« 13日はヨコハマ国際映像祭でライブしました。 | メイン | 16日もまたCREAMでトーク。 »

2009年11月15日 (日)

AAF2009報告会に行きました。

AAF2009の報告会、無事終了。
2月や6月と異なり勝手がわかってきたのでずいぶんとリラックスしてやれたと思います。
13日に新港ピアで城郭研究について語ることでアートの場所でのコラボ体験でき、立ち位置もうすうす掴めたことも大きいかも。
ただ、早口になるのはどうにかしないといけません(ノ_<)。
大いなる反省点。

アートの世界を知る、本当にいい勉強になりました。
アートから歴史的な環境や分野に関与するプログラムが幾つかあるのに対して、
歴史で行われている文脈を読み解く視点は重要なのに、その歴史分野からアートの分野に入り込む機会はほとんどありません。
そんな中で、入り込む機会を与えて下さったAAFのジャンルを超えた寛容さには感謝する次第です。
何に関心があり議論が重ねられるのか、その最前線で活動されている方々にお会いしその活動や議論の一端に関われたことは大きな収穫です。
一度、この経験を持ち帰ってフィードバックさせた上で、歴史からアートの分野に入り込むプランを準備して提出できればと思います。

などと思いつつ、目の前の議論を聴きながら、歴史系の目線であれこれ考えていました。
日頃、仕事で取り扱う田能村竹田や直入などの前近代の文人芸術を今の美術や画家の概念で説明が難しいという経験を踏まえて、
現在のアーティストとアートプログラム、地域の受入れる人々との関わりについての興味深いやりとりを聴きながら、
近代に「美術」が確立される歴史的経過と代わりに切り捨てられた江戸期までの廻国した芸人(画人・文芸者・芸能者などなど)の軌跡、
そして、彼らを受入れた「地域」で生活を営む町や村落の知識人・富裕層の関わりから生まれた多彩な芸術表現やアクションに思いを馳せつつ、
いろいろと刺激を受けてあらためて連想するものが多々ありました。
ただ、今回はスタンスの差異をみることが第一義と思っていたので、事実確認的なつっこみは意味がないので自粛。
今回思うところを整理しながら、何らかの機会で開陳できればと思います。

写真は昼休憩にふらりと歩いた墨田区界隈。こちらこそ水都なり(^^ゞ。かつては江府と呼ばれた都市ならでは。(^^ゞ

Rimg2569

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/22316517

AAF2009報告会に行きました。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart