« 2つのベイサイド。 | メイン | 第46回福岡県地方史研究協議会に行ってきました。 »

2012年6月21日 (木)

第29回全国城郭研究者セミナー案内来たる。

第29回全国城郭研究者セミナーの案内が新居に無事届きました。
今年は参加しますので、さっそく郵送しました。直江津まで移動が大変だ(・_・;)

今回のテーマは、「山城の実像を問う」
日時などは下記の通り。
 日 時:2012年8月4日(土)~8月6日(月)
 場 所:上越教育大学(新潟県上越市山屋敷町1番地)
 参加費:3,000円
 懇親会:6,000円
 見学会参加費3,000円

日程と報告内容は次の通りです。去年と同様にシンポはなく報告が2日間続く構成です。

6日月曜日に春日山城・鮫ケ尾城の見学会が用意されています。
○8月4日(土)
「畝状竪堀群からみた丹後国の城館」永惠裕和氏(京都大学大学院)
「史跡小峰城跡の被災状況と復旧」鈴木功氏(白河市文化財課)
「聚楽第と井戸-『御所参内・聚楽第行幸図屏風』に描かれた聚楽第」福原圭一氏(上越市公文書センター)
「新潟県村上市平林城跡の調査について」吉井雅勇氏(村上市教育委員会)
「沼津市興国寺城跡-発掘調査から見る城の変遷」木村聡・高尾好之氏(沼津市教育委員会)
「2011年7月の記録的な集中豪雨による坂戸城・樺野沢城跡の被害状況について」藤原敏秀氏(南魚沼市教育委員会)
懇親会 ホテルハイマート
○8月5日(日)
「土蔵の成立過程からみる城郭の都市構造」高屋麻里子氏(中世城郭研究会)
「新稜保式城郭の伝来と変遷」角田誠氏(近代築城遺跡研究会)
「筑前立花山城からみた巨大山城の諸問題」木島孝之氏(九州大学大学院人間環境学研究院)
「小谷城の曲輪構造-山城の居住空間を考える」中井均氏(滋賀県立大学人間文化学部)
「安芸国郡山城における『山上居住』」秋山伸隆氏(広島大学人間文化学部)
「能州七尾城跡の概要」佐伯哲也氏(北陸城郭研究会)
○8月6日(月)
春日山城・鮫ケ尾城見学会

今年は2日目に木島・中井・秋山・佐伯各氏の山城に関連した報告が集まっています。
その他の報告と併せて、2日目まで興味深い構成となっていますので、要チェックだと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/29309897

第29回全国城郭研究者セミナー案内来たる。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart