« 髙山右近展で髙山重清の史料に出会う。 | メイン | 積ん読。 »

2009年12月21日 (月)

岡藩の中川氏老職4兄弟。

今年の〆の長文をつれつれ書いてみたが、年末にとっておくことにした。

さて、最近調べているのが中川氏のこと。北村清士『中川史料集』とその改訂版の市教委版『中川氏御年譜』、
それに「金城秘鑑」や「不染斎随筆」を部分的に補いながら編纂史料であれこれ調べている。
豊後岡藩も調べられるが案外摂津の国衆も調べることが出来て二刀流ができる。
原文書では神戸大学中川家文書はウェブでも公開されて(豊後岡藩中川家文書は一般には閲覧が難しい)便利。
でも、かゆいところまで届かせるには、編纂史料は現地歩きや絵図類と重ねて使い方次第で重宝できる。

今のテーマは、3代藩主中川久清のこと。彼が自分の子どもたち4人を老職(家老のこと)にした経過について。
久清が長男の久恒に藩主を譲り、自分の隠居屋鋪として熊田と戸伏の屋鋪を立ち退かせて築いたのが西ノ丸の始まり。
その久清が自分の子どもの内、成長した男子4人に知行と屋敷を与えることにし、没後に自らの隠居領を分割するよう遺言したようだ。
4人の子どもは、中川求馬久豊、中川図書久和、中川右近久旨、中川主馬久周。天和2年に老職となった。
久豊が2000石、久和1500石、久旨1500石、久周1300石。これは久清の隠居領から出たと思われる。
ということは、藩主の蔵入地がそれだけ減ったということになる。この内、図書久和が久恒とウマがあったのか実力者になったらしい。

蔵入地から切り出すカタチで、彼ら4人が岡藩でははじめて中川氏直系の老職となった。
元々、中川氏の家老は田近・古田・熊田・戸伏。この内、熊田氏は勘気を被り脱落。残りの三家が非中川氏系の元々の老職。
これに対して、久恒の代に立った中川老職四家。いきなり倍増で多数派形成という案配である。
しかし四家は早世が多くて結局、右近久旨の系統(中川右近家とでも言えるか)と主馬久周の系統(中川主馬家か)のニ家に統合されることとなった。
蔵入地から割いたこともあり享保・延享頃は断絶したままという場合もあったりしている。

右近家の久休が図書家を相続した中川右近家(1750石)とでも言える系統が幕末まで続いた家のひとつ。
城内西ノ丸横の「民部屋敷」と現在の呼び名になっている場所に屋敷を構えている。
右近家は久旨からこの屋敷を拝領している。その前は久清の娘兼姫の婿になった田近喜八郎良武(田近氏の有力分家)の屋敷。
久旨の代から居るので「中川右近屋敷」とでも呼べば良いのかも知れない。

もうひとつ、主馬家の久屋が求馬家を相続した中川主馬家とでも言える系統がふたつめ。
こちらは3000石とNo.2の地位を保った。
主馬家は城外上角の現在はそうぞうの丘と呼ばれる丘に屋敷を構えた。
これは西ノ丸に居た求馬家の中川氏が上角に移転した屋敷を主馬家が後に相続したものらしい。
幕末に勤王の藩士を支援した中川土佐を輩出した老職の家です。

かなりレアなネタだけど、抑えておくと良いです。2つの屋敷跡(ひとつは城内、ひとつは城外)は何もないけど現在でも訪れることが出来ます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/22689717

岡藩の中川氏老職4兄弟。を参照しているブログ:

コメント

すいません。地方史にしか投稿できない能力しかなくて、すいません。
でも、就職したてのころ、一般職でも研究を頑張れ、大分には『大分県地方史』という良い雑誌があるからそこに投稿してみてはどうかと言われた時は大変嬉しく、かつ頼もしく思えました。また、実際に中西さんが地方史研究誌で基礎的事実を明らかにして、それを元にしっかりした論考を組み立てる姿勢を見てこれだ、とも思いました。今でも頑張れているのは中西さんのお言葉のお陰と思っています。
組織の中でいろいろ苦しい思いをされているようですが、自分を見失わないようご自愛ください。
自分も査読を通るような論考が書けるように精進していきたいと思います。頭は悪いけれども。
いりえ

こんにちは。
そんなことないですよ、あの論文は大分県レベルではもったいない、じゅうぶん他でも勝負できると思います。
せっかくいい史料にあたっているのでうまく掘り出していい論文に仕上げて下さい。そうしないとあの史料群がうかばれません。
あのメンツでは、関西でもまれてきたあなた以外にあれを活用できる人はいないでしょう。他はただ字面を追っかけてこんなことがあったとは書けても、論は組めないでしょう。
だいたい、日本史研究会にも顔を出さないのだから始まらないです。
近いところではあなた以外には期待できそうもないので、他に遠慮なく関西仕込みで論文をまとめて、こういうものが論文だと言うのをみせてあげてください。

さて、
城郭の研究する人にはいわゆる専門職にいる人はほとんどいませんので、研究することと、専門的な仕事をすることは別物と思っています。
どちらの経験もしてきた身としては、専門的なポジションに居ないとモチベーションの維持が難しい。それだけがポイントと思っています。私の研究は、自然史などと同じで机の上では成り立たないので、現場で調査できること。常にそれを基準においています。
この10年間は可能な限り経験を得ることを目的にしてきました。そろそろ絞り込んで自分のやることに専念するようにしています。

私の近くには優秀なアカデミシャンたちが集うラピュタができるようです。机上の空論はラピュタの住人にお任せして、私は地に足を付けて仲間たちと研究を進めていこうと思います。

あなたはラピュタで居ますか?
それとも地に足をつけて学ぶ道をとられますか?

突然かつ不躾な書き込みにレスありがとうございます。
歴史的事実すら十分に実証する力が不足している僕はまだまだ地道に力を蓄えて行こう(そしてこれからもずっと)と思っています。そうでないとすぐに裸の王様になってしまうと思っていますので。
ただ、今は文字資料を追うだけですが、いつかは芸風を広げて中西さんのようにフィールドにある多種多様な資料を取り扱えるようになりたいと思います。不器用かつ出不精ですが。

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart