« 豊前松山城からの眺め。 | メイン | 宇喜多氏研究の最前線。 »

2012年10月 5日 (金)

合馬の小三ツ嶽城を臨む。

北九州市は臨海部は近代以降、工業都市となっていますが、
山を越えて急峻な山地の南側にある紫川上流には田園地帯が広がります。
香月氏の拠点香月・畑から峠を2つ(筑前・豊前の国境石のある田代が途中にある)越えるとタケノコで有名な合馬。
ここは中世の規矩郡大野庄の故地でもあります。
そこにある小三ツ嶽城の登り口へ寄った際の秋晴れの写真。
写真左手の山は、三ツ嶽城。永禄11年に毛利軍に攻められ落城した長野氏の拠点です。
遺構的にも永禄期の基準となる遺跡と思っています。
その内、登りたいと思っていますがとりあえず今回は遠くからパチリ。

R0017457

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/30001217

合馬の小三ツ嶽城を臨む。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart