« 大分市にて建築展をリサーチ。 | メイン | 加藤清正展行ってきました。 »

2012年8月19日 (日)

第2回九州山岳霊場遺跡研究会に行ってきました。

19日は第2回九州山岳霊場遺跡研究会に参加すべく、会場の糸島市まで遠征してきました。
前回は土日休みの稼業でしたので、大分から九歴のある小郡まで出て懇親会まで行きましたが、
今回はシフト稼業になり、北キューから糸島市まで日曜のみの参加でした(ρ_-)ノ
いい営業活動になったと思うとちょっと惜しい部分もあり。
でも、前回と比べると格段に近い領域に復帰したのでリサーチを兼ねて参加してきました。

9799

さて、今回の会場は糸島市人権センター。
テーマは第1回の「北部九州の山岳霊場遺跡-近年の調査事例と研究視点-」を受けて、各地の事例を検討する段階へ。
第2回は、「背振山系の山岳霊場遺跡-背振山・雷山・怡土七ヶ寺-」と題して背振山系の山岳寺院を中心とした構成でした。

R0016547

基調講演・報告6本にシンポとてんこ盛り。
歴史学、考古学、美術史学、民俗学など様々な分野からの報告で、9時半から17時半までのロングランとなりました。
事務局の皆さん、おつかれさまでした。

自分としては、城郭史は戦国・織豊期が主な対象なので、直接からむことは少ないのですが、
怡土・志摩郡に展開した原田氏や那珂郡・早良郡に展開した筑紫氏の動向について、城館調査から研究を進めてきましたが、
それらの地域の基層構造を押える上でも、背振山系の山岳寺院の動向を整理できて興味深くありました。
また、仕事上、関連する遺跡の美術作品、考古資料などを取り扱う機会もありますので、その観点からもいいリサーチになりました。

第2回の資料集も糸島市域を中心に山岳寺院遺跡や民族調査の成果などを含めて充実したものでした。六一書房で頒布するそうです。
第1回の「九州山岳霊場遺跡集成」には豊筑地方の山岳寺院遺跡もあるので、併せて稼業に反映させたいものです。

夏も峠を越して、城郭史を柱にモノから探る歴史学をしっかり体系だてるためにも、いろいろと深める日々です(´ー`)。oO

420055_317564191672949_1967894946_n

追伸:帰ってから五ヶ山ダムに沈む予定地の福岡県調査報告書『五ヶ山・小川内』を読み直す。
吉良国光さんの「中世の背振山について」と背振山関係中世資料集をあらためて復習しました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/29572619

第2回九州山岳霊場遺跡研究会に行ってきました。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart