。
楽しみ方は、http://beppuproject2010.wordpress.com/enjoy/
プログラムのカレンダーは、http://beppuproject2010.files.wordpress.com/2010/02/carender1003151.jpg
ポスターよりもこのカレンダーを観た方がわかりやすい(^^ゞ
とりあえず別府駅界隈へGO!

Web


続きを読む »

2009年11月16日 (月)

16日もまたCREAMでトーク。

13日のヨコハマ国際映像祭でのトークはあまり音声が取れていなかったようです。
まあ、馴れないこととは言え準備不足で実にお恥ずかしい限り。
申し訳ないことです。

16日にあらためてじっくり
ヨコハマ国際映像祭を観てきました(途中から近代建築写真撮影に代わっていたのはナイショだ)が、最後にラボスペースに寄りましたら、今度は生creamの裏creamにつかまりました。
裏CREAM大阪の女と男のお城トーーーク
の方はまだ聴きとりやすいので、まあ25分程度、どうぞ。

何しているのやら。。。
でも、「お城屋さんのトーク」か「歴史屋さんのまち歩きトーク」であちこちのアート系で何かできそうですかね?(^^ゞ

Rimg2707

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart