« 大船山の入山公廟。 | メイン | 九州支部歴史・意匠系の交流研修会に参加しました。 »

2012年5月28日 (月)

最後の晩餐。

いよいよ竹田市を引き払う27日は、後方部隊の撤収と引越作業。
その合間をぬって、白丹のDAR VIDAの展覧会の最終日にお伺い。
竹田市久住町の「食の伝道師」こと堀田さんと、産山村で明石農園を営む明石さんのレシピがメインのクロージングパーティに顔を出してきました。
最期じゃないので、「最後の晩餐」です。
皆さんがまだ集まる前に白丹のDAR VIDAに顔を出し、14時から引越しで竹田に下り、片づいてから17時半にふたたび白丹へ。
そこで会食される皆さんに何とかお会いできましたヽ(・∀・)ノ

Rimg6049こんな感じ。

Rimg6051_2 堀田さんのメニューです。

Rimg6032 晩餐のはじまる前の最終日の会場風景。

今回の13年間の竹田暮らしのラストが、アートと食で〆になるのは何とも感慨深いものがありました。
行くところが行くところだけに、都市民のイメージとは全く違う「自然と共に暮らす田舎の風景」の中で、
都市民の感覚を持ち合わせながら暮らした経験は何ものにも代え難いことをあらためて再確認。
これまでのつながりに感謝すると共に、さらに足し算となる都鄙往来のつながりを楽しみに思いながら、
竹田暮らしの最後の日を終えるのでした。


そして、近戸の家もさようなら、また会える日まで。
次会う時は床下に活性炭を敷き詰められていることを要望。(^^

Rimg4625

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/29204007

最後の晩餐。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart