« 日本考古学協会福岡大会に行ってきました。 | メイン | 岡の里城郭史講座2012のお知らせ。 »

2012年10月23日 (火)

『戦国・織豊期の西国社会』買いました。

関東にある日本史史料研究会から刊行された『戦国・織豊期の西国社会』が届きました。
4人の編者がまとめて電話帳並みの分厚さに32人の論者が執筆したものです。
畿内を含めた西国をテーマにして、ボクと同世代の方々がどのような研究関心を進めているかがおおよその傾向を掴むのに便利でした。
ちなみに、32人の内、西国に生活拠点を持つだろう研究者は、畿内を含めておおよそ半数、含めないと1割程度でした。
もちろん、編者の方々(関東1名、関西3名)の関係から選ばれている面を差し引いたとしても、西国は少ないんだなあと思うところです。
現状としては「出版元と関係の深い中央」と「地方」との「距離感」を感じるところです。
もちろん、そういった距離感を感じるのも、自分も西国を拠点に活動している中で、
他の方々の研究成果にもアンテナを張っているからでもあります。(逆に東国の状況は把握しづらい。)
両方の流れがあることを踏まえながらじっくり読んで、西国を拠点とする自分の調査計画にうまくフィードバックさせたいと思う次第。

Img_0923

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/30108243

『戦国・織豊期の西国社会』買いました。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart