« 身近にある「気になる縄張り」の城跡。 | メイン | 世界無形文化遺産。 »

2011年10月24日 (月)

歴史的文脈を読み解くセンス。

ここのところ、待避壕に逃れて日曜研究者モードで何年かの遅れを取り戻すべく専念していますが、
往時は文化庁の学芸員研修や他の活動、身近ではCAMKやべっぷろの活動を参考にしながら文化事業をやってきた経験を遡及し、
あらためて、地域や文化を扱う分野では……

1)その地域特有の文脈を読んで、他地域の文脈や普遍的テーマと有効につなぐセンス。
2)2〜3年スパンで見据えて的確なタイミングで「リンク」できる計画性。
3)常に次のステップにつなぐために今の企画を進めることを想定できる構想力。

が欠かせないと思う次第。1)があって2)のリンク、3)の構想力につながるので、一番欠かせないのは読み解くセンス。

我が身は、日々山野を駆け巡る日々ですが、
豊かな歴史的文脈を持つ地域をみながら脳内シュミレーションを重ねることで、
三つの感覚を常に意識させています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/27332527

歴史的文脈を読み解くセンス。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart