« 連休は。。。 | メイン | 山名氏の城と戦い »

2010年4月29日 (木)

休日、好天。

この4月は週末はずっと城跡三昧でした。津山市教委の地域学プログラム「美作学講座」のコーディネートのお手伝いと講師を務めさせていただきました。
城跡の縄張り調査も再開し、天候もよく快調に進んでいます。

休日はおおむね晴れたおかげで、しっかり調査日程もこなしています。
ようやく腰を据えて縄張り調査も行うことができ、着々と図面を作成しています。
と、業務連絡。

Rimg4149

去る筋から今年はわたしに転機が訪れると言われてたものでしたが、ハコ芸からエコ芸への転身を考えれば、まさにこれが転機でした。
これまで自分の持てるものを、足元の文化的資産への気づきと内外の歴史と文化の橋渡し役として尽力してきたつもりでしたが、
去んぬる筋からの史跡に関する文献調査の依頼を受入れたが運の尽き。。。
いつの間にやらお決まりの面々で組織化されたO藩史研究会(O県地方史の某論文参照アレ)が別館を活動の場にするようになり、
10年前の前任者と全く同じ部署に外されるまで
、精神的な面も含めて随分と悩まされたものです、と「これまでの経緯」。
幸い、これまでの仕事で思う存分経験知を積んだ後でもあり、こんな他に類例をみないようなやり口をする相手とは全うな事は何もできないと見切りをつけて、
学位取得による研究環境の整備とやり残しのアートプログラムなどの助成事業の実践などひと通りの清算作業を進めてきました。
ですので、ひと区切りつけた後では「正直なところ、どうでもいいよね」
的な気分であちらさんがどれだけのスゴイ成果を出すのか興味津々なところです。
ボクなんかのつまらない仕事なんて霞むくらいのスゴイ成果を出して下さるんでしょう。何年後か知りませんが(^^ゞ。
そんなことより、近年のハコ芸受難を思うなら「史跡からみる地域学」活動等を充実させエコ芸の幅を広げることにこそ使命と感じる日々を過ごしています。
当面は城館史料学メインで、まだ見ぬ「人間の家」を目指し今一度じっくりこれからの足腰を鍛える好機と思っています。
それに合わせるかのように、4月から休日は天候も良く大型連休もすっかり晴れ続きの様子。
天からもガンバレ!と応援していただいているようで実にうれしくあります。

ところで。4月から配属された先は地籍図・台帳等を扱い現地調査する稼業なのですが、実は城跡調査には古い地籍図や地名の確認は欠かせないのは案外知られていません。
そもそも私が修論の時は鞆の浦の現地調査で福山の法務局で大金はたいて古い地籍図をたくさん閲覧してコピーしたものです。
よって、こうした取扱いや法務局通いもまったく無縁なことではない(^^ゞ。もちろん、データが必要なときは学術調査で申請します。そのための身分保障が「学位」の学位たる所以。
今回の出会いは、もしや『城館調査ハンドブック』を読まれてたかもしれない、と思うくらいの奇遇だったわけです。

この機会を無駄にせず、しっかりと研究生活に活かしたいと思っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/24012753

休日、好天。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart