« 豊後佐伯城を見ずして近世城郭の石垣を語る事なかれ。 | メイン | 小早川家文書と秀吉。 »

2009年10月10日 (土)

城跡を調査する季節。

あれこれと見積もりなき「気持ち」に対応していたら、当初の予算計画はどこかへ行ってしまいすっかり軍資金が底をついてしまった。
これ以上引っ張っても出費とリスクが増えるだけなので、断腸の思いで事業を取りやめて清算。

得難い経験といろいろ学べた「授業料」と考えるようにしていますが、これだけあれば、MacBook Pro&iPhoneへの買い替え(実際PB永眠したし)とか、絵図集・史料集(毛利・島津&戦国遺文とか群書類従正編・続編が買えるくらい)揃えて研究環境整えられたのになあ。。。としばし凹む。
まあ、また働いて取り戻せばいいかと言い聞かせるが、何とも笑えない実験結果でした。

気を取り直して、そろそろいただいた博士号仮免を磨くべく、本格的に論文づくりのために机の上ならぬ山籠りへ。
学位論文づくりで止まっていた調査も再開です。
幸いなことに今年は秋の入りが早く調査にはいいコンディション。
連休は最終日に秋月。秋月氏の荒平城をみてくる予定です。天気が良ければ、畝状空堀群を書き漏らしている高祖城と、谷あいの平坦地が気になる安楽平城、それから空堀をひとつ書き漏らしている岩門城の再調査と続きます。
来週末はヨメさんのもとに帰省して津山で戦国期城郭の調査資料の確認に行ってきます。
こちらは春にいくつか下見して以来の再開。ちょっとした大仕事で楽しみ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/21920323

城跡を調査する季節。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart