« 荒神山城に登る。 | メイン | 大鳥井山遺跡。 »

2010年2月27日 (土)

伏見城跡について見学検討会あります。

5月29日土曜日に、大阪歴史学会の見学検討会で伏見城跡をとりあげるようです。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/historia/ 見学会等をクリック。

「伏見城研究の成果と課題」
10:00 近鉄京都線「桃山御陵前」駅改札前 集合(12:30まで)
   ※京阪「伏見桃山」駅より徒歩2分
→伏見城(治部少丸、キャッスルランド跡地、運動公園、北堀公園)、城下町(北側惣構、家臣団屋敷跡=丘陵西斜面)を見学
                

13:30〜17:00 検討会
会場:京都市呉竹文化センター(京阪・近鉄「丹波橋駅」西側徒歩1分)
アクセスはこちら[京都 市伏見区京町南7丁目 075(603)2463]
○報告
・中井 均氏(NPO城郭遺産による街づくり協議会)
 「伏見城と豊臣・徳川初期の城郭構造」
・福島克彦氏(大山崎町歴史資料館)
 「伏見城の機能とその破却について」
・丸川義広氏((財)京都市埋蔵文化財研究所)
 「伏見城の考古学的調査」
・森島康雄氏((財)京都府埋蔵文化財調査研究センター)
 「伏見城城下町の考古学的調査」
 コーディネート 仁木 宏氏(大阪市立大学)

この他、山田邦和、仁木宏両氏の誌上報告もあるそうです。

○趣旨は以下の通り。
伏見城については、これまで城下町研究はある程度、進められてきた。しかし、城郭については、主要部が宮内庁管轄地で自由な立ち入りが
できなかったため、実態はほとんど明らかにされてこなかった。
昨年、大阪歴史学会は他の学会と合同で、この宮内庁管轄地を見学する機会を得、貴重な知見を獲得した。今後は、城内・城外の研究を総
合的に進め、これまで十分に解明されていない伏見城の全体像にせまる必要がある。
本見学検討会は、そうした総合研究の第一歩として、城郭史、考古学などの立場から伏見城研究の現状を提示し、今後の課題を明らかにし
ようとするものである。


午前中10時から、現在みられる範囲の伏見城跡と城下町を見学するようです。
そして、午後から、下記の通り検討会を開くスケジュール。城郭研究では中井さんと福島さんが報告されます。

無料で事前予約不要、一般の方も歓迎とあります。興味深い内容ですのでぜひとも行けたらと思っていますが、行けるかな?
いろんな学会で代表な方々が陵墓内に入ったそうですが、比較的勝手な行動さえ慎めば自由にみせてもらえたそうで、
中井さんにはぜひとも写真スライドを希望。そして、どのような討論が引き出されるのか期待です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/23449711

伏見城跡について見学検討会あります。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart