« 細川忠興と小倉城。 | メイン | 豊後南山城を訪ねる。 »

2012年4月27日 (金)

豊前小倉城の馬出し。

豊前小倉城跡と言えば、寛永年間から幕末まで続いた藩主小笠原氏の印象が強いようですが、現存する小倉城の基礎を築いたのは細川忠興です。
城郭跡として考える場合には、慶長〜寛永期に豊前国の国持大名だった細川氏のイメージをもっと出したらいいのになあと思うところ。
忠興が手がけた居城クラスで今日も当時の姿を残す事例は小倉城跡ぐらいなものなので、忠興と小倉城はリンクさせる価値ありです。
幸い?小倉城に入部した小笠原忠真の兄弟が細川忠利(忠興の後継)夫人でもあり、義兄弟の関係。
ということで、細川・小笠原氏という文化面にも精通した著名な武家が小倉城跡でリンクするというのも面白いところです。

そんな小倉城跡は主要部を除いて都市化していますが、それでも今日までなんとかある程度残りが良い状態にあります。
織豊系縄張り技術のひとつである馬出しを重ねて城域を構成するタイプの近世城郭の代表例として評価される重要な城郭遺跡です。

Rimg5856

織豊系縄張り技術ベースの近世城郭については、「外桝形虎口」を重ねて城域を構成するタイプ(熊本城跡・福岡城跡)と、
小倉城跡のように比較的平地の城郭跡で「馬出し」を重ねて城域を構成するタイプの二つの系統があります。
詳しいことは、木島孝之氏の織豊系虎口プラン変遷案や千田嘉博氏の織豊系虎口編年案などを参照していただければと思いますが、

後者の「馬出し」タイプは市街化により破壊されることが多く、今日なかなか良好に残る事例が多くありません。

その中で、縄張り研究では、小倉城跡は開発の手や後世の改変部分が多いものの、当時の縄張りの様相がわかる数少ない事例と評価されています。
例えば、主郭(本丸)周辺では、現在、北九州市役所の議会棟となっている一帯や、八坂神社の敷地、小笠原庭園記念館の一帯、
そして、虎の門口の外にある三方の堀はないもののリバーウォークの敷地を成す街区などはかつての縄張りの雰囲気を伝えます。

いずれも、天守が復元されている小倉城主郭からの門の正面で出撃の足場となる「馬出し」が肥大化して曲輪となったものにあたります。
それらの曲輪化した馬出しの出入り口には石垣塁線が残されたり通路を構成する堀が貫入するなどして、今日も複雑な形状を残しています。
そうした「痕跡」を追いかけることで、現在は城址公園の小倉城跡から、慶長初期の細川氏による縄張り技術の一端が読み取ることができます。

Rimg5855

P1120722

P1120809

Rimg5829

P1120778

Rimg5819

P1120769

そうした「現存する小倉城跡」の面白さを伝える「城あるきレク」がいずれできればよいなあと思う次第です。

Rimg5847

毎朝通う道筋が城郭の出撃路であり、目の前のモノが堅固な守りを成す城門跡だとかわかると、明日から日常が違う風景に見えるかもしれません(微笑)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/29053917

豊前小倉城の馬出し。を参照しているブログ:

コメント

 再び、縄張りと考古学の二刀流を自称する者の独り言です。
 熊本城や福岡城は、外枡形虎口を前面に連ねる縄張りでしょうか?小倉城(実見せず)は馬出を連ねる縄張りでしょうか?単なる感じ方の違いかもしれませんが、私にはそのような縄張りには見えないのですが。勿論、千田文献や木島文献を通読したうえでの、私なりの感想です。
 そもそも私は、良く言う「虎口空間の一般曲輪化」と言うのは、あまり信じていない人間です。研究者を自称する方々は、この説を矛盾なく受容しているのでしょうか?それとも単に、これまで深く考えてこられなかったのでしょうか?ご意見をお聞かせ願えればと思います。

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart