« 楽万上陣城、2日目。 | メイン | 「城郭研究 亜流から本流へ」 »

2011年2月23日 (水)

楽万上陣城調査、進行中!

本業多忙につきウェブログの更新が遅れる年度末。
豊後御討入な近場をお引っ越しプログラムも加わり、余裕がありません。

でも、19日・20日は津山まで遠征。行きは九四フェリー&松山・高松道・瀬戸大橋、帰りは中国道のドライブコース。
天候にも恵まれ、存分に楽万上陣城調査を進めてきました。
忙しい中、時間を捻出しての2日間、しっかり調査できて◎です。
あと、もう2日作業があれば完成。
どうも、地籍調査で磁石がピンポイントで埋められている場所があって、その辺ではコンパスが狂って困りました(´・ω・`)。

ここを終えたら、陣城をひと通り確認踏査して小論にまとめようと思っています。
そして、いよいよ荒神山城へ展開します。

Img_0205_2

Img_0201

土造りですけど、十分エッジが効くくらいに直線的な仕上げとなっています。
下の写真は、堀切のように掘り抜いた尾根筋に向かって直面して張り出した櫓台状の土塁。圧巻です。
この陣城群を宇喜多勢が主力でやったのか、羽柴勢のバックアップのもと成し遂げたのかで大きく解釈が変わるので、
その辺も詰めていきたいところです。
どっちの結論でも面白いけど、すべては遺構の解釈が決め手なのがポイント。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/26045265

楽万上陣城調査、進行中!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart