« 『城館調査ハンドブック』 | メイン | 10月2日。 »

2010年10月 1日 (金)

10/2は、集中講義「城館史料学概論」で縄張りの読み方やります。

最近はやりの大学連携というわけではありませんが、
学芸に留まらない幅のある?行政経験と城郭研究での日頃の活動成果に評価いただき、先週から別府大学に非常勤講師として集中講義形式の出講してます。
科目名は別にありますが、内容は「城館史料学概論」でやってます。
先週の25日土曜日は、主に概論をやりまして。
10月2日(土曜日)は、昼食をはさんでから9時〜14時30分まで3コマで、
縄張り図の見方と千田嘉博・木島孝之両氏の「織豊系城郭虎口編年モデル」の理解を深める講義を予定しています。
縄張り図の読み方をしっかりマスターしようという内容です。

場所は、別府大学キャンパスからさらに上にある31号館演習室です。
大学院の講義でゼミみたいな少人数でやっていますので、もぐり歓迎?ですので興味のある方はどうぞいらしてくださいませ。

Photo

こんな縄張り図(これは筑前高鳥居城)の読み方や、先達の研究に学びながら織豊系城郭の見方をやります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/25146899

10/2は、集中講義「城館史料学概論」で縄張りの読み方やります。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart