« 『体感、実感!にっぽんの名城』@徳川大坂城 | メイン | 楽万上陣城、2日目。 »

2011年2月 5日 (土)

楽万上陣城、踏査開始。

5日は、美作岩屋城を包囲した羽柴・宇喜多勢の築いた陣城の一つ、楽万上陣城の調査を開始。
年明けにやろうと思っていたものの、三連休を風邪引き&大寒波で1ヶ月遅れになったもの。

さて、どう考えても10回くらい来ないと行けない。春までに間に合うかしら?
主郭部の虎口プランを精査するのが目的ですが、全部書くとけっこうかかる自己見積もり。
横堀を兼ねた大堀切に面して櫓台を構えたり横矢を掛けたりと油断すると見落としかねない細かい仕上げを読み解くのに時間もかかる。
で、同時代の様相を知る上でなかなか史料的価値の高い魅力的な遺構、しっかり調査したいと思います。

陣城群の中でもかなりの土木量が投下され規模も大きく、織豊系城郭の要素が随所に詰まった興味深い事例です。
みよ、この切岸の高さを。

Img_0171

Img_0170

見づらいので、目印を立ててみましたが、桝形虎口です。手前にあるのは地籍調査のポイントです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/25943001

楽万上陣城、踏査開始。を参照しているブログ:

コメント

来年、定年を迎えるにあたり、SLOW LIFEで父の実家の
追分(現在の津山市中北上)で先祖の(お墓が朽ち果てている事を聞き)
先生の研究されている岩屋城についての歴史と現存を確認したいと考えて
おります。

定年を来年迎えるに際し、父の実家(中北上)
の岩屋城の探索と、先祖の(朽ち果てた状態と聞いてますが)
墓等をきれいにしたいと考えております。
いつも楽しみに、先生の岩屋、楽万の城を拝見しております。
                         以上

ありがとうございます。
岩屋城と周辺の陣城跡は残りが良く、本当に大事な城郭遺跡です。
ぜひとも地域で残してくださるようお願いします。

11月に真庭市でお話しますが、岩屋城と陣城群についても精査する部分は精査していきたいと思っています。

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart