« 城郭跡を歩くこと。 | メイン | 伏見城跡について見学検討会あります。 »

2010年2月24日 (水)

荒神山城に登る。

今回、登ってきた美作荒神山城。
土塁と桝形虎口があるということなので、どれほどの改修を受けているのか確認してきました。
川中山王バス停から40分ほど歩いて荒神山集落に到着。そこから山道を通って城跡へ。
麓に熊野神社がある方の山、西側に似たような山があるけど間違えて登ってしまいやすいらしい。

荒神山城は、1994年の『中世城郭研究』第8号に掲載された池田誠氏の縄張り図があります。
池田さんは織豊系縄張りの影響を受けている点から天正10年代までの宇喜多方花房氏時代を想定しているようです。
最近の調査では『16世紀末全国城郭縄張図集成』には山下晃誉氏の縄張り図が掲載されています。
今回は、最近岡山で調査されている畑和良さん@落穂ひろいの縄張り図を参考にして登りました。

山頂は保存会の方によるものか下草や笹藪が伐採されておりとても見やすい環境にありました。
おかげで土塁や石垣などの遺構の確認がしやすく、大いに助かりました。
大ざっぱな印象を羅列するとこんなところ。
○山頂の主郭部は広く、北西隅に櫓台のような低い土塁囲みあり。東側に張り出してスロープ状に降りる虎口あり。
○主郭の周囲は帯曲輪。北西側と南側に広く北東側は斜面に近い形状。ここもスロープ状の虎口。
○主郭部東側の2段の曲輪の上の方の曲輪には石垣列があり、一段下がった方形状のものはおそらく櫓台。北東隅にも櫓台あり。
 2ヶ所の櫓台が下の曲輪を制するプランとなっている。
○南側の曲輪はよく登城記に写真がアップされる土塁が凸状に南半分を回る。
 折れは直角に近い状態に仕上げてあり横矢を意識したもの。斜面は切岸がかなりしっかりと造られている。
 尾根伝いに侵入されやすい南側尾根筋に向けて、かなり意識して橋頭堡状に横矢を効かせる縄張りとなっている。
○この曲輪には2ヶ所に虎口がある。ひとつは有名な内桝形虎口、もうひとつは北西側から金蔵の段に下りる虎口。
○南東側の内桝形虎口は石列が残る。土塁の突端にある櫓台が効果的な位置を占める。そこから下位曲輪にL字状の「腕」が伸びる。
○金蔵の段へ通じるルートは、途中、上位の曲輪から派生した削平地から伸びる土塁状の地形(切岸あり)から牽制される小曲輪を介する。
○金蔵の段は広い曲輪。東側がへこみ虎口となる。但し開口部が広く人工林があることから後世の手が加わっている可能性が考えられ、
 かなり評価に悩んだのでとりあえず保留。遺構とすると大手に相当する虎口となる。
○館と言われている北側の曲輪群の北端には2つの櫓台が下の曲輪をにらむ。直下の曲輪に土塁と虎口あり。
○石垣は部分部分にあったが、ほとんど見当たらない。全体的に切岸はかなりしっかりしている。

思いついただけで以上の通り。
予想では部分的に改修かな?と思っていましたが、実際には城域の全般にわたって要所を織豊系縄張り技術で改修している。
横矢や桝形虎口、櫓台などの配置には攻め手に対して効果的な防御を行おうとする一貫した意図が感じられました。
なので、ある時期に全体の縄張りを一気に改修した印象を強く受けました。
一方で、関ヶ原以後の大藩の支城にみられるようなコンパクトに縄張りを締めて主郭部を徹底的に改修する感じではなく、
虎口や土塁・櫓台を細かに配置して作り込んだ感じがするので、関ヶ原以前の豊臣大名の支城という印象を受けました。
そうなると、池田さんの説よりも下がって、宇喜多氏末期から小早川時代の城跡として指標になるのかなという印象。
文献史料では、城主の花房氏が文禄3年に宇喜多家中を退去して廃城ということですが、案外関ヶ原頃まで機能していたのではないかな?と思いました。
ボクは縄張りからそうみましたが、先行する乗岡実氏の表採瓦からの年代観とも重なっているようです。
いずれ他の事例と突き合わせて年代観を考える機会が持てればいいのですが。
その意味でも、荒神山城は、機会があれば何度かじっくりと調査してみたい興味深い事例でした。

写真で撮っても感じが伝わらないと思いますけど、こうした地形から城郭研究者という人たちは、曲輪の縁辺部や櫓台・土塁などの上端部と下端部を見分けて作図していくのです。

Rimg3460 Rimg3464Rimg3468 Rimg3486 Rimg3519 Rimg3540

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/23422089

荒神山城に登る。を参照しているブログ:

コメント

こんばんは。じょうだん会のやましたです。
土曜日の文化財調査報告会にはぜひ参加させていただきたいところなのですが、
あいにく所用のため行けそうにありません。
残念ですが、またお話をお聞かせください。

荒神山城は面白いですね。
備中から西美作でよく見られる連続竪堀がないのも示唆的です。
ところで、私も以前『16世紀末全国城郭縄張図集成』に図を出したことがあるのですが、
方位90度間違っておられないでしょうか?
余計なおせっかいだとは思いますが、ご確認ください。

やましたくん、ごぶさたです。
『16世紀末全国城郭縄張図集成』はくろけいさん企画のアレですよね。確認しておきます。

え?そうですか(..ゞアセ
池田さんの図をみて方角を書いたのですけど、確認して間違えたら修正します。
ありがとうございます。

8日は林野城へ行ってきます。

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart