« 駒沢之陣を終えて。 | メイン | 拙稿のお知らせ »

2013年8月30日 (金)

田向城跡の発掘成果に接して。

千葉県山武郡にあった田向城については、先のセミナーにて私と別に報告があった事例。
シンポの場で、歴史考古学の側から、瀬戸美濃大窯の陶器と曲輪の盛土の中にある鉄砲玉が共伴関係にあったと紹介された事例です。
今回の報告で、私の方では「杉山城問題」の動かぬ根拠とされた、瀬戸美濃大窯編年案(F案)には問題があり再点検が必要と申しました。
その大窯の瀬戸美濃が層位的に鉄砲玉と共伴していた発掘調査が田向城跡です。
杉山城では表土の下にあるとされた鉄砲玉が、曲輪の盛り土の中から共伴してきて出てきた事例。
九州で報告書があるかと思い、探してみると身近なところにありました(^^
おかげで無事に確認することが出来ました。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002407530-00
当日揚げた諸事例に加えて、田向城跡などの事例も出てきたように
、見直しを進めることで証拠固めが進むと思います。
これにより、縄張り研究の有効性に疑問符を投げかける「
杉山城問題」の根拠となった大窯編年案が
城郭跡の年代比定の尺度足りえない(編年そのものは否定していない)ことは、歴史考古学的にみても間違いないところです。
よって、現存する杉山城跡は、歴史考古学的に遺物からみても、そして従来通りに縄張り分析からみても、
少なくとも永禄期を下る(たぶんに天正期と思いますが)、戦国前期の遺構でないのは間違いのないところでしょう。


「縄張・考古・文献」のテーマを語るには、まず、「杉山城問題」の清算からというのは研究史的に自明のことでした。

この問題の構造を丁寧にみることで、他分野の問題提起についてはむやみやたらに真摯に鵜呑みにせず、まずは一度裏をとりましょう、
という城郭研究者への教訓を導くことができました。
今後は、新たな年代観を手掛かりに、関東の戦国・織豊期の城郭についても進化論型型式学に視点で分析を進めていきたいと思います。

さて、杉山城問題の構造は、大論陣を張られた側の言葉を借りるならば、
「飛躍的に進展した考古学的研究に文献史学的研究を組み合わせた結果、戦国前期説になった」でした。
しかしながら、前者の手法からの根拠は既に有効性を失っていることは今回のセミナーを通してコチラから示すことができました。
これまで大論陣を張られた側は、今後、残る後者の手法により戦国前期説なことを証明されることが求められるでしょう。

氏はこれまでは、考古学的研究に安易に乗っかって、長年、縄張り研究者に「真摯な回答」を迫っていましたが、
その後ろ盾は、今回のシンポの場で、私の報告と歴史考古学側との「緊密な対話」を通して根拠にならないことが確認されました。
次は、大論陣を張られた側が自分の属する文献史学的研究の手法であの史料が現存する杉山城跡に直結することを示す番です。

しかし、残念なことに、大論陣を張られた氏は、その後も公衆の面前に貼り出したビラのごとくオープンなウェブログのコメント欄にて、
お仲間たちと小生への「誤読批判」や誹謗中傷とも取れる発言を交わすことで自らの体裁と正当性を保とうとしているようです。

内々の会話ならいざ知らず、誰でも観れる場に垂れ流しで書き込むことがどういったリスクを背負うのかわかっていないのでしょうか。

「科学的な歴史学」を発展させることを綱領に謳う著名な研究会の委員も勤められる文献史学研究者ともあろうものが
せっかくの看板が泣くと言うものです。
加えて、今回の報告でも冒頭にネットの世界ではなくリアルな場や誌面での議論を呼びかけたのに、
さっそくそんなことを聞くにつけ、実に残念なことと思います。

ぜひとも、「科学的な歴史学」を標ぼうする文献史学研究者にふさわしく、「科学的な歴史学」の場にて
提示した史料から現存する杉山城跡が戦国前期まで遡ることを、文献史学的研究にて論じられることを期待します。

私の方としては、今回のセミナー報告にて考古学的研究によるとする証拠が無効である証明は既に行いました。
後は、文献史学的研究の視点からも示された史料の読みに関しては、
「小学館国語大辞典」レベルの初歩的な読解の問題があること、
そして、現存する杉山城跡を年代的に遡及させる史料とは言えないということを示す準備を進めていきます。
この点からも杉山城問題が問題足りえないことを示すことが、一応の宿題として残っています。
既に瀬戸美濃大窯編年案(藤澤良祐氏による)については、文献史学的研究から基準となる遺跡の絶対年代比定が違っていることは指摘していますが、
既に述べた通り、今回のシンポの場でやり残したこと故、文献史学的には憚られるレベルの指摘ながら取り組まねばなりません。

今回、あらためてネットで自分アピールに奔走される研究者の姿を目の当たりにみるにつけて、
これまでの自分の姿に顧みて、反省と自戒の意味を込めて思うところがありました。
今後は、そうした自戒を踏まえて、現実の誌面で地に足を付けた成果を出していこうと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/31811775

田向城跡の発掘成果に接して。を参照しているブログ:

コメント

 「仕事場には私宛の私物を送らぬように」ですか…。私は某城郭研究会の幹事をしていますが、「メールや郵便物は自宅に送らず職場に送って欲しい」と言う人が少なからずいます。最近では住所を明かさない人もいます。人それぞれ考え方が違うんですね!

↑申し訳ありません。間違って変な所にコメントしてしまいました。失礼しました。

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart