« 底井野往還と猫城 | メイン | 京都郡の等覚寺城に登りました。 »

2013年4月23日 (火)

京都郡の馬ヶ嶽城に登りました。

豊前京都郡、現在の行橋市にあたる馬ヶ嶽城に登ってきました。
近くの御所
ヶ谷神籠石が有名ですが、こちらの天正年間に長野氏の居城だった馬ヶ嶽城もなかなかのものです。
九州出兵の際に九州上陸した秀吉
の御座所になったところであり、その後黒田氏が入部した山城でもあります。
但し、
山頂の主郭部・第二郭部分の曲輪群は共に織豊系縄張り技術による積極的な改修は管見の限りみられませんでした。
主郭部・第二郭部分は地形に沿った連郭式で、主郭部には大堀切がありました。

R0020854

馬ヶ嶽城で特徴的な縄張りは、第二郭から東側の主要尾根筋に伸びる長大な土塁ラインです。
それは麓まで
伸びるかなりの長さになります。主要尾根からの侵入を防ぐために講じたと思われます。
比高の高いところは尾根筋の東側側面
切岸を加えて帯曲輪状にした土塁状の防塁型ラインになっていました。
(但し、登山道と重なる部分がありシダのブッシュを払い確認する必要があります。)

それに続いて写真のように、帯曲輪状の横堀が次第に掘り込んだ横堀になり、土塁+横堀+畝状空堀群の防塁型ラインになります。
横堀
により外側の掘り残し部分を潰すためにピッチ細かく谷まで下らない短い畝状空堀群が築かれています。

R0020833
傾斜も関係なく、麓の尾根筋まで土塁+横堀+畝状空堀群が続きます。なかなかの圧巻な部分です。
但し、麓では登山道が
別に派生する尾根筋に行ってしまうので要注意。
こうした防塁型ラインは秋月氏・一万田系高橋氏・長野氏など勢力圏の主要城郭に共通してみられます。
馬ヶ嶽などの縄張り技術が長野城の縄張りに集約されている点は注目されます。

R0020891

R0020878

馬ヶ嶽城からは京都郡や仲津郡が一望できます。
上の写真が行橋市・みやこ町勝山方面、苅田町側
。遠くに松山城が見えます。
下の写真はみやこ町犀川・豊津
方面。遠くに周防灘が見えます。
馬ヶ嶽
自体はそこまで高くないのですが周囲が平野・低い丘陵なのでかなり見渡せます。
永禄期に規矩郡を退去した長野氏が京都郡に勢力を伸ばしたことがわかります。
そして、防塁型ラインを取ってつけたように築いた点から、最終段階
に駆け込み状態で整備したものと考えられます。
長野氏自身は
緒戦で高橋氏が小倉から撤退すると豊臣政権に服属しますが、
それは結果論であり、当初はかなりの抵抗姿勢を示していたことが
窺えます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/31444337

京都郡の馬ヶ嶽城に登りました。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart