« 16日もまたCREAMでトーク。 | メイン | さあ、走れ! »

2009年11月17日 (火)

近代建築史の玉手箱、横浜。

横浜を黄金町から伊勢佐木モール、馬車道、海岸通まで歩きました。

馬車道から先は、古典からレトロ、モダン、帝冠、昭和のビルディング、コンテンポラリーな建築まで、
日本の近代建築史がぎっちりつまった空間とは思いませんでした。
明治村なんて比じゃない。しかもかなり現役率高し。
なんで、これを建築系の方々は「まるごと建築博物館」と標榜しないんだろう?
もっとも、横浜でもブイブイ言わしている建築計画学や建築家、評論な方々にとって、
コンセプトやロジックに都合の悪い歴史的事実を文脈から引っ張り出すような
建築系痕跡拾いの化石な建築史さんは相性が悪い。。。。みたいですのでさもありなんですが。。。


とにかくすごいわ。。。近・現代建築の玉手箱です。
ということは、スクラップ&ビルドな亜州型都市がほとんどの我が国では、
欧州都市型のストラクチャーを維持しながら中身をリノベーションしていくことが可能な希有な都市。
実際、いくつかはリノベーションされているのですが、関心が薄い昭和期のビルディングなどは解体されてもおかしくない可能性があります。
日頃、「欧州では」を紹介している建築評論家や建築計画屋さんは、横浜こそ「欧州型のお手本だ」と言ってストラクチャーを継承させないと欧州型都市にはなれないゾ(^^ゞ

こんな都市は日本中に他にないです。
それでいて、地区毎に様々な歴史的背景が折り重なり、さまざまなコミュニティが雑居する下町や歓楽街的世界、
一見すると普通の市街地にみえるが気が抜けないような亜州的雰囲気もぷんぷん、
そして相模的なローカリティーも色濃く残る国際都市というのもなかなかないです。

歴史的文脈が十重二十重に重なっていて、建築を取り巻く要素が一筋縄では行かないところが化石な歴史系建築史さんには興味深いです。
下手な建築計画やリノベをかましたら火傷するでしょう。



で、それでもファサードだけでも半分すら観てない。
こんなに楽しいとは思わなかった。次回は2泊してもっと歩こう。

Rimg2697 Rimg2671

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/22336001

近代建築史の玉手箱、横浜。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart