« 京都郡の等覚寺城に登りました。 | メイン | 「縄張り研究」を踏まえて、突き詰める。 »

2013年4月30日 (火)

南海ホークス展に行きました。

4月最後に、堺市博物館の「南海ホークス展」を観に行きました。
月からしばらく育児でゆっくりするので、節目の意味もあって、
自分
小さい時に応援してきた原点でもある「南海ホークス」を扱った地元近くの展覧会で〆ることにしました。
併せて、かつての関西私鉄文化を知る
展覧会でもありますので、昭和文化史を知るためにも勉強です
R0020956
常設展示の一角を企画展示とした南海ホークス展。
関西大学の協力によ
ホークス関係者への長年の資料調査の成果を反映した出品と共に
かつては中百舌鳥球場もあったゆかりのでもある堺市内の関係者からの出品もあり、
多くの資料が展示されていました。
自分が持っている
グッズがケース内にあるのも面白かったです。
興味深かったのは大阪球場の外観デザインが坂倉準三
建築事務所だったこと。
建築家が関与した球場と言えば、西武ライオンズ球場がありますが、
戦後間もなく、当時の現代建築をリードした坂倉準三氏が関与していたことに感慨深いものを感じました。
そして、往時の南海電鉄の
も再認識できたものです。
阪神甲子園球場などが郊外住宅地の
付加価値付け役割を担ったことに対して、
大都市大阪
におけるターミナルのシンボルに球場をもってきた「都市的センス」
阪神
・阪急・近鉄などとは違う、大阪の「南海」の格の違いをファンとしては一方的に感じる部分ではあります。

今回の展示では、ホークスの70年代を支えた野村克也氏の関係資料にも言及した部分がはじめてあったのも感慨深いもの。
これまで等閑視されてきた、黄金期の捕手であり、プレイングマネージャーとして70年代のホークスを担った
野村克也氏の関係資料を含む客観的な
視点で「南海ホークス関係資料」がまとまることを期待したいです。

併せて、近隣自治体でも、同時代の関西私鉄文化の一コマ、近鉄バファローズや阪急ブレーブス、
そして、
パ・リーグ創設のきっかけとなった大毎オリオンズの展示が実現されることも期待したいです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/31488865

南海ホークス展に行きました。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart