« 『新「関ヶ原合戦」論』 | メイン | 7月に岡山中世史研究会で報告します。 »

2011年4月 4日 (月)

新年度はじまる。

4月になり、「奉職しました」なあいさつ口上のウェブログやツイートががちらほら。
あれこれいろんな採用形態があるんだなあと拝察。

という新年度ですが、次年度も継続できる見込みだった非常勤がなぜかボツった(ありえないとのお言葉を多数拝聴。)のでのんびりとしたスタート。
豊後岡城の麓・近戸の寓居に住みながら、博士な一般職生活の中で、たまっている原稿をしっかりこなし成果を出して行く年と考えています。
今年のテーマは
「脱」
学び直しも進み城館史料学の視点を磨きながら、いよいよ「脱」へ向けて走っていきます。

しかしながら、情勢は大きく変貌してしまいました。
内輪のコネクションや口先だけのアカデミズムでは生き延びるかどうかもわからない「核の冬」がやってきました。
それぞれの学問に対する姿勢・強靭さが問われることでしょうし、クモの糸のような身分を生き延びるために右往左往する姿もあるでしょう。
そうした中でも、(創作上の話ですけど)ユーリー博士やキートンの言葉よろしく(^^、
どんな状況でも知る喜びのための自律した学問を愚直にどこまでやれるものか挑戦したいと思います。

追記:今年は大学院以来、建築っぽい業務に絡むので、そっち方面の学び直しにもなるかも。日本建築学会会員が少しは役立つ?。。。実測、実測(^^

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/26256097

新年度はじまる。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart