« 2014年9月 | メイン

2014年12月31日 (水)

あれこれ告知板。

日々、城郭跡の史料的活用を実践し、真の学際的研究たらんとする城館史料学の長い道のり……。

R0020645

☆豊前長野城 主郭から小倉津を一望できる立地にあり、無数の畝状空堀群が刻まれた山城。豊臣軍と対峙した秋月方高橋元種の軍事拠点。
※あれこれ・ラボは、城郭跡などの痕跡から地域を読み解く「屋根のないあおぞら博物館」目指して日々奮闘中。

■あれこれ・ラボ (九州版)へようこそ!■
城館史料学からいろんな領域へ、『痕跡から読み解く研究日誌』あれこれ・ラボへようこそ!
中身や管理人については、こちらをごらん下さい。

2012年4月、これまで13年活動拠点にしていた竹田市から北九州市は旧筑前国遠賀郡に拠点を移しました。
稼業では屋根のないあおぞらミュージアムを常に考え、本業では城郭談話会会員として地の利を活かして西国の城館調査等を進めていきます。

「城館史料学と縄張り屋家業」拙稿はコチラ、リストはコチラ)で城館史料学と城郭跡からの文化財学構築を目指し、日々、精進しています。
☆注意事項仕事場には、私宛の郵便物は送らぬようにご注意下さい。 
城館史料学ベースの日々へのあれこれはこのウェブログか、名刺をお渡しした方は自宅(お電話・メールでお問合せ下さい)まで。


■これまでのトピック■
☆平成22年度後期、別府大学(非常勤)で『城館史料学概論』(集中講義形式)出講しました。
90分×3回の12回の集中講義で縄張り研究ベースの城郭研究「城館史料学」を専門的に掘り下げました。  
倭城研究シンポジウムⅡ 倭城〜本邦・朝鮮国にとっての倭城とは〜 で報告しました。 
12月10日(土曜日)・11日(日曜日) 場所:九州大学旧工学部本館 講堂@箱崎キャンパス


■書籍のご案内■

混浴温泉世界—場所とアートの魔術性—
ボクが直接関わっていませんが2009年のコンヨクを知る決定版!カバーページのたくさんの人の集合写真に交じってなぜか居たりします(微笑)。
福岡県の城郭—戦国城郭を行く—福岡県の城郭刊行会編、銀山書房
福岡県の中世城郭についての最新成果が納められた一冊。縄張り図も多数収録しています。福岡県内の城郭のガイドブックとしてどうぞ。
☆『日本歴史752号(2011年1月号)』

吉川弘文館『日本歴史』の新年特集に城館史料学からみた城郭跡整備の問題点について寄稿しています。よろしければご高覧下さい(._.)オジギ
『歴史読本2011年5月号』新人物往来社

特集「日本全国、名城の条件」にて、杉山城、滝山城、本佐倉城と姫路城、赤穂城、五稜郭を執筆しました。
アクロス福岡文化誌7『福岡県の名城』海鳥社

福岡県の戦国期城郭など幾つかの事例について執筆しました。福岡県は古代から近世まで様々な城郭跡が残っていることがわかる一冊です。

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart