« 第2回九州山岳霊場遺跡研究会に行ってきました。 | メイン | 大出雲展行ってきました。 »

2012年8月26日 (日)

加藤清正展行ってきました。

26日は9/2まで会期の加藤清正展を観に熊本まで遠征。
この日の熊本城界隈は、お城と清正展@県美と恐竜展@熊博でごったがえしていました。
新幹線駅も開通し政令指定都市になった熊本市、気合い入れまくりでPRしています。
そんな中、熊本県立美術館に久々に行って加藤清正展観てきました。
熊本は歴史の県立博物館がないので、その分県立美術館が担ってきたところがあります。
近年、永青文庫展示室などができ歴史色が出ていますが、基本は美術館。
ですので、図録もこんな感じに↓ に美術館テイストの装丁でとってもカッコよいです。
横文字で「加藤清正 KATO KIYOMASA」ですからね(^^ゞ

Pht_pmpthumbnail_l

もちろん、内容はしっかり歴史展示なのですが、
装丁やデザイン(ポスター除く)では、フォントや配置、レイアウトに凝っているし、
会場の内装なども白地にワインレッド調な家紋をうまくいれた薄布を下げてコーナーのアクセントをつけたりと
美術館テイストがあって面白くありました。
詳細は図録を仕入れて読んでいますが、1冊持っていて損はない仕上がりです。

両方のテイストが絡み合ったいい雰囲気の展覧会でしたので、いい勉強になりました。

加藤清正は、猛き武将という面と優れた統治官としての面と両方があります。
そして、清正の「実像」が武将なのか行政官なのか、どちらが強いかというものよりも、
その両方を兼ね備え、入部した先で統治を行い在地掌握を通して軍役に応える体制を整え、
収入から知行・食糧など蓄え・交易などでの換金などの差配を取る経済的センスを持ち、
政権内では、当主や諸将との人間関係を築き政治的立ち回りを計り、
そして、実戦の場では、自らの軍団(家中)を率いて戦陣に臨み、戦果・軍功を挙げる、
その能力が、当時の豊臣政権に参画した武将に求められた「器量」である。
そういうことをつらつらと考えながら廻ることができた、有意義な1日でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/29651295

加藤清正展行ってきました。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart