« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月24日 (日)

安楽平城跡・菟道嶽城跡登りました。

高速道路休日1,000円の「研究費(交通費)助成?」が突如打切られることになったので、岡山県方面の調査は暗雲立ちこめる気配。
年度末時点では現状続行見込みだったのを受けて毛利領調査から豊臣政権論まで視野に入れて調査続行を決めた矢先に、ハシゴ外された形でとても迷惑な事態。
交通費は行き四国路&帰り中国路でほぼ倍以上にはねあがる(ノ_<)。
もうひとつ、安楽平城など補足調査の宿題をこなして北部九州の戦国期城郭の考察の仕上げから調査しようかと練り直しの思案中。

そんな中、24日に北部九州中・近世城郭研究会の見学会で、安楽平城跡・菟道嶽城跡を見てきました。

安楽平城は小田部氏の城郭ということで著名ですが、小田部氏退去後は筑紫氏の持城となり筑紫大炊恒門が城主となっています。
恒門は大内氏時代の城督大村氏の出自。筑紫氏と姻戚関係があり筑紫氏の苗字を与えられ一門化したようです。
ちなみに、筑紫広門が1586年に島津勢に攻略され降伏した後、安楽平城も接収されています。
そして、立花山城に籠る立花統虎に城を明渡した場合に代替の城として与えると条件提示されたことが上井覚兼日記に出てきます。
上の写真は、ご存知、安楽平城の防塁型ラインの石垣を横から見たもの。
主郭に続く第三郭(切岸に石積みあり)下にも高さ1m強の石垣があり、安楽平城跡はおそらく筑紫氏時代に改修されたものと思います。
それを遺構から証明するのは至難の業ですが、勝尾城や周辺の城郭跡との比較検討から検証できるかな?(^^

一方、
安楽平城の西側にある菟道嶽城は、比高は低いものの独立峰にあり2〜3の曲輪を持つ小規模な山城。
福岡市早良区の入部出張所近くの天神社から登山道があります。
下の写真は、西側の菟道嶽城主郭部。説明を聴く参加者の姿から主郭の大きさがイメージできると思います。
小規模ながら複郭構造の山城が直下にあることは詰城の安楽平城との機能分担があるのか、或いは麓にNo.2な勢力の自前の持城があったかのか調べてみないと。
現存遺構が小田部氏時代のままか、筑紫氏時代まで何らかの改修があるのか?は、どちらとも言えるので何とも判断しかねますね(^^

Rimg3651

Rimg3657

2011年4月13日 (水)

梅ヶ峠からはって場まで踏査。

過日、岩屋城攻め陣城の北西半分を歩いてきました。
春の日差しの中、たっぷりと外気に触れながらの踏査です。
裏の谷から尾根に上がり、柿の木上陣城から石蕨陣城、そして尾根伝いに歩いて、岩屋城攻めの付城である梅ケ峠陣城とはって場陣城を観てきました。

Rimg3496

一見すると、ただの山の中の写真にしか見えませんが、わかりますか?
左半分のY字に伸びる木々の根元の周りに注目。写真真ん中奥から手前左にかけて盛り上がって続いているのがわかりますか?
これが谷部分などを除いて、迫畑上陣城の南尾根筋から荒神上陣城・妙福寺上陣城、往還の上陣城から柿の木上陣城と続き石蕨陣城の斜面まで続く長大な土塁ラインになります。
岩屋城の南半分をグルッと包囲するおそろしく長大な土塁ラインが、今日も山中にほぼ完存しているのです。
ほとんど文献史料に出てこない1582年の岩屋城包囲戦の様相を如実に示す一級史料がここにあります。
実に驚いた次第です。

Rimg3550

そして、石蕨陣城の斜面へ上る「登り土塁」となっている長城ラインです。
写真右下から左上にかけて一直線に走ります。
稜線の上を土づくりで築いていますので、地形に沿って走りますが可能な限り直線に仕上げています。
稜線から尾根筋が枝分かれするところは直角に仕上げて尾根筋からの攻め込みを遮断するなど、技巧的に仕上げられています。
その点でも実に感慨深い遺構です。

興味深いのは、南半分は土塁による長城ラインの包囲網を敷き、ほぼ一定距離に9m×8m程度の「人枡」な陣城を配置していること。
そして、石蕨陣城より北半部では土塁ラインがなくなり、岩屋城に尾根で直到する位置を占める梅ケ峠陣城とはって場陣城を中心として、
稜線に沿って一定距離を置いて人枡を配置する「付城」包囲網となっています。
同じ包囲網でも、城に近い北側と一定距離を開けて包囲する南側では囲み方が異なる点も、かなり組織的であり技巧的なセンスが窺えます。
こうした攻め方を考えても、織田・羽柴(豊臣)系勢力による遺構であることは明らかだと思います。この段階の宇喜多氏の到達点も知ることの出来る重要な遺構です。

Rimg3614

やはり写真ではわかりづらいですが、右奥の遠方にみえるのが梅ケ峠陣城です。そこから岩屋城に続く尾根筋へ出撃する桝形虎口と下位曲輪を撮った写真。
前面へ向けて少しコチャコチャした実戦色の強い桝形虎口を構えています。
これと土塁・空堀で囲んだはって場陣城(倒木と下草が多かった)が岩屋城へ続く尾根筋の左右のピークを押える付城となっています。

この付城は岩屋城の守備側にかなりのプレッシャーを与えたことは、岩屋城側から尾根筋に向けて大堀切と巨大畝状空堀群を構えたことからも明らかです。

土塁上に陣城と人枡を配置した包囲網を構えて付城を喉元に突きつける攻城戦を仕掛けた羽柴(豊臣)方の宇喜多氏と、
山城に立て籠り、大堀切と巨大な畝状空堀群で阻塞する毛利方の美作国衆との激しい戦闘の様子を伝える遺跡が残ることが、
岩屋城跡と陣城群のスゴイところと言えます。

この遺構の性格を考えつつ、先行研究と関係資料を整えて7月の報告に臨みたいと思う次第です、乞うご期待。

2011年4月12日 (火)

書斎な書棚に書籍を入れる。

近戸の寓居へ黒船来航が近づいてきたので、日・月・火曜日とフローリング10畳の半分をつかって書斎をこしらえた。
段ボールに強引に詰め込んだ城郭史・建築史・歴史学・考古系の書籍・歴史資料集、展覧会図録・報告書を引っ張り出して並べる作業。

Img_0237

月曜の段階で、向かい合わせのスチール書棚4+1台でも足りないことが判明……orz
おおよそ段ボール10箱程度分があふれる計算で、後2〜3棚増設する必要が生じる。
仕方ないので、展覧会図録と歴史系書籍は段ボールに戻して、壁に積み上げる。

そして、城郭史・建築史・考古系の書籍・歴史資料集、報告書を書棚に積めることにして、段ボールの山を始末する。

Img_0240

Img_0238

10年というか、博論上げるちょっと前から買いそろえた分をようやく広い部屋に並べることが出来ました。
書棚には、城郭史はもちろんだけど、久々に太田博太郎的な日本建築史の書籍も並べた。
報告書は2000年代前半くらいまでは書籍交換会で仕入れることが出来てたので、割と西日本中心とは言え北から南まで順序立てて並べて整理することができた。
その後は、制約が増えた報告書に代わり各地で行われた展覧会図録を仕入れる機会が増えた。ミレニアム頃から築城400年がらみが増えたのもあるかな。
これはいずれ段ボールから出して北から南まで並べよう。

城郭系論集・報告書な専門書と新人物・学研のお城ムックが並ぶのも城郭研究ならでは(^^ゞ
これまで買いためたものを糧に、実際の遺構から歴史を読み解く城館史料学とデザイナーズカタログじゃない実証的な日本建築史を勉強していきますね。

次は、広い研究室ほしいなあヽ(・∀・)ノ

2011年4月11日 (月)

萩城、遠征。

過日、お誘いいただき長門萩まで遠征してきました。もちろん目指すは萩城。
指月山の詰の丸から天守台のある麓、連続内桝形虎口(真ん中の写真)の二の丸ライン、そして沿岸部の外郭ラインまで、じっくり観てきました。
関ヶ原合戦で敗軍となった毛利輝元が転封して築いた拠点。
豊臣系旧族大名毛利氏の到達点を学びました。スゴイ縄張りです(^^

Rimg3156

Rimg3332

Rimg3343

写真にある指月山の麓の灰色の壁は、今日の防波堤ではなくて、萩城の外郭ラインです。

城歩きと城下町散策もしてきました。細かいことは別に記すつもりです。

2011年4月 7日 (木)

7月に岡山中世史研究会で報告します。

予告です。

過日、日程の設定がありまして、岡山中世史研究会で岡山県での調査をもとに報告することになりました。

タイトルは、『城郭跡の縄張りからみた織豊期宇喜多氏』〜城郭跡の史料的活用の実践から〜の予定です。

岡山県及び周辺地域の中・近世城郭の中で、主に旧美作国の城郭跡について津山市での編纂作業や自分の陣城調査から得られた視点をもとに、
織豊期宇喜多氏の権力構造の一端について検討します。
加えて岡山県及び周辺地域において悉皆的な城郭跡調査の必要性と城郭跡の史料的活用(城館史料学)の可能性にも言及する予定です。
詳細な時間は別途あると思いますが、
7月2日(土曜日)に行う予定です。
場所はたぶん就実大学と思います(^^ゞ


ということで、正式な案内は後日リリースされると思いますが、当日、戦国〜織豊・近世初頭の研究者と議論を通して学びを深める
機会を楽しみにしています。
とりいそぎお知らせまで。

Rimg3527

2011年4月 4日 (月)

新年度はじまる。

4月になり、「奉職しました」なあいさつ口上のウェブログやツイートががちらほら。
あれこれいろんな採用形態があるんだなあと拝察。

という新年度ですが、次年度も継続できる見込みだった非常勤がなぜかボツった(ありえないとのお言葉を多数拝聴。)のでのんびりとしたスタート。
豊後岡城の麓・近戸の寓居に住みながら、博士な一般職生活の中で、たまっている原稿をしっかりこなし成果を出して行く年と考えています。
今年のテーマは
「脱」
学び直しも進み城館史料学の視点を磨きながら、いよいよ「脱」へ向けて走っていきます。

しかしながら、情勢は大きく変貌してしまいました。
内輪のコネクションや口先だけのアカデミズムでは生き延びるかどうかもわからない「核の冬」がやってきました。
それぞれの学問に対する姿勢・強靭さが問われることでしょうし、クモの糸のような身分を生き延びるために右往左往する姿もあるでしょう。
そうした中でも、(創作上の話ですけど)ユーリー博士やキートンの言葉よろしく(^^、
どんな状況でも知る喜びのための自律した学問を愚直にどこまでやれるものか挑戦したいと思います。

追記:今年は大学院以来、建築っぽい業務に絡むので、そっち方面の学び直しにもなるかも。日本建築学会会員が少しは役立つ?。。。実測、実測(^^

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart