« 日本中世の西国社会1「西国の権力と戦乱」 | メイン | 謹賀新年、平成辛卯年 »

2010年12月30日 (木)

転換点の2010年から。

2010年は年頭に、今年は転換点となると言われましたがその通りでした(^^ゞ
前任者と同じコースでお役御免となり畑違いの仕事に移りました。
以前と異なり今回は後任者の公募もなく入替え。他の専門分野とは異なる学芸員資格の取扱いを目の前にして、
博物館法に明文化されている学芸員資格に対して、どのような位置づけで捉えているのかを思い知らされた出来事でした。
私のこと云々を別としても、学芸員資格が一般にどうみられているかの一例として博物館学の関係者に認識していただきたい現実です。

とあれ、かつての初代学芸員さんのように、二代目の私も専門領域から外されて何もできないだろうと思っているんだったら、大間違い。
いずれ、学芸員資格や学術研究領域のためにもケジメはつけないといけませんが、
私の研究分野は長らくハコの外で土日・休日を用いて在野の研究者が積み上げてきた領域、
しがらみもなく好機到来と、久方ぶりに本職の城郭研究者として基礎から徹底して学び直すことができました。
おかげで、城郭跡を史料として活用し決め手とする学際的な歴史研究という、自分の研究スタイルへの手応えを掴むことが出来ました。
また、現在の「畑違いの一般職」も怪我の功名で、リアルな歴史認識を深める機会にもなりました。

そして、何よりも、学会から遠い環境にありながらも、各地の城郭研究の幅広いネットワークに支えていただいたことに感謝する2010年でもありました。
全国城郭研究者セミナーでお世話になった城郭談話会と姫路市教育委員会、
国文祭の全国山城サミット・生涯学習講座でお世話になり、引き続き岡山県内の城郭跡の調査研究でお世話になっている津山市教育委員会、及び美作地域史研究会。
福岡での城郭研究でお世話になった福史連・福岡地方史研究会、の皆さんには本当にお世話になりました。
そして、「城館史料学概論」の授業計画を了解いただいたS先生をはじめ、全国各地で活動する城郭研究者の皆さんにもお世話になりました。
本当に感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございましたヽ(・∀・)ノ

2011年は、皆さんの学恩を感じながら、しがらみのない環境でさらに城館史料学の研究を突き進む所存です(エコ芸もやりたいですが)。
今後数年は、城郭跡を史料として活用し決め手とする学際的な歴史研究を固めるべく、日々山野を駆け巡り論考にまとめ精進していきます。
ご支援いただいています皆様方各位には、ご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

Rimg4110

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/25679202

転換点の2010年から。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart