« 日曜は上角鬼ヶ城の縄張り調査。 | メイン | 寒暮登城。 »

2012年2月 6日 (月)

豊後岡城主郭の軒丸瓦をみせていただいた思い出。

Img_4211

Img_4212

写真は、豊後岡城の二ノ丸茶店のオバチャンに以前に見せていただいた軒丸瓦です。
はっきりとした年代はわかりませんが、瓦頭の様式的には古式な部類に属するもののようでした。
文禄慶長期とまでは言いませんが、様式としては寛永より遡る近世初期と言ってもよい部類の軒丸瓦でした。
オバチャンは亡父が地獄谷側の斜面で採集したと申してました。その際、今後の紹介についてご快諾をいただいています。

豊後岡城の地表面で確認できる古瓦は桟瓦など近世後半のものがほとんどです。
その中で古い様式の古瓦がいくつか確認されています。
20数年前の西ノ丸公有化に伴う普請方の発掘調査では、出土瓦から瓦編年表が作成されています。
その中でも近世初頭に遡るだろう軒丸瓦の瓦頭が記録されています。
残念ながらその後は古瓦についての調査成果もなく、まとまって表面採集された報告もないようです。
とある方が瓦について問い合わせたところ、その20数年前の軒丸瓦はまだ整理できていないのだとか。もったいないことです。

その意味では、上記の軒丸瓦は主郭に近いところで採集されたものとして貴重な遺物と言えそうです。
茶店にあったのを撮影させていただきましたが、去年の秋に茶店は取り壊されてしまいました。
その際、この軒丸瓦はちゃんと引き渡されたのか、どこへいったのかは今の身分では知る由もないのですが………。

四百年前の近世初期の息吹を知るやもしれぬ貴重な資料ですので、確認できているならぜひ公開してほしいですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/27891865

豊後岡城主郭の軒丸瓦をみせていただいた思い出。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart