« 院庄村絵図みてきました。 | メイン | 「院庄館・構城を考える」@津山市やります。 »

2010年1月31日 (日)

学び直し、進行中。

年末から1月まではあれこれ「学び直し」。
2月4日でひと区切りつけて(そこから台湾へ高飛び〜♫)から再び城跡調査再開しますが、
学び直しの過程でいろいろと基本的な面を再確認することができました。

その過程で副産物ではあるのですが、
中世史研究で行われる文献史料及び現地調査による総合調査成果に対して、山城、平地の城郭、居館・屋敷を組み込んだ
「総合資料学」を提案できないかと思い当たりました。
この関係の調査をアレコレ見るにつけて、山城、平地の城郭、居館・屋敷は位置情報としては抑えられてはいるのですが、
それらの形状や築城主体の考察を行い総合調査の中に組み入れるまでは活かされていない印象を受けます。
これは文献史学側が水利や田畑の様子、寺社など民衆の世界に関心が高く、城館などに相対的に関心が低いという理由がないわけではないのですが、
城郭研究をベースとする遺構論の側にとっても、それらの遺構をどのように資料活用できるかを具体的に提示できていないことも理由にあると思います。
それに関連して、近年、平地の城郭や居館・屋敷をどのように捉えるのかという議論が関西の城郭談話会を中心に活発なので、こちらは別の観点からアプローチして検討してみようと思った次第。
この辺をまとめて何回かに話できないかと妄想中です。

「地域資料として城郭・館跡を考える」ということで、去年の夏の裏セミナーの宿題も含めて考えていこうと思っています。
それに行き着いたのも、学び直しの成果のひとつ(^^ゞ
ちょうど1年前に、これまでやってきた縄張り研究の調査成果をまとめるに際して、隣接分野へ手を伸ばすためにといろいろ整理してきました。
足元の城郭研究の整理からはじめて、歴史考古学と日本史研究の基礎知識や関連文献の整理をやってきて、最後に残ったはモノ資料としての古文書の取扱い。
本職は縄張り屋のフィールドワーカーなので、史料の世界にあまり踏み込んでもミイラ取りがミイラになるので、ほどほどに。
近世文書はくずし字がひどいので一筋縄にはどうしようもないが、せめて中世文書ぐらいは簡単には目慣らしておこうと思う次第(^^ゞ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/23151841

学び直し、進行中。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart