« 鳥取城跡(山上の丸)はぜひとも。 | メイン | 豊前松山城からの眺め。 »

2012年9月30日 (日)

400年祭に400年前の当主にごあいさつ。

さて、13年住んだ竹田市を離れて6ヶ月。節目の前日になる9月30日に竹田市でのおたまやライブを観てきました。
台風一過の夕方から始まったライブは19時過ぎまで続き、最後は名月とブルースのコラボレーションで幕となりました。
文人の里にふさわしいライブでした。

R0017440

Img_0899

さて、400年前に亡くなった岡藩初代藩主の中川秀成は、晩年に子の秀征(久盛)に家督を譲り隠居する準備として、
城下の七里に別邸を整備しました。能などを催したりして悠々自適な隠居生活を考えていたようです。
が、直後の1612年に急に亡くなってしまったので、そのまま別邸は菩提寺となり碧雲寺が開かれました。
その後、碧雲寺の隣に代々の藩主の御廟が建てられるようになりました。
(鳥居ヶ窪に葬られた3代、小富士山に葬られた8代、1年で亡くなった7代を除く)
そして、少し前に残っていた墓所とその前面にあった製材所跡地を公有化して整備されたのがおたまや公園です。
ですので、ライブの前に後ろにひっそりとたたずむ400年前の藩主、中川秀成公の墓にお参りしてきました。

R0017415

没後、碧雲寺殿と呼ばれた秀成は400年前にここで亡くなり葬られましたが、
自らが城郭を築き整備した街の行く末をここで400年間、ずっと見守ってきたわけです。
この日は、夕暮れから名月が出てくるまでのひととき、
岡城・城下町400年記念の一環として、地元の町衆が企画したライブを堪能されたことでしょう。
上方生まれの豊臣大名として活躍した秀成は、桃山文化の薫陶を受けた教養人でもあった武将ですが、
きっと400年も続く「竹田町衆」の芸達者ぶりに満足されたと思います。
今年は岡藩城下町400年祭が開かれていますが、後に田能村竹田を輩出した温故知新の気風と共に
この400年前の当主が眠る「発祥の地」を大事に伝えてほしいと思う次第。

で、何をご挨拶したかって?
もちろん「あなたが手がけた豊後岡城と岡藩の城郭群の調査で、これからもよろしくお願いします」です(^^

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/29985659

400年祭に400年前の当主にごあいさつ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart