2013年4月30日 (火)

南海ホークス展に行きました。

4月最後に、堺市博物館の「南海ホークス展」を観に行きました。
月からしばらく育児でゆっくりするので、節目の意味もあって、
自分
小さい時に応援してきた原点でもある「南海ホークス」を扱った地元近くの展覧会で〆ることにしました。
併せて、かつての関西私鉄文化を知る
展覧会でもありますので、昭和文化史を知るためにも勉強です
R0020956
常設展示の一角を企画展示とした南海ホークス展。
関西大学の協力によ
ホークス関係者への長年の資料調査の成果を反映した出品と共に
かつては中百舌鳥球場もあったゆかりのでもある堺市内の関係者からの出品もあり、
多くの資料が展示されていました。
自分が持っている
グッズがケース内にあるのも面白かったです。
興味深かったのは大阪球場の外観デザインが坂倉準三
建築事務所だったこと。
建築家が関与した球場と言えば、西武ライオンズ球場がありますが、
戦後間もなく、当時の現代建築をリードした坂倉準三氏が関与していたことに感慨深いものを感じました。
そして、往時の南海電鉄の
も再認識できたものです。
阪神甲子園球場などが郊外住宅地の
付加価値付け役割を担ったことに対して、
大都市大阪
におけるターミナルのシンボルに球場をもってきた「都市的センス」
阪神
・阪急・近鉄などとは違う、大阪の「南海」の格の違いをファンとしては一方的に感じる部分ではあります。

今回の展示では、ホークスの70年代を支えた野村克也氏の関係資料にも言及した部分がはじめてあったのも感慨深いもの。
これまで等閑視されてきた、黄金期の捕手であり、プレイングマネージャーとして70年代のホークスを担った
野村克也氏の関係資料を含む客観的な
視点で「南海ホークス関係資料」がまとまることを期待したいです。

併せて、近隣自治体でも、同時代の関西私鉄文化の一コマ、近鉄バファローズや阪急ブレーブス、
そして、
パ・リーグ創設のきっかけとなった大毎オリオンズの展示が実現されることも期待したいです。

2012年9月 6日 (木)

来月6日は、4年ぶりのコンヨク。

いよいよ来月6日から、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界2012」がはじまります。 

247_event_entry_1

あれから4年。竹田からじゃなくて北キューから足を運ぶとはオモワナンダ。でも行くよ。

前回のコンヨク2009に行けなかった方は今回は逃さず体験してほしい(/・ω・)/
知ると知らないでは大違い、体験してから話せることがたくさんあります。
前回の2009を復習するなら、コチラ
今回の2012を予習するなら、コチラ 。さてどうやって入手しようか(^^

247_event_entry_2

2012年8月13日 (月)

大分市にて建築展をリサーチ。

3月までは考えてもなかったのですが、なぜか久々に建築系学芸さんにもなってしまったので徐々にリサーチしています。
城郭史メインなんですけども、リハビリ建築の学芸さんという状態でいろんなつながりを復旧させているところ。
週末の12日は竹田時代にDAR VIDAとべっぷろ経由でつながりになりました、大分のアーキテクト光浦高史さんより案内をいただいていたので
大分市のアートプラザまで出かけて「ART PLAZA U-40建築家展」を観に行きました。
実に久方ぶりの建築家の展覧会になります。

372776_386787548043284_887430975_n

盆なので一般道路を使わず山越えで竹田で買い物してから大分へという手間をかけたドライブ。
少し遅れて午後に到着しましたが、最終日でもありなかなかの活気でした。分大や文理大の学生さんも多く居た様子。
もっとも、コチラにはあまりボキャブラリーがないので、身構えて考えるというよりのんびりと建築展の雰囲気を楽しんだ1日でした。

R0016397

R0016394

R0016401

大分駅再開発や大分県立美術館コンペなどもあったので都市と建築を考える活発な雰囲気が全体に感じられました。
若手建築家のプレゼンがメインなので、作品としては住宅、アンビルトな提案などもあって面白く拝見。
住宅作品は、3月まで家屋評価してたのでその目線で建築模型をみながらフムフム。
クドウホテルのリノベーションは「あのホテルがリノベーションしたのか!」と驚きでしたので次回は泊まろうと思いました。
アンビルトな作品では、大分駅前などの都市空間の解釈などを拝見。面白いけどこの辺は、街区構成の背景など分析とリサーチがほしいところ。
但し、その辺は人文系の方々がもっとディスカッションに参加すべき話でもあります。

それとは別に、可能ならば、学芸とタッグを組んで大分市美術館で「大分と建築・美術」などに昇華できたら面白いなあと思いました。

R0016391

この他、建築空間を意識して体感させる立体作品はとても興味深く拝見しました。
たまたま子どもたちが遊び回っていましたが、ベニア茶室などは自分がはいってみせるとキャッキャッ言いながら楽しんでました。
本当は我々オトナ向けのはずだと思うのだけど、小さい時から建築空間の感覚を体感させることは大事ですので、
自分に引きつけるならば博物館で建築展をする場合にどうやって子どもたちを引き込むかという観点から面白い体験でした。

R0016389

同時にアートプラザといえば、磯崎新氏の旧大分県立図書館の中を改装してそのままの空間をギャラリー&磯崎新建築展スペースとして
再活用した「建築みどころ博物館」でもあります。
磯崎新氏は北九州市にも多くの建築作品を残しています。磯崎作品の建築模型を多数所有しているアートプラザ。
しっかりと北九州市にある建築群の模型もみてきました。
あらためていろいろと再発見できたのは興味深い体験でした。彼の足跡に目を向けつつその空間を楽しんできました。
ぜひ大分市に来た際には、「建築ミュージアム」としてのアートプラザを観てほしいと思います。
もちろん、内井昭蔵氏の大分市美術館もぜひ。
いずれ建つ、坂茂氏の大分県立美術館(仮)と併せると大分市はけっこう建築ミュージアムとなりますね。

2012年5月28日 (月)

最後の晩餐。

いよいよ竹田市を引き払う27日は、後方部隊の撤収と引越作業。
その合間をぬって、白丹のDAR VIDAの展覧会の最終日にお伺い。
竹田市久住町の「食の伝道師」こと堀田さんと、産山村で明石農園を営む明石さんのレシピがメインのクロージングパーティに顔を出してきました。
最期じゃないので、「最後の晩餐」です。
皆さんがまだ集まる前に白丹のDAR VIDAに顔を出し、14時から引越しで竹田に下り、片づいてから17時半にふたたび白丹へ。
そこで会食される皆さんに何とかお会いできましたヽ(・∀・)ノ

Rimg6049こんな感じ。

Rimg6051_2 堀田さんのメニューです。

Rimg6032 晩餐のはじまる前の最終日の会場風景。

今回の13年間の竹田暮らしのラストが、アートと食で〆になるのは何とも感慨深いものがありました。
行くところが行くところだけに、都市民のイメージとは全く違う「自然と共に暮らす田舎の風景」の中で、
都市民の感覚を持ち合わせながら暮らした経験は何ものにも代え難いことをあらためて再確認。
これまでのつながりに感謝すると共に、さらに足し算となる都鄙往来のつながりを楽しみに思いながら、
竹田暮らしの最後の日を終えるのでした。


そして、近戸の家もさようなら、また会える日まで。
次会う時は床下に活性炭を敷き詰められていることを要望。(^^

Rimg4625

2012年5月 3日 (木)

10人10冊の日々。

久住白丹に週末ギャラリー兼2nd.アトリエを営まれるダルヴィーダの佐藤さんから依頼をいただいたのは去年の終わり頃。
白い本を預かり、毎日のことを書いてほしいという提案でした。
城郭研究者の日々をどう書こうかと思っていましたが、年が明けてあれよあれよという間にハコ芸への復職が決まってしまい、
日常どころか、非日常のドタバタに放り込まれた次第。

そこで考えたのは、竹田市に居るのことを整理できるのはこのときだけと思い、そちらに集中して白い空白を埋めていくことにしました。
もっとも手元にあるのは終わりの5年間くらいのこと。
しかし、ハコ芸に復帰するベースを培ったのは終盤の数年間の試みが大きかったのも事実。
そうした軌跡のいくばくかをノートに残すことで、竹田での日々を忘れないようにしたいと思いました。
そして4月末に無事納品。3日から展示がはじまったので、さっそくダルヴィーダに行ってきました。

久住高原 DAR VIDAから大分県久住高原の週末と祝日オープンのアートスペースです。

Img_0707

ボクの本はともかく、他の方々の作品から、いろんな方が竹田市の久住町白丹にあるギャラリーを通して、
様々な交わりを持っていたことの面白さを感じることができると思います。

今回、白い空白を埋めながら、自然と歴史と文化ベースで取り組んだ自分のハコ芸な活動と、
食育ツーリズムで名を馳せたパッケージ事業を重ね合わせていろいろ考えました。
というのも、ダルヴィーダと今回10人の中に加えていただいた皆さんとの間には、パッケージ事業で学んだ
地域を介したデザインプロデュース&経済的循環プログラムを共有できるんだろうなと思ったからです。
加えて、そうした舞台を設定し受入れる豊かな風土を持ち合わせていることが、
竹田市域の自然と歴史と文化の厚みを証明するんだろうとも思い至ったからです。

地域に根ざすひとたちと遠来から往来する専門家と呼ばれるひとたちが付かず離れずでうまく交わる土壌を持てることが、
パッケージ事業の分野で「竹田方式」と呼ばれる、或いは岡の里事業が目指した「エコミュージアム」と言う、
様々なカタチで地域を介したデザインプロデュース&経済的循環プログラムのキモがあったような気がします。

学芸職としてはあんまりいい扱いを受けなかった13年間でしたが、
竹田方式と呼ばれるまでになった地域を介した
地域を介したデザインプロデュース&経済的循環プログラム
あるいはエコミュージアムと呼ばれる取り組みの片隅で同じ時間を共有することが出来たことは財産ですし、幸せ者だと思います。

Rimg5992

2011年10月24日 (月)

歴史的文脈を読み解くセンス。

ここのところ、待避壕に逃れて日曜研究者モードで何年かの遅れを取り戻すべく専念していますが、
往時は文化庁の学芸員研修や他の活動、身近ではCAMKやべっぷろの活動を参考にしながら文化事業をやってきた経験を遡及し、
あらためて、地域や文化を扱う分野では……

1)その地域特有の文脈を読んで、他地域の文脈や普遍的テーマと有効につなぐセンス。
2)2〜3年スパンで見据えて的確なタイミングで「リンク」できる計画性。
3)常に次のステップにつなぐために今の企画を進めることを想定できる構想力。

が欠かせないと思う次第。1)があって2)のリンク、3)の構想力につながるので、一番欠かせないのは読み解くセンス。

我が身は、日々山野を駆け巡る日々ですが、
豊かな歴史的文脈を持つ地域をみながら脳内シュミレーションを重ねることで、
三つの感覚を常に意識させています。

2010年10月28日 (木)

全国山城サミット連絡協議会津山大会「中世山城の祭典」に参加します。

Img026

今年の夏は、全国城郭研究者セミナー@姫路市で、世界遺産姫路城のある姫路市でセミナー報告者として参加し、
今年の秋は、10月30日〜31日の全国山城サミット連絡協議会第17回津山大会にて、パネラーとして参加します。
全国山城サミットとは。。。によると、

「第2条 全国の山城が存在する市町村及び関係団体が、情報交換等を通して親睦と
     交流を深め、山城の保存方法や観光資源としての山城をいかした地域の活性化
     を図り、潤いのある豊かなまちづくりを進めることを目的とする。」サミット規約より抜粋

 が大きな目的とのことで、
加盟自治体数:74自治体 加盟城郭数:105城郭 なんだそうです。

「美作の中世山城連絡協議会」など地域活動が活発な津山市では、これを機会に「美作の山城」を広く紹介しようということで、市・教委でいろいろと精力的に企画されています。
また、今年は岡山県で国民文化祭が開かれることもあり、その一環として「中世山城の祭典」と銘打った企画となっています。
と言うことで、ヨメサンの岡山県と往来する私も、前々から資料作成や美作学講座「荒神山城を歩く」などで協力させてもらってます。
で。今回、美作の山城について2日目のパネラーとして参加させていただき、報告をすることになりました(・ω・)ノ
全国では、いちおう研究者のはしくれとして活動していますので、しっかり勤めさせていただきます。
サミット初日の記念講演講師は、奈良大学教授の千田嘉博氏です。
ボクの拙い学位審査(..ゞアセもしていただいた先生です。2日目のシンポも心して討ち取られぬように勤めたいと思っています。

日程をざっと紹介すると、初日の30日は、10時受付で 岩屋城跡か神楽尾城跡の見学会(11:30-13:30)
その後、14時30分からアルネ津山のベルフォーレつやまで、サミット(14:30-16:00)
引き続き、千田嘉博氏の記念講演です。
最近は城郭研究の「伝道師」のように各地でご講演されている千田さんの講演は、かなりわかりやすい内容と思います。

2日目の31日は、シンポジウム「山城を地域に活かすため」(9:30-12:30)
その中でパネラーの1人として、私が事例報告をさせていただきます。

「美作の中世山城連絡協議会」の活動と成果を参考にさせていただきながら、
ここ数年、歩いてきた美作の山城について歴史研究の資料としての価値を案内できればと思います。

痕跡からひとの営みを読み解く目線で、10年間培った文化財&学芸ベースの城郭研究+まちと歴史・文化事業のコラボなどの経験から、
津山市や美作の皆さんに還元できるようなお話ができればと思っています。
乞う、ご期待(^^ゞ

2010年10月20日 (水)

中世山城の祭典「山城を地域に活かすために」

10月30日・31日は、国文祭企画として津山市で開催される『中世山城の祭典』
見学会と山城を持つ自治体が一堂に集まる「第17回全国山城サミット連絡協議会津山大会」が初日にあり、
わたしは、初日の現地見学会と共に、2日目のシンポジウムにはパネラーとして参加させていただきます。
諸先生方に並んで恐縮ですが、城郭を活かした歴史と文化のまち・地域について、これまでの学芸経験をもとにお話できればと思っています。

2010年10月19日 (火)

竹田城跡カレンダー。

朝来市のホームページを拝見しますと、2011年竹田城跡カレンダーが発売されたとのこと。
http://www.city.asago.hyogo.jp/index.php?no=r170

20100930takedajyoseki

「和田山写真クラブのみなさんのご協力を得て、四季折々の竹田城跡の姿を紹介しています。」とのことで、700円で販売中。
天空の城として著名な但馬竹田城。2010年版は早々に完売したそうですので急いだほうがいいかもしれませんね。

朝霧で著名な但馬竹田城。以前から但馬の城郭研究者が調査し城郭談話会からも報告書が刊行された事例。
地元でも地道に整備が進められ、近年になって天空の城として有名になった事例。
地域の資産である山城跡を地域の人たちの手で活かすことについては、私も日頃意識しながら仕事してきたところでした。
それだけに、「天空の城」として全国に知れ渡った竹田城跡の事例は、
自分の思うところがそうそうピント外れでもなかったなあと思う具体的な活用例としてありがたい次第です。

2010年10月11日 (月)

天守と、へるんさんと、アート。

3月に別府であったアートなネットワークをつくるという車座会議@別府にお誘いいただき、竹瓦でフォーラムに参加しました。
AAFのつながりから、九州のアートネットワークの一隅に竹田という魅力的?なまちを俎上に挙げるというかねてからの念願に近づいたか。。。
と思いきや、4月に配置替えで全くアートプログラムに動くことができなくなってしまったので白紙の状態に。
ですので、10月の連休にあった車座会議@熊本に手ぶらで行くわけにもいかずしばらく休業せざるを得なくなりました。
うーむ、せっかくの芽が残念なことです。

仕方ないので、連休は帰省して山陰方面に取材してきました。
行ったのは、ゲゲゲのまちづくり境港市と、城関係で松江城跡と月山富田城跡。
ゲゲゲの境港市は、画家志望から紙芝居作家→貸本作家→漫画家となった水木しげる氏の故郷で、93年以来水木作品でまちの企画を打ち出しているところ。
で。マンガがアートとカテゴライズされる今日この頃、水木しげる氏は妖怪を描きキャラクター化するアーティストとも言えるわけで、
とすると、連休も多くの人が訪れている境港市はアートでまちづくりが経済的にも廻る希有な事例になるのかどうかとしばし考えてしまふ。

Rimg4970


そして、もうひとつは。
松江城跡のある松江市は開府400年事業を展開中。歴史館は来年オープンで杮落しは堀尾吉晴の展覧会とのことで城めぐり。
ちょうど明治の文豪・小泉八雲ことラフカディオ=ハーンの来日120年記念事業
と言うことで、
10日からの展覧会「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン」のオープニングに遭遇しました。
場所は。。。なんと松江城天守!!
天守でアート。うーむ、お城屋さんでアートプログラムをした身ですが、まさか!な場面に出くわすとは思いませんでした。

Rimg5104

これは松江城天守の柱組を撮っているのであしからず(..ゞアセ
ちょろっと作品が見えていると思いますが、天守の望楼部分とその下の階が会場という案配。
天守望楼には、隠岐島にある八雲と節子のブロンズ像のオリジナルが展示されていました。

八雲関係では、先月まで熊本市現代美術館で「へるんさんの秘めごと」という興味深い展覧会がありましたが、
構成は別のようですが、関連があるのでしょうかしら?
それにしても、一般の方がたくさん訪れる天守内を会場にするというのはちょっと驚きました。
松江城天守での展示は、11月3日まで。
あと、お濠側にある小泉八雲記念館とカラコロ工房も会場だそうです。
ラフカディオ=ハーンに興味ある方は松江市を訪れて、天守と八雲とアートのコラボレーションを観るのはいかがでしょう。

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart