« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

学び直し、進行中。

年末から1月まではあれこれ「学び直し」。
2月4日でひと区切りつけて(そこから台湾へ高飛び〜♫)から再び城跡調査再開しますが、
学び直しの過程でいろいろと基本的な面を再確認することができました。

その過程で副産物ではあるのですが、
中世史研究で行われる文献史料及び現地調査による総合調査成果に対して、山城、平地の城郭、居館・屋敷を組み込んだ
「総合資料学」を提案できないかと思い当たりました。
この関係の調査をアレコレ見るにつけて、山城、平地の城郭、居館・屋敷は位置情報としては抑えられてはいるのですが、
それらの形状や築城主体の考察を行い総合調査の中に組み入れるまでは活かされていない印象を受けます。
これは文献史学側が水利や田畑の様子、寺社など民衆の世界に関心が高く、城館などに相対的に関心が低いという理由がないわけではないのですが、
城郭研究をベースとする遺構論の側にとっても、それらの遺構をどのように資料活用できるかを具体的に提示できていないことも理由にあると思います。
それに関連して、近年、平地の城郭や居館・屋敷をどのように捉えるのかという議論が関西の城郭談話会を中心に活発なので、こちらは別の観点からアプローチして検討してみようと思った次第。
この辺をまとめて何回かに話できないかと妄想中です。

「地域資料として城郭・館跡を考える」ということで、去年の夏の裏セミナーの宿題も含めて考えていこうと思っています。
それに行き着いたのも、学び直しの成果のひとつ(^^ゞ
ちょうど1年前に、これまでやってきた縄張り研究の調査成果をまとめるに際して、隣接分野へ手を伸ばすためにといろいろ整理してきました。
足元の城郭研究の整理からはじめて、歴史考古学と日本史研究の基礎知識や関連文献の整理をやってきて、最後に残ったはモノ資料としての古文書の取扱い。
本職は縄張り屋のフィールドワーカーなので、史料の世界にあまり踏み込んでもミイラ取りがミイラになるので、ほどほどに。
近世文書はくずし字がひどいので一筋縄にはどうしようもないが、せめて中世文書ぐらいは簡単には目慣らしておこうと思う次第(^^ゞ

2010年1月12日 (火)

院庄村絵図みてきました。

11日は、M&Mさんに同行して津山市の津山郷土博物館での資料調査に参加してきました。
郷土博物館といっても、
昭和9年に落成した旧津山市庁舎を整備した本格的な市立博物館です。
昭和63年4月に開館したそうです。

越前系の高田藩松平家の忠直→光長の家督を引き継いだ宣冨から続いた津山藩松平家。
藩政史料をたくさん残しており、愛山にあった旧松平家倉庫に保管されており「愛山之印」が蔵書印だったことから「愛山文庫」と呼ばれています。
昭和34年に東京の松平邸にあった分と合わせて津山市に寄贈され、現在はこの郷土博物館に所蔵されています。
組織的に資料整理が進められ、藩政時代の分は「愛山文庫目録」として刊行されています。
元禄11年から廃藩置県まで書き続けられた国元日記など近世史研究者にとっては定点観測するのにもってこいな史料群のようです。
(それにしても岡山藩池田家、鳥取藩池田家、津山藩松平家とこの界隈の殿様はみんな膨大な藩政文書を地元に残されています。すごいものです。)

という、津山郷土博物館に行ってきたのですが、どちらかと言えば中世史研究者ですので今回は別の所蔵史料群から院庄村の絵図について拝見してきました。
絵図自体は院庄構城の発掘調査の現地説明会資料でも引用されているものです。
写真は掲載できませんが、天明2年の絵図で田畑を色分けしており院庄館(現在の作楽神社)や院庄構城があった辺りの近世の様子が
手に取るようにわかるいい絵図でした(サイズも大きくないので取扱いも少しは楽でした)。
現在は姫新線や国道が走るなど変化の激しい地域ですが、おおよその道筋や神社・祠の位置などがわかり収穫多しでした。

まもなく詳細をお知らせできると思いますが、3月上旬に津山市教委のご好意で同行させてもらったメンバーで院庄館と院庄構城について報告会を開く予定です。
場所は津山市内です。私は城郭史の立場から報告する予定です。
美作国に分布する「構」と呼ばれる土塁囲みの平城が分布する地域的特徴から院庄館と構城をみようという内容。。

美作国は中世から織豊期・近世初頭の研究には非常に興味深いフィールド。
何度か通って城郭跡もあり、それぞれ保存会もしっかりしているので、九州で培ったものを持っていって少しはお役に立てればと思っています。
福岡平野方面の「書き直し」と美作国の城郭。筑前と美作から毛利氏領国を挟み撃ちする予定です(^^ゞ

2010年1月 4日 (月)

年末年始に読んだもの、生涯学習な話し。

年末年始は社会科のおさらいをしようといくつか書籍を仕入れてみた。
ひょんなことから、歴史系の家業をしている割には案外「社会科」系がおろそかになっているなと思ったのでまとまった時間に実家で読んでみることにした。
じぶんの専門とする時代はよいのだが、案外、日本史や世界史の他の時代の「基礎的」なことや社会科学的な知識、哲学倫理的な基礎知識が抜けているもんだなと気付いた次第。
さすがに高校時代のような暗記力は抜けてしまっているので、せめて思い出した際に確認できる図書を仕入れておこうというわけだ。

で、日本史。
最近の「歴史ブーム」もあり、いろいろと教科書のリフォームや概説書が出ているけどさすがにイマイチなので買わない。
ジュンク堂に行って、山川出版社の『詳説日本史研究』のペーパーバック版を仕入れてみた。2500円なり。
大学受験に必須とあったがかなりのボリューム(^^ゞ。出版社的には参考書という扱いのようだ。
も一度読むもあったが文字が大きくて一般書みたいなキレイなレイアウトだったので「バツ」。あれなら高校教科書の方がまだよい。

『詳説日本史研究』は教科書のような詰め込み方。他の体系とかは論文調なのに対して、あくまでも教科書調で事項を細かく概説する。
図版もなかなか。先史時代から古代・中世・近世・近現代まで把握でき、これはなかなか満足なものでした。
参考書扱いなので専門書というべきか悩ましいが、とりあえず何かの折に見直す時には足がかりになるものでした。

ついでに世界史。
こちらも
いろいろと教科書のリフォームや概説書が出ているけどさすがにイマイチなので買わなかった。
これも教科書で十分じゃないかと思ってしまう。
書店には見当たらなかったが
『詳説世界史研究』というのがあるみたいなので、何かの折に中身を見てから仕入れるか考えてみよう。
とりあえず今回は保留。→追記:買いました。内容はひたすら詰め込み型なんですけど地図も図版もキレイでかなりウハウハ。

そして、政経・倫理。
これだけ政治や経済や社会問題に注目が集まっているのに、個別専門書は多かれども一般的に概説書が読まれない不思議な分野。
みなさん、歴史もいいけど、政治・経済、哲学倫理の基礎を概説本で読んでから新聞とかみた方がリテラシー的によいと思う次第。
日本史や世界史はどちらか選択でもいいから、市民社会の後継者を育てるには、政治・経済や哲学倫理は必修の方がいいと思う。
そこで、書店でみてみたら、やはり哲学や政治、経済では、専門書が個別化しすぎて見当たらない。
仕方ないので参考書のところを行ってみると。。。
文英堂の『理解しやすい政治・経済』ってのがあった。
いわゆるΣベスト。。をを、懐かしい。数学シリーズではかなりお世話になった。
帯をみると、あの佐藤優氏推薦とある!!(^^ゞ。
確かに開いてみると、基本的なことが背中にかゆいところに届くかのように丁寧に書かれている。
たしかに推薦するだけのことはある。これを読んで某幹事長の豪腕ぶりの矛先もみえてきそうな感じである。
なので、仕入れてみた。1890円なり。
当たり前だが参考書なので、専門的なことよりもどういう仕組みかという概説が淡々と整理されている。
特定の専門領域に踏み込む前に基礎的な仕組みを抑えておくには、とりあえず一般人的に座右の書にしてはよいのかもしれない。
会社的には、一般人にも読んでほしいというメッセージのようだが、さすがに大学受験参考書コーナーには来ないのではないか。。。と思う。

でも、コスト的にもこれはオススメと思う。
ついでに、『理解しやすい倫理』も開いてみて、たぶんソフィーの伝言や知の教科書よりコッチを抑えた方がよいと思った(^^ゞ。ので、購入(^^ゞ。こちらも1890円とリーズナブルなのでオススメかも。
ちなみに政経でも山川出版社は『詳説政治経済研究』なるものを出していた。2500円なり、さすがである。
悩んだけど専門までしないので文英堂で済ませた。

011010 030270 Cover1 Cover

050220








ということで、これらの書籍を開きながら年越しをしたのでありました。
いやー。なかなか灯台下暗しで面白かったですよ。
歴史系でちょっと物足りない方で論文調はキツイという方は、詳説シリーズはチラチラ読みにはよいと思います。
あと、案外文英堂のΣベストは文系でもあるんだ!!というのは収穫でした。
いずれも専門書コーナーではなく、参考書コーナーの中に置かれているので要注意。この手はもっと売り方考えれば一般書でもイケると思うけどなあ。

ちなみにどちらの出版社のまわしものではないのであしからず。いや、それはダメ、こちらがよいと言うのがあればご教示下さい(._.)オジギ。

とりあえず今回は社会科系でしたが、自分的には、物理や化学、数学系の理系分野も教科書にΣベストの参考書まで抑えてみるとかなり面白いと思っている。
数字や数式、記号で宇宙からミクロの世界まで表現しようと言う人間の試みは、文字で表現しようとする世界と同じくらい、いやそれ以上に面白い。
数式をおいかけたりグラフにしたり。。。これをプログラミングすれば情報科学の世界ですからね。
子ども騙しな「理系離れ」引き留め科学実験イベントより、数字を扱って世界観を語る方がはるかに大事じゃないのかな。


ということで、みなさん。
生涯学習はえらいひとの話を聴く座学よりも、高校生までの学問体系を蛍雪の中「学び直し」しましょう!

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年。

あけましておめでとうございます!

本年もかわらぬご愛顧賜りますよう、よろしくおねがいします!

平成庚寅年 元旦。

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart