« 荻台地の歴史の道。 | メイン | 謹賀新年2012 »

2011年12月31日 (土)

村をフィールドにムラを見据える。

2011年はムラ(業界)ではなく、村を拠点に城郭遺構、及び地域資料情報を駆使して調査を重ねた1年になりました。
この経験は、ムラに居るとみえない着眼点を獲得するのに大きく役立ったと思っています。
中・近世移行期研究のフィールドは村落が主な舞台。
研究室の机上や数日のフィールドワークぐらいでは、歴史資料の背景にある基層はなかなかみえてきませんが、
中世以来の人々の営みが続く山村に身を置き城郭調査を重ねることで、そうした一端を体感することができています。

城郭調査では、遺構そのものの調査に加えて、日常何気なく取り扱っている資料情報を歴史資料として取り扱うことがあります。
時折、それらの成果から「あなたの見慣れた景観にはこういった過去の歴史が刻まれているんですよ」とご案内することがあります。
そうした時に、地元の方がみせる驚きの表情に接することが学芸や学業の身にあるものとして仕事冥利の尽きる瞬間。
日頃見慣れたなんでもない景観が、その話を聴いた後では異なってみえてくるような体験を皆さんに提供することも学芸の役割です。

去年も申しましたが、城郭研究そのものは民間学をベースに歴史学・考古学の手法を合わせて積み上げてきた研究です。
古文書や埋蔵文化財を扱う機会を剥奪したら途端に研究ができなくなるようなヤワな分野ではありません。
本年も
天正〜慶長期を中心とした中・近世移行期研究を中心に、休日を利用して西日本の城郭遺跡の調査研究を行い、
併せて、地域で蓄積された資料情報をもとに圃場整備で消滅した城館遺跡の復元的調査も合わせて進めてきました。
それに併せて、11月の南北九州城郭研究会@天草市、12月は倭城研究シンポジウムに参加して報告と議論を重ねながら、
次の年に向けて、さまざまな論点や調査成果を提出できるよう準備を進めているところです。


核の冬の時代にあって、山村に身をおいて学んだ2011年の経験は大きな糧となりました。
2012年は、この研究室の机上では得られないフィールドワークにより着実に成果を積み上げ、
村から既存のムラへ鋭く斬り込む研究活動を進めていきます。

Rimg5682

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/27688191

村をフィールドにムラを見据える。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart