2013年4月 8日 (月)

新年度は豊前長野城から。

新年度最初のお休みは長野城跡に登ってきました。
大学院時代にはじめた
北部九州戦国期城郭の研究、福岡平野からはじめてここへたどり着くのが目標でしたが、
13年遅れでようやく
下見開始
前年度はこれまでの経過を確認する
作業を進めてきましたが、今年度からは実際の踏査を含めて
長野城跡
を含む豊筑地域の戦国期城郭の到達点について詳細を詰めていこうと思っています。
R0020581

長野城跡は麓の緑地公園から登ります。往時は林道から近づけましたが車輌規制され、現在では陥没したりしてました。
写真の凸3つが左から二の城、主郭、そして三の城。
写真中央辺りに沢伝いに以前に地元の方がつけた登山道の目印が残っています。三の城にたどり着きます。
わからない場合は、無理せず林道をテクテク
歩いても30分くらいで着きます。

R0020645
長野城跡と言えば、無数の畝状空堀群が有名です。
アタマを横堀でまとめた畝状空堀群による防塁型ラインが主郭、二の郭、三の郭の外周を取り囲みます。
1990年代に村田修三・千田嘉博両氏により縄張り図が作成されていますが、
当時
は、把握されていない城郭跡について遠隔地での調査という制約から速報性が重視されました
それ故、基本的な評価は変わりませんが、
詳細では精査により補っていく部分もあります。
その辺は、今日の地元に在住
する研究者がやるべきことであり、既に北九州市による詳細な測量図もあります。
ですので、せっかく福岡県に戻ってきたし鳥栖市の勝尾城に続いて
追加の縄張り図作成をしようと思っています
この日の踏査はその辺の下見も兼ねたものです。

R0020680

R0020696
長野城跡は畝状空堀群だけでなく、通路状に削り残した土塁を用いた長城ラインにより城域の各地区を一体的につなぐ構造特徴的です
通路状の長城ラインで主郭と一体的につながる二の郭・三の郭は縄張り的には同じパターンで構成されていて興味深くあります。
また、上位の曲輪から下位の曲輪の側面に土塁を配し連郭式に曲輪を並べた構造がの郭・三の郭にみられます。
秋月氏や一万田系高橋氏と関連する勢力の拠点城郭にみられる縄張り技術が
随所に組み込まれている点からも、
長野城跡が
北部九州の戦国期城郭の到達点であることが窺えます。

これまで長野城跡は文献史料から永禄年間の長野城合戦に引きつけた評価がされていましたが、実際の城郭遺構を突き合わせた場合、
戦国末期の秋月氏と与同する勢力の持城の分布から、天正後期の高橋元種が整備した企救平野に面した最前線の拠点城郭と位置づけられます
それ以前に、実際の遺構で
積極的な防塁型ラインの採用と膨大な土木量の投下をみれば、感覚的に天正年間とみるのが自然なところです(^^ゞ

2013年3月31日 (日)

桝形は横堀を越えて。

河内烏帽子形城へ行ってきました。
中村一氏が改修したことが「宇野主水日記」にあることで知られた山城です。
食い違い
に入る横堀に対して、主郭第2から桝形空間を押しだすように構えた虎口プランを実見したかったからです。

R0020558

R0020559

R0020505

R0020522

これで有意義な2012年度も無事終わり、
次の2013年度へ。

2013年3月30日 (土)

秋月方、若松半島に至る。

若松半島の真ん中、岩尾山の背後にある花房城跡に実見しました。
単郭構造ながら、土塁の曲輪と横堀+畝状空堀群の防塁
ライン。
山上からは遠賀川河口
から洞海湾を見据えることができる喉元を押さえる立地。
花房
城跡は、天正後期に遠賀川に沿って、ここまで秋月方が進出していたことを示す物証です。

R0020473

R0020475

R0020483

R0020478


2013年3月21日 (木)

半世紀の時空を超えて

今回、ようやく関東衆が問題と騒いでいたあのお城に行くことができました。

R0020344

P1000785

P1000789

P1000774

R0020378

P1000736

R0020316

今回はじめて実見できた杉山城跡に、以前に見学した滝山城跡の写真を組み合せてみました。
どれがどれかわかりますか?この違和感のなさがなかなか興味深いです。


文献史料にある廃城年を鵜呑みして造られた瀬戸大窯編年をさらに文書屋さんが鵜呑みして、
これに、何とでも解釈可能な文字史料を組み合せると
……
戦乱に明け暮れた十六世紀
の関東では、
城郭などの軍事的土木技術は、それ以前におそろしく飛躍的に進化した後は、ほとんど進化がなかったとなる
それを以て、後北条氏は早くから城郭技術が成熟した優れた戦国大名だとかいう
説もあるんだとか。
目の前
にある400年以上動かない「実物」見比べて、遺物編年の尺度に違和感を覚えないセンスに、何ともな気分

2013年3月17日 (日)

竹ノ尾城に行ってきました。

去年に花尾城と帆柱山城に登ったのですが、ようやく上津役・市瀬の竹ノ尾城に登ってきました。
近くに変電所があるため、九州電力の送電塔が何本もあります。そのため作業道が城跡まで通っていて登る方が楽です
都市高速沿いの林道入口に車を止めてから、九電作業道を
登って行くと15分ぐらいで城跡に到達します。

竹ノ尾城は尾根筋の先端に築かれた山城です。
最も高い
主郭から尾根筋に沿って段々畑のように曲輪が連なる縄張りとなっていますが、
この城跡の特徴は、
段々に連なる曲輪群の両脇を土塁(石塁)でつなぎ、外側を横堀でグルッと囲んで遮断線を築く、
防塁型ライン
で城域を一体的に囲む点にあります。
『福岡県の城郭』に縄張り図がありますが、あらためて実見すると、
上段の曲輪から土塁が派生して下段の曲輪の両脇をつなぐ、その土塁がスロープ状に通路となるというパターンが
端の主郭から西端の下位曲輪まで7段ほど延々と繰り返されることで城域が形成された縄張りでした。
この
土塁で挟むパターンは長野城跡や立花山城馬責め馬場、障子ヶ嶽城の外、花尾城などにもあり、
この地域の在地系城郭では一般的にみられるもので、おそらく、このパターンの虎口プランが在地系城郭の到達点と考えられています。
その
パターンを愚直なまでに繰り返して城域を形成するやり方に、
最終期
に結集した軍事力を囲い込むためにこの城跡が整備されたことが窺えます。

R0020172
左側に土塁があります。曲輪の削平は予想よりもしっかりしたものでした。手前から奥へ下っていきます。

R0020177
曲輪の外側には一重の横堀がぐるっと廻っています西端部にも横堀が回り込み、
土塁・切岸と共に前線の遮断線を築いています

R0020151
西から東側へのアングル。上曲輪から伸びた土塁が段々の曲輪を一体的に繋ぐように続きます
ところどころ石列があり、どうも石を
並べた石塁に盛りようです。
こうした土塁ラインは花尾城山頂にもあり、共通性がみられます。

R0020156

さらに土塁は上っていきます。左側の切岸の下は平行して横堀も上っていきます

R0020162

主郭から西側を臨む。土塁がずっと伸びていくのがわかります。右側に横堀がみえます。
主郭の背後
は傾斜する部分を削り込み一段低くして削り残しの土塁で囲みさらに外側に横堀を廻すことで、
堀切のような役割をもたせていました。

このように、主郭から段々の曲輪の周りを土塁と横堀で囲繞した独特な縄張りを持つ竹ノ尾城は、
城主は
芦屋の麻生隆実・家氏とは別の系統になる麻生鎮里・統春とされています。
今日残る竹尾城は想像以上に城域が広くあり、近くにある帆柱山城や花尾城と共に
最終段階に帆柱山に寄った
鎮里・統春側の麻生氏勢力はかなりの軍事力結集をはたしていたようです。
また、花尾城には大掛かりな畝状空堀群があることを勘案すると、麻生氏
単体ではなく、
どうも秋月氏の遠賀郡進出に
与同した結果、こうした大規模な軍事力結集が果たせたと推察できそうです

長野城や花尾城・帆柱山城など周囲の城跡
と勘案て考えると、竹ノ尾城を含む帆柱山周辺の城郭は、
戦国末期の
北九州を舞台とした豊臣政権と麻生氏ら秋月諸勢力との衝突の1頁になりそうです。
そうした目線で今後、
文字史料にもあたってみたいと思ういい手掛かりを得ることができました。

2013年3月14日 (木)

城郭研究の学会展望。

建築史学会の学会誌『建築史学』59号に木島さんが城郭研究についての学会展望を書かれています。
木島孝之「城郭研究―「縄張り研究」の独自性を如何に構築するか―」

http://www.sahj.org/index.php?lang=jp&snd=2&trd=59

ボクにとっては耳にタコができるぐらい聴いている話しでしたが、活字になるときっちり消化できていないなあと痛感します。
これから城郭研究を目指す若き研究者に読んでほしいと思います。
そして、九州で木島さんがやっている研究のスタイルが、
村田修三さんの提唱した「城郭跡
を在地構造分析と地域研究の史料として活用する」路線
研究手法と
理念構築を突き詰めようとしていることが理解できるかと思います。
問題はこの雑誌やコピーをどうやって入手するかですかね。
建築史学会の学会誌置いている図書館はそうそうないですから。

私自身もこ
れからしっかり消化して、山のような宿題返しをやっていくことにしたいです。

2013年3月11日 (月)

八ヶ国大守の居城。

中国八ヶ国大守となった大大名毛利氏の本城、吉田郡山城に行ってきました。
これが八ヶ国大守で石見銀山を押えた戦国期屈指の大大名の
到達点

R0019782

R0019788


そして、
八ヶ国大守の出発点

R0019874


2013年2月24日 (日)

相方城に行ってきました。

23日に福山市新市町の相方(佐賀田)城に登ってきました。
車で帰省する途中に、山上まで道がついていることもあり、この際きっちりみておこうと思ったからです。
元々、『織豊城郭』などで関ケ原戦以前の毛利氏段階の石垣の
事例として紹介されてきたもの。
しかしながら、縄張り構造
や矢穴の使用といった石垣の様相をみると、慶長期福島氏段階にみえてしかたなかった事例です。
なので、この機会
に実見しようと思ったわけです。

R0019601
山上にテレビ塔があるため、麓の工業団地から車で登ることができます。ここからでも石垣がみえます

Img_1267

山上です。テレビ塔のある方の峰が主郭部(西側曲輪群)です。手前東側曲輪群です。
その間
は馬蹄状の痩せ尾根になっていて土橋状の通路となっています。特に掘りきったというわけではありませんが。
その痩せ尾根
の通路に向けて外桝形の嘴状虎口がグイッと決めていることがわかるでしょうか。
崖になる嘴状虎口の左側
塁線には横矢掛かりが効いていました。
竹田市の豊後岡城を見慣れた眼からは、東西の仕切り門
があって側面に東西をつなぐ城道を配したやり方はそっくりに映ります。
要所に効果的に配置する豊臣系大名の縄張り技術
が感じられます。
防長時代の毛利氏でも岩国城・長府
城など一門級の持城を除く支城群にはこうした技術はみられません。
八ヶ国時代に
はできたのかもしれませんが、普通に考えると福島氏と考える方が妥当な気がします。

R0019636
西側の平入り虎口とされるも
の、石垣塁線はほとんど直線的なので平入りに見えます。
でも、縄張りからよく観察
ると、右側の曲輪は左側の上位曲輪からスロープ連結する虎口の溜まり空間になります。
時計回りにグイッと廻してこの位置に出入り口を設け
た縄張りと評価できます。
一見、
溜まり空間が肥大化して曲輪になっているのでわかりづらいですが、模式化して考えると理解できます。
東側に向けた嘴状虎口と併せて
東西に伸びる山上の主郭部東西にグイッ、グイッと外桝形虎口を決める辺り、
豊臣系新興大名ならではの合理的な縄張り構造に見えます。

R0019661
石垣の様相をみても、算木積みもしっかりしており、これだけみせたら慶長期でも十分いけますね。
もっとも、石垣の積み方にはおおよその流れはあっても時期を判定する尺度にするにはばらつきが大きいので参考程度ですが。
山上にしては、けっこうな
石垣です。
福島氏の石垣では、亀
城や鞆城などで確認することができます。

R0019611
東側の嘴状虎口付近にある石垣の矢穴です。だいたい12センチぐらいだったか。あちこちにありました。

R0019630

相方城の立地は、福島時代の支城とされる神辺城と備後府中の中間にあります。
神辺方向に見通しがよく、神辺城の詰め城ではないか、或いは神辺城に代わる山城として整備したのではないかと思うところあり。
この辺は、三次の尾関山城と背後の比
山城とのセット関係との類似性などを勘案する必要があるかなあと思っています。
山城もしっかりした縄張りとのことですので、こちらも調べてみたいです。

R0019624

そして、備後府中側。こちらの方が近いです。国府のある平野部を広範囲で押える立地ということがわかります。

相方城については、文献史料がないことから福島氏段階
ではなく毛利氏段階の事例と評価されてきました。
しかし
、縄張り構造からも石垣からも、また周辺の地理的状況からみても福島氏段階でいいのではないかと言うのが私見で、
今回、実際にみてさらに
確信しているところです。
多くの方が既に、これは関ケ原以後だろうと申していますが、そ
の意見に賛同しながら、
福島領の領域構造について城跡からの分析を含め、引き続き調べてみたいと思っています。

2013年2月19日 (火)

千石堀城跡の調査。

Img_1170
5日間、8時から17時半まで千石堀城跡を調査してました。
よく知られているコンパスと歩測・距離計で測定する縄張り図の調査法ではたいてい1〜2日程度でできる規模です。
しかし、レンザティックコンパスと巻尺でベクトルを取りながら作図する方法ではのべ5日かかりました。
その分、じっくりと城跡に居るので、
遺構を読み込んでいる中で次第に縄張り構造がみえてくるようになります。
不思議なもので、造り手の感覚がみえてくるのです。

Img_1186
上が北。主郭部は虎口櫓台の配置、微地形の評価などで
縄張りを読み込むのにけっこう難儀し
ました。3日経ったところ。

Img_1238_2 
4日目。1重目の空堀と2重目の空堀半分を終えたところ。

Img_1241
5日目の午後過ぎに終わったところ。
これから清書し
て完成します。

じっくり取ることで、この城跡のテクニカルな面がみえてきます。
読み取るには
それなりに修練が必要になります。
幸い、
わたしは九州にいたことで、縄張りの読み込み方をいろいろと耳学問ながら実地で学ぶことができました。
その感覚を手掛かりに、造り手の性格や組織社会的背景を考えながら、うまく図面上に表現できるかが腕の見せどころになります。

2013年2月14日 (木)

深堀氏の俵石城。

1月の年明けに長崎旅行をして、長崎市深堀にある俵石城に登ってきました。
長崎市からすぐの長崎湾の入口にある深堀は
、戦国期には海賊として名を馳せた深堀氏が拠点を置いた場所。
その背後
山上に俵石城があります。

Img_0984

中腹の善長谷カトリック教会から登ることができます。西海の眺めがとてもよく、
成程、海の領主が居城にしただけのことはあると思った次第。

は高く登るのが大変かと思いきや、案外比高差を稼いでいたのもあり楽に登れました。

R0019305

R0019309

R0019352
登ると、曲輪ではなくぐるりを横堀と石塁・土塁が囲む巨大な単郭構造の奇妙な縄張りでした。
ぐるっと廻りましたが、本当に巨大でした。その代わり、内部は自然地形のまま。
一時は、牧
場ではないかという説もありましたが、この地域特有の松浦型城郭の巨大版と考えられているようです。
※松浦
城郭:真ん中にポコッと高いを残して周囲を土塁で囲んだ縄張りを持つ城郭。西海に多く分布するとのこと。
 →木島孝之さんの「九州における織豊系城郭」(『中世城郭研究』第6号、1992年)を参照して下さい。

そして、斜面には
大きな竪堀が何本も走る畝状空堀群がありました。竪堀の間隔は微妙に広いのが特徴です。
これを見ながら「畝状空堀群としてどうなんでしょうね?」とあれこれ。

R0019376

深堀氏は全国的にはあまり有名ではないですが、天正期の深堀純は兄西郷尭と共に長崎氏や大村氏と激しく争った人物
最終段階では長崎氏を圧倒し長崎湾を押え
て通行税収入など莫大な富みを得ていたようです。
九州国分けでは
自領を確保したものの、直後の天正16年に南蛮船からの徴集を豊臣秀吉から海賊停止違反として改易されています。
その後、鍋島氏に帰属
することで深堀に復帰し近世を通して深堀を拠点に深堀鍋島氏として続きます。
海賊
停止令については村上水軍などで多くの研究がありますが、その一方で、深堀氏に対する停止令について関心が払われていません。
しかし、
俵石城の規模と投下された土木量をみるにつけ、文字史料の歴史学では全く以て扱いの悪い深堀氏について、
豊臣政権による海上勢力の掌握策併せて、城郭遺構から深堀氏の再評価が必要だろうという話しを聴きながら見て回りました。

その辺の詳細は、24日に長崎市の深堀公民館にて、木島さん講演会「俵石城の縄張り構造と深堀氏  で話になられるとのこと
15日までに申し込まれた方は、お楽しみに
(^^

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart