2009年6月16日 (火)

ハシゴする「混浴温泉世界」

クロージングの翌日、山出さんはフランスに出張だそうで、コチラをみてみるとえらい人たちとえらい場所で一緒に討議してます。竹田のようなちっぽけな世界で居る身としては想像するだけで気が遠くなりそうな世界。。。でも、一大プログラムを終えてすぐにこういう展開をするNPOが近くにあるって、本当にラッキーなこと(竹田に居て熊本と別府に近いっていいことだ)。

さて、思いっきり自己流な混浴温泉世界の感想をつづっていきましょう。
一番最初に思い当たったことは、「わくわく混浴アパートメント」(&松原公園)と「タワーナイト」(&パルコなど)は、それぞれ別々だけど、この2つはすばらしい組み合せだったのでは。ということ。。。タワーナイトそのものは関連イベントの位置付けのようでしたけど、後半のあの場所での展開はなかなかのもの(1回は行ったけどあと2回はみれず)だったし。おそらくアパートメントだけだと「ちょっと生活感がみえる共同制作の場」にみえたかもしれない(個人的にはアパートメントというスタイルを借りたオープンスタジオのような気がしましたが)。タワーナイトだけだとちょっとしたクラブイベントにみえたかもしれない。でも、タワーナイトにわくわくと(たぶん、ベップダンスの参加メンバーも)が重なり合うことでひどくおもしろさが倍増しました。

それは、本体の混浴温泉世界でも、アートゲートクルーズとベップダンス、ベップオンガクがやはりそれぞれ別々なんだけど、組み合せて観るとその日がとてもハッピーですばらしかったのと似ている。
これも、おそらくそれぞれ単品だったら、そこそこ出来の良い地方都市では珍しいプログラムという印象かもしんない。温泉地、別府市も再発見できたし来て良かったよねという感じかもしれない。でも、2つ3つ組み合せて楽しむことで別府のロケーションと相乗効果でバイバインにおもしろさが増していった。

おそらく、複数の世界(温泉?)をハシゴすることが混浴温泉世界の醍醐味だったんじゃないのかな?と思います。
単品では、アートゲートクルーズやわくわく混浴アパートメントは美術館じゃないロケーションの展覧会に映るかも知れない。しかしながら、それを観てまわるだけでは、男山を登ったことにはならないとか思ったりしました。複数のプログラムをハシゴして観たり体験したりすることが混浴の歩き方だったように思います。
個人的には、残念ながらベップダンスとベップオンガク(ミナトもアサミも(;_;))は行けてないプログラムが多くありまして、それだけが心残りです。というか全部はいけないわな(^^ゞ。

その中で、いろんなコンヨクの中で印象深かったのは、ベップダンスのオープンルーム、そして、わくわくなタワーナイト。よくよく考えればどちらも自分が体を動かしたものじゃないか(^^ゞ。

このあとに3回ほど通った混浴の感想をつづっていきますね。

まちがアートに嫉妬する。

「混浴温泉世界」より前に、BEPPU PROJECTで屋外を使った「プレ混浴」があった。
その時、観に行って強く感じたのは、それらのアートを無意味にしようとする、別府のまちの「空気」でした。
そのときは、アーティストや作品に対してなんて失礼な段取りだろう?と思ったもの。

屋外の作品には、それらを呑み込もうと「みえない力」がうごめく。
室内の展示ならどうだ。中では作品に感銘を受けても、一歩外へ出るとその印象をかき消すように、さまざまな「名もなき作り手たちのアート?」が目に入ってくる。
ホワイトキューブでない屋外に出たら大変だと一般論ではよく語られる。ホントにこの別府というまちは、アーティストにとっては実にむずかしいまちなんだだなあ。と、他のまちではあんまりそんな印象を持ったことがなかったので
強く印象に残りました。

そして、今回の「混浴温泉世界」
より強力なアートゲートクルーズなどのアーティストが作品をまちに展開する。若い作家たちも各地から集まり大きな熱気をもたらした。
すると、やはり別府のまちの空気は「みえない力」として呑み込もうとする。そしてどうだといわんばかりにあちこちに
「名もなき作り手たちのアート?」をみせて、彼らなりの「アートゲートクルーズ」をつくっていたみたい。

確かに、アートと向き合うことで引き出された感覚がそうした別府のまちに敏感になる面もあるんだと思う。
でも、今回、芹沢さんがウェブログで「アーティストたちと場所の力を引き出すために触媒的なアートを展開したので、美術展というよりはソフトアーバニズムの色彩が強くなっていったように思う。」
とおっしゃっているように混浴温泉世界は別府を意識してさまざまなプログラムを展開したようですけど、そんなさまざまなアートやプログラムに対して、別府のまちはもてる「空気」をフル回転して反応したみたいです。それが結果として「混浴温泉世界」と共に別府のまちの面白さをみることができたのかもしれません。

そんな別府のまちをみて思ったのは。
「まちがアートに嫉妬する」ってこと(^^ゞ。
そして、嫉妬させるくらいに今回のプログラムは別府にハマっていたということなのかなと思いました。

そうそう、もひとつダンスはすっかり別府のまちに融合してましたね。もっとダンスプログラム行けば良かったと後悔してます。

2009年6月14日 (日)

コンヨク、フィナーレ!

14日は「混浴温泉世界」のクロージングイベント@別府市中央公民館に声かけていただいたので、見損ねていた鉄輪をみてから別府市街地をもう一度見落としのないようにしてからイベントに参加してきました。この日は暑くて、天然の床暖房で「地獄」のアートゲートクルーズを体感することになりました(^^ゞ。

さて、クロージングイベント。関係者・参加者、ボランティアの方々にみられる一体感と感無量な雰囲気がこのプログラムへのみなさんの「熱意」がカタチとなってフィナーレまで無事にたどりついたことを一番物語っているなあ、と思いました。これだけの規模でそうした一体感が生まれる企画ってそうそうないですよ。しかも若い。かつての日韓ワールドカップやJリーグがらみでは観た覚えがありますが。。。

立場は外野ですけど、ほぼ4年間断片的ながら定点観測してきて、ホントいい機会に巡り合えて、いい場所に立ち会えたなあと。。。個人的には、福岡にいたときもミュージアムシティ天神の興奮から微妙に時期がズレてたし、熊本も気がついたら現代美術館開館前だったし(ましてや一般の美術館の中は業界人じゃないと関われないし)、アート本にあるアートフェスは遠い世界でしたので、はじめてリアルタイムで進んでいくアートの現場をみることができた貴重な学習機会となりました。惜しむらくはもう5年でも若かったらなあということと、別府市に近いところに住んでいたらなあと思うことかな。。。まあ、このために会期中は十分時間もとったしいろいろ考えることができました。

これで「混浴温泉世界2009」はフィナーレ。。。。でも混浴温泉世界は終わらないんだそうで、そんな宣言も飛び出すなどBEPPUのわくわくするチャレンジは続きます。最後は山内桂さんのサックス独奏&フェリー出港の汽笛で〆でした。
いろいろ総括し点検することも多い(それそのものが大きな財産!)と思いますが、何より大分はもちろん、九州でもありえない、未知なるすばらしい国際芸術フェスティバルを無事になしとげた混浴温泉世界の関係者の皆さん、おつかれさまです&本当にステキなアートとダンスとオンガクの「国際芸術フェスティバル」をありがとうございました(._.)オジギ

この日の夜は打ち上げナイトだそうです(前日のタワーナイトファイナルに続き)。。。タフです。(^^ゞ

関連リンク:今日新聞:別府現代フェス
Rimg0308_2Rimg0303



2009年6月12日 (金)

コンヨク、ラストスパート。

いよいよ、ラストスパート。
http://www.mixedbathingworld.com/news/archives/item_526.html

13日のサルキスワークショップはラストですから、逃していた人は絶対に行くべきですよー。
13日深夜のタワーナイトも、かなり盛り上がると思いますよー。
14日のダンスプログラム・オープンルーム、これ行かないと一生後悔しますよー(終わったら前回の感想書く予定です。)

何よりも「混浴温泉世界」みてないと、今後10年はアートなネタで「オレ行った。」って自慢できませんよ。
それくらいの「歴史的アートプログラム」があと2日ですよー。

ぜひとも行ってみて下さい。初物はもう1回はぜったいに味わえない。

ボクも14日午後に残していた鉄輪に行ってまったりしてきます。
タワーナイト、どうしようかな?(*^_^*)。。。

E0170951_19205382

2009年6月10日 (水)

コンヨク紹介記事の感想。

たまたまウェブと新聞記事で、九州の美術館学芸員系の方の紹介記事を拝見する機会がありました。
どちらも前半にアートゲートクルーズを紹介した上で、後半に割と文面を割いておもしろい展覧会として「わくわく混浴アパートメント」を紹介していたのが印象に残りました。20代の作家を中心にした、混浴するアートならぬ混在するアートは美術史系の方がアンテナに掛かるのかなあと思いました。でも連休のパルコ前とかでやったイケイケパフォーマンスとかどう思うんだろうなあ(^^ゞ。

逆にアートライター系やアカデミズム系な方では、プラットフォームでの展示の仕方や混浴温泉世界そのものの枠組みについて触れたものが多いのなあと印象に残っています。ボクもこちらの関心が高い。

意外にアートゲートクルーズそのものへの言及が少ないのかな(その内出るのかな?)と思うのですが、これがメインなので逆にその周辺を触れようと言うことで相対的に少ないのかも。でも、一番不思議なのはベップダンスやベップオンガク関係の紹介記事があんまり目に付かないこと。混浴温泉世界は展覧会系「アートフェスティバル」と思っていません?
現代アートや若い作家さんだけでなく、ベップダンスやベップオンガク、タワーナイトなど混浴かつ混在する世界を相対的にとらえないと、多分この「別府国際芸術フェスティバル」の本質を見逃す気がします。

とは言え、じゃあお前書けるのか?って言われると全く門外漢なんですが、プロの書き手や専門家の方でどこまで混浴を定点観測された方っているのかなあ(地元の方でもいないのかも。)と思うところもあるので、その辺はスゴイのを読んでみたいなあとリクエストする次第です(専門誌などにあるのかもしれませんので良ければどなたかご教示ください)。
もしかして、主催者や関係者を含めて、誰もが全体像がみえず渾沌とした世界の中で
千差万別な印象を持つことが、この「混浴温泉世界」の大きな特徴なのかもしれません。今日各地で、文化政策面からアートのまちおこしなどまで幅広く、ほぼ官製からNPO系までさまざまなアートプログラムが活発ですが、「混浴温泉世界」はそれらとは似てて微妙に違うものであることが大事なことではないかなと感じています(もっともその筋の業界ではないので他のを見たのかと言えば自信がございませんが。。。)

P1160061090411_23290001 P1160052P1160036

2009年5月31日 (日)

タワーナイトにたけたからブース参加。

30日は別府で展開中の「混浴温泉世界」の関連企画タワーナイトに、たけたから「食育ツーリズムで行こう!」な世界でブース参加してきました。
メインは「食の伝道師」H女史のプロデュース。わたしは他の皆さんと共にお手伝いで参加。
夜中の1時過ぎまでブース参加。

なんでもありなアート系クラブイベントに食育ツーリズムの世界を展開、パエリアとスープ&ドイツパン、そしてみそまんじゅうという「たけたらしい」混浴ならぬ混在した食の世界を楽しんでいただきました(・ω・)/
Rimg0008 Rimg0005_2











アートと食はいい相性、夏のたけたのプログラムでもアートとたけたの食は展開する予定。。。ですよね(笑)?

ちなみに、この日のタワーナイトは、山中カメラさんのパフォーマンス、さくれつで盛り上がってました(^^ゞ 。
Rimg0017

2009年5月17日 (日)

2度目のコンヨク。

1ヶ月経った混浴温泉世界。夫婦で行ってきました。
ヨメさんは16日に鉄輪とサルキスさんのワークショップを堪能してきました。
そして、タワーナイトで合流。

17日は、まちなか歩きと、魅惑さに磨きのかかるわくわく混浴アパートメント探訪を楽しみました。そして、午後からダンスイベント「オープンルーム〜別府市中央公民館をめぐるダンスジャーニー〜」。本当にステキなステキなダンスジャーニーへの誘いでした。夫婦ですっかりマジックのとりこになってしまいました。

大満喫の2日間でした!!
ってな、細かい話は別でして。。。

開幕初日に書いた「歩き方」。1ヶ月経って、案内や目印はかなり充実していましたのでご報告。
インフォでチケット購入と引き換えにいただくパスポートと地図を片手に、青いノボリが立っているところを追いかけていくとたいていの場所には着くようになっています。
ただ、Platformでボランティアスタッフが応対などで出てて一時不在な時があるみたいです。近く(隣の)のPlatformに回れば誰か居ますので回ってみて下さい。ボクらも長屋のPlatformで「あれ?」っと思いましたが、隣のPlatformに出ていたところでした。自分で探すジャーニーを。決して「いないじゃん」と思わないように。

後半戦にむけて、まだまだボランティアスタッフを募集しているようなので、大分市・別府市近郊の方はこんなチャンスは二度とありません。難しい業務はない(と思う)のでぜひともアポイントメントを。
ボクも考えたのですけど、不定期休と竹田市からは1時間半かかる遠さが……どうしようかなあ。

P1160653_2 P1160676

2009年5月12日 (火)

5/31の日曜美術館は要チェック。

混浴温泉世界blog:NHK日曜美術館撮影中
まきちゃんの混浴日和:姜尚中さん&中條誠子アナ来る!NHK「日曜美術館」収録

アートNPOが主体となるアートフェスティバルを日曜美術館が「40分枠」で現地ロケでとりあげるなんてすごいことです。
九州にある名だたる美術館でさえなかなかできないことなのに。ましてや、市民主導のNPO主体のアートイベントではありえない展開(^^ゞ。。。

アートフェスティバルなのに、記念写真に収まっている人の中に「美術館の学芸員」とかな業界関係者いないものなあ(たぶん)。ツーカイです。
ほんの1年前には某知人が某美術館学芸員に奉職したので「いずれ日曜美術館でしゃべっているかもしれませんよ」なーんて言ったものですが、BEPPU PROJECTの方々が先に出るとは思いませんでした(^^ゞ。世の中わからないものです。

テレビ局や新聞社などによっかかって展覧会企画を買いプレスリリースを出すあちこちの公立美術館などとは違う文脈で、さまざまなプロジェクトを通してさまざまな人のつながりとネットワークを築き、そして開催にあたって東京できちんと担当者を置いて報道やメディア、プレス、アート関係者などをきちんと集めてきちんとリリースしてきた「混浴温泉世界」だからこそ、なせる技でしょう。

「ローカルだからできないんだよ」とは言わせない前例をつくったことはステキなことです。
31日の日曜は必聴ですヨ。何気なくみた日本中のアート好きがどきもをぬくだろうな。

もひとつ、こちらの考察はなかなかですのでご案内。
artscape:別府現代芸術フェスティバル2009『混浴温泉世界』の必然を呼び寄せるものとは

ボクは、今週末もう一度「コンヨク」に飛び込んできます。

追記:わたしがお城歩きに没頭していた間の連休のコンヨクはすさまじいパワーですね。パルコ(7日に抜け殻みてきたけど)とタワーナイトのコレがオーイタであったってのがツーカイです。ええことです。

2009年4月20日 (月)

コンヨク@別府国際観光港。

P1160085 P1160086 20日は出先の昼食を関西汽船ターミナルの「はらぐち」にチョイス。くじゅう連山の食材を使うお店(久住か九重かわからないけど)。
食事の後は、「1日2回、太陽が来て、太陽が去るときだけにぎやかになる。それ以外は静かな空間」とシンポジウムでマイケル=リンさんがおっしゃってたターミナル乗船口にある
マイケル=リンアデル=アブデスメッドジンミ=ユーンの作品を拝見。

ターミナル2階のみなとパレットへの階段は薄暗くて「やってんの?」という気分になるけど、登るとそこには華やかなマイケルさんの壁画(正面のガラスには「太陽」。その対比がなんともgood。)があります。
アデルさんの作品はミナトのあちこちに「放浪」してます。
マイケルさんの壁画の片隅にジンミさんの作品の入り口があります。ジンミさんのビデオインスタレーションは小一時間ゆっくり拝見したい作品です(この日は昼休み程度しか時間なし(ノ_<))。ボクは座布団2つでうつ伏せスタイルがいいな(謎)

それにしても、ミナトナイト。。。。行きたかったよお。

26日は、わくわく混浴アパートメント企画で、BEPPUに「かえっこバザール」上陸です。
藤さんは来ないようです(立ち話で聴いた限りですのであしからず)が、「かえっこ」が大分であるとは感慨深い。かえっこの相手がアーティストですから面白くないはずがないので、ぜひスケジュールをあけて松原公園へ行ってみてください。

2009年4月12日 (日)

混浴温泉世界の歩き方(開幕直後編)

P1160017 P1160018_2みなさん!コンニチハ。
ということで、11日は徹夜明け1時間チョット寝てから、いよいよ開幕の「別府国際芸術フェスティバル2009、混浴温泉世界」のオープニング・デーに行ってきました(・ω・)ノ

いやー。
たのしい! \(^o^)/! 最高っ! 
いやあ、若いわっ!コンヨクサイコー! 
 

な1日でした。日付変更線越えて、別府タワーのコンヨクナイトなクラブイベントまで行ってきました。。。(^^ゞ
いやあ、大分に居て現代アートをここまで近い距離で「濃密」に楽しめる日が来るなんて思わなかったです。

ということで、公式サイトも公式ウェブログも書いていない(^^ゞ コンヨクの行き方と利用上の注意から。
これ、大事。
何か事務局から怒られそうですけど、初日に別府中心街辺りを歩いて思ったことに、いきなり行ったらかなり戸惑うかなあ?と思うところがあったので、初日の経験をもとに公式のQ&Aをふまえて。。。以下の、「入湯前のこころえ」を押えておいて下さい。(但し、筆者の感覚なので参考程度によろしく。)(追加:開幕して1ヶ月経って充実してきましたので、本編のタイトルを「開幕直後編」に変更してます。)

注意事項は次の4つ。
【1】まず、前提として。
「何かやっているらしいけど、行ったらわかるよね」ってのは期待してはいけない。
なぜなら「コンヨクはアートを探して別府をさまよう」ことが前提(たぶん)だから(^^ゞ
もちろんインフォメーションセンター(写真のとおり)もいろいろ揃っているけど、頼りになるのは当日手に入れることのできるパスポート。それで、看板も案内板もない別府のまちを歩いていかないといけません(^^ゞ。

【2】アートゲートクルーズの会場となる別府中心商店街(&聴潮閣)・関西汽船ターミナル・鉄輪の3地区はけっこう離れている
アートゲートクルーズの場所は、別府市街地の中心商店街&清島アパートと、べっぷアリーナ横の聴潮閣と、関西汽船国際ターミナルと、鉄輪温泉街 に分かれている。これがけっこう離れているので、「ふふっん、1日でみてまわろう」というにはけっこう厳しい(^^ゞ。
車だと停めるところに難儀する。一応、公共交通で回れるところばかりですけど、何バスのどれ乗っていいかわからない(^^ゞ
予習なしで行くとびっくりします(^^ゞ(^^ゞ

【3】公式サイトみづらくて全体像を把握するのが難しい。けど、関連ウェブログと映像(Oitaweb.TV 1ch, 音でます)はかなり充実しているので要チェック。
事前にチェック!と公式サイトみても全体像がわかりにくい。アートゲートクルーズ&ベップダンス&ベップオンガクなどのイベント情報をおさえたりするのに、予習がむずかしい。
肝心の一番楽しめるアートゲートクルーズの場所さえどこかわからない
マップをPDFで置いてほしいです→公式blogにデータup。)
イベントスケジュールも探しづらいし、みづらい
パンフのイベント一覧表をPDFで置いてほしいです→最新情報に週末情報up)
という状況です(^^ゞ とりあえず公式サイトのQ&Aをみてみましょう。
そのぶん、ウェブログ関係と映像関係は、かなり充実しています。何やっているか、どんな雰囲気かを知るには要チェックです(^^ゞ

とにかく組織的に大きくない運営で、どこにも負けない規模のフェスティバルをやっているコンヨクですので、おいおい揃っていくとは思うのですけど現時点ではかなり難儀します。わからないけど、じぶんで探してみつけよう、というスタイルが大事です。

で、キモは。

【4】混浴温泉世界を楽しむためには「じぶんで探してじぶんで何とかしよう」という航海のための冒険心が必須!!!
ということです。
まあ、外国行っていきなりロンドン歩くようなもんです(たぶん)。そんな感じで別府を航海(クルーズ)するのがコンヨクの醍醐味です。



以上の点を踏まえた上で。
1)公式サイトはたとえわかりにくくても、あちこちクリックしてみて、プログラム概要Q&Aは最低限よくみておきましょう。
2)事前に公式ウェブログとその他関連ウェブログをこまめに定点観測しておきましょう。思わぬ情報がここにかいている
混浴温泉世界blog 混浴婦人部blog まきちゃんの混浴日和 わくわく温泉アパートなど)。あと、映像系Oitaweb.TV 1ch, (音でます)はかなりいろいろ撮影していて充実しているのでおさえておくとなお、よろし。
3)周遊は徒歩がよいので歩きまくってもよい服装と靴で行きましょう。別府は坂道が多いので気分はピクニック、水筒なども持参よろし。
4)歩くときはパスポートなどの持ち運びに「クリアファイル」を持参しましょう。挟んで持ち歩くのにかなり便利。
5)交通機関はバス。べっぷぅ〜にぃでルート検索。バス乗り場は別府駅前(駅の海手の出口)と別府駅西口(駅の山手の出口)に分かれる。亀の井バスの外まわり16番&内まわり26番系統の外循環バス(鉄輪←→聴潮閣←→別府駅←→関西汽船←→鉄輪)は遠回りだけど途中乗換えなしで回っていける。別府駅or西口←→鉄輪間は、亀の井バスAPU、鉄輪行き&大分交通の吉弘経由鉄輪行きバスなどがある。これらのバスの時間をおさえれば3エリア+聴潮閣は問題なく行ける(但し混雑する場合もあるので注意)。
6)別府市街地で半日〜1日、鉄輪で半日・午前から午後あるいは、午後いっぱい程度、関西汽船ターミナルで午前中程度、なボリュームを目安にしておこう。1泊2日だとアフターコンヨクで温泉を楽しめる。水曜日の夜は芹沢高志さんのディレクターズトーク、土曜日をおさえると夜のクラブイベントのタワーナイトも楽しめる。
7)聴潮閣は少し離れているけど、別府駅西口から岡本太郎の壁画をみて歩いていこう、15分〜20分程度の坂道。帰りは1時間2本の26番バスで駅や関西汽船ターミナルへ下りるとよい。毎週土曜日予定のサルキス《水の中の水彩画》(サルキス氏が指導したボランティア=エンジェルたちがお世話するワークショップ)は小一時間使っても体験すべき!!オススメの作品。
8)ベップダンスベップオンガクのスケジュールと組み合わせるとなおよろし。こちらも公式サイトでおさえてコンビニなどで事前にチケッティング。
9)とりあえず下調べを済ませて、当日現地に着いたら、まずは別府駅コンコース(写真)、あるいは駅前通りを下ってチャンヨンへ重工業《別府でハネムーン》のテキストバナーが貼り付けられた&「武富士」のビル1階にあるインフォメーションセンター
(駅前通りを海手へ歩いていくとすぐわかります)へたどりつこう。そこでパスポートを入手することが、航海の第一歩。

が入湯前のココロエ(^^ゞ
事前準備とチョイスを決めたら、あとはたのしいコンヨクの世界を楽しんできて下さい!! ぐっどらっく!

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart