« 備前国進駐、天神山城跡を観てきました。 | メイン | 転換点の2010年から。 »

2010年12月27日 (月)

日本中世の西国社会1「西国の権力と戦乱」

清文堂から新たな論集シリーズ『日本中世の西国社会』が刊行されるとのことです。
川岡勉・古賀信幸両氏による編となっています。
近年、関東・東国の中世・戦国期論集があれこれ出ていることを思えば、西国は静か過ぎたので、
こうした試みは心強いものがあります。

その第1巻は「西国の権力と戦乱」
九州北部関連では、北部九州中・近世城郭談話会の中村修身さんが執筆されており、
図面提供したこともあって謹呈いただきました。
しっかり勉強させていただきます。ありがとうございますヽ(・∀・)ノ

なお、お値段は3800円+税とリーズナブル。
続いて、第2巻が「西国における生産と流通」第3巻が「西国の文化と外交」だそうです。
楽しみですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/25662704

日本中世の西国社会1「西国の権力と戦乱」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart