« 美作岩屋城を囲む陣城群、柿ノ木上陣城まで。 | メイン | 歴史読本2011年5月号に書きました。 »

2011年3月25日 (金)

亡命先の1年。

さて、まもなく1年ですよ。
早かったですが本当に充実した365日でした。

それまでのハコに群がる難儀な人たちが持ち込むいろいろな思惑にまみれた企てに呆れ果て(疲れ果て)、
これではいかんと脱出を考えて準備していたところ、多分やるだろうと踏んだ通りに仕事場が統合され専門から解かれたのが1年前。
学位取得も済み準備万端、このチャンス逃すものか。これまでの借りを返すぞ!という湧き上がる希望が昨日のように思い返します。

接収した方は、目の上のタンコブが無くなったんだからすごい成果をみせてくれるだろうと1年間楽しみに観察しておりますが。。。。さて?
まあ、10〜20万都市クラスの大所帯をフル回転して、まち全体が史跡という壮大な実験に全力で事業を推進し、
年度末の成果報告会のための古文書読解に励まれているんだとは思いますが。。。

あらためて、歴史文化に群がる「専門家」手合いの顔も見なくなり心から清々しております。
真の学びの世界に身を置いて切磋琢磨し、カレンダー通りにまとまった日数を動ける幸せを体感した1年でした。
いろいろと成果を出したり新たな準備を着々と進めることができました。

ということで、田能村竹田よろしく退隠してから広く各地の人たちと交遊し、新たな航路を求め城館史料学に磨きをかけていく所存です。

一方で、この1年間、各地の調査や往来に過分のご理解をいただいた、律令制以来の根幹を担う一般職な現場の皆様に感謝いたします。
これまでの10年よりも着実な研究成果を収めることができましたのも、地元に根ざし今の生活を営み歴史を刻まれている各位のご理解の賜物です。

ありがとうございますヽ(・∀・)ノ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/26198821

亡命先の1年。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart