« 日田市の咸宜園教育研究センター | メイン | 中世山城の祭典「山城を地域に活かすために」 »

2010年10月19日 (火)

竹田城跡カレンダー。

朝来市のホームページを拝見しますと、2011年竹田城跡カレンダーが発売されたとのこと。
http://www.city.asago.hyogo.jp/index.php?no=r170

20100930takedajyoseki

「和田山写真クラブのみなさんのご協力を得て、四季折々の竹田城跡の姿を紹介しています。」とのことで、700円で販売中。
天空の城として著名な但馬竹田城。2010年版は早々に完売したそうですので急いだほうがいいかもしれませんね。

朝霧で著名な但馬竹田城。以前から但馬の城郭研究者が調査し城郭談話会からも報告書が刊行された事例。
地元でも地道に整備が進められ、近年になって天空の城として有名になった事例。
地域の資産である山城跡を地域の人たちの手で活かすことについては、私も日頃意識しながら仕事してきたところでした。
それだけに、「天空の城」として全国に知れ渡った竹田城跡の事例は、
自分の思うところがそうそうピント外れでもなかったなあと思う具体的な活用例としてありがたい次第です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/25266553

竹田城跡カレンダー。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart