« 岡山市で城郭跡からみた織豊期宇喜多氏について報告してきました。 | メイン | 倭城研究シンポジウムⅡの案内・申込みリリース。 »

2011年7月 4日 (月)

岡山城跡めぐり。

城下に一泊して、3日は荷物を置いて、岡山城跡を小雨の中歩いて回りました。
2007年に本丸本段〜中の段周辺の石垣はバシバシ撮影したのですけど、今回は行けてなかった御廟・二の丸内郭・西の丸と御対面所(現:林原美術館)
周辺を歩いて市街地に埋もれる石垣跡を中心にみて撮影してきました。
本丸本段・中の段と二の丸・西の丸の間は築城以前に繋がっていた雰囲気がなく、それぞれ独立丘だったことをあらためて体感。
どちらも独立丘なので、本丸と西の丸側が当初から城域として機能していたなら一城別郭?と思いながら歩く。
もっとも、最初から本段周辺が岡山城として成立していたなら、西の丘陵と関係なく本丸単体で十分機能するスケールではありますが。。。
本段はかなりの比高差なのもあらためて再認識。

これでひと通り現地歩きは終わったので、これまでの発掘調査成果などを読み返して岡山城についておさらいしてみますね。

Rimg4572

御廟跡からみた岡山城本丸。2つの丘陵地の間はそこそこ離れていて地続きな感じはしないですね。

Rimg4589

御対面所跡周辺の石垣、こんな感じで市街地に埋もれています(^^ 、それでも御廟や西の丸・御対面所跡辺りはけっこう残っている。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/26726840

岡山城跡めぐり。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart