« 秋の陣の仕込みを兼ねて『新修福岡市史』買いました。 | メイン | 落門の瀧を眺める田能村竹田像。 »

2010年9月 7日 (火)

「変革のとき 桃山展」@名古屋市博物館

久々、学芸ネタ(^^ゞ。
名古屋市博物館の某方から『変革のとき 桃山展』準備中とのことで、5月に伏見城攻めした際にご案内いただきました。
なんでも豪華な名古屋なところだけに、内容は御殿を軸に盛りだくさんとのこと。楽しみですね。
「変革のとき 桃山展」名古屋市博物館

桃山時代(寛永期まで含まれるでしょう)と言えば、金銀バブルな日本列島に花開いた豪華絢爛かつ豪胆な「黄金の日々」
思えば、遠く欧州でも南米の銀が流入して豪快なバロック芸術が花開いたわけで、それと期を同じくして、
アジアなニッポンでも金銀バブルな豪快な芸術文化が花開いたわけです。
そんな桃山文化をやるならは、バブルの当事者たる統一政権を樹立した信長・秀吉・家康ゆかりの地で、
かつ、今日も日本有数の、豪華で派手好きな名古屋はぴったりかもしれません(^^ゞ

うーむ、同じ学芸稼業なら、こういう一級品を扱えるハコで勤めて一級品を借りて取り扱ってみたかったなあ。と思いつつ、
名古屋のみのオリジナル企画なのと、「桃山みたいなあ」ということと、ついでに岐阜城とか行こうかということで(^^ゞ、
土日つかって、10月16日〜17日にQ大の某先生と濃尾たぬき旅する予定してます。
ガラスの向こうから現物をじーっくり堪能するつもり(^人^)。
また、某S先生がブイブイ書いているとのことらしい図録も楽しみです。

日程見て、16日昼に攻めようか、客足を避けて17日の朝一番で攻めようか思案中なう。
72401

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/25008121

「変革のとき 桃山展」@名古屋市博物館を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart