« 出雲街道沿いの津山城西界隈。 | メイン | さあ、秋です。 »

2009年9月28日 (月)

ヒストリア別冊届く。

研究会の見直し作業の一環として、大分県地方史研究会を退会して大阪歴史学会に入会しました。
考古系があるのともう少し関西方面にアクセスを広げたいと思ったからですが、様子を見てから他の九州系の研究会参加も暫時縮小しようと思っています。

さっそく、
ヒストリア別冊の『大坂城再築と東六甲の石切丁場』が送られてきました。
ほしかった冊子がきてワーイ(・o・)。

内容としては、各地の調査事例などが掲載されたもので突っ込んだ考察までないように思えたのが印象的でした。
ひとつの城の普請を各大名に振り分けて実施することの意味とか、その際にどういった現場が生まれたのかを遺構・遺物から評価するのが重要ではないかと。事例の収集がまず先に必要であり突っ込んだ考察は後からとしても何らかの見通しがないと個別事例の集積でしかなくなるような気がしました。
こうした天下普請の築城ではかなりな労力と投資がかかっているわけですが、今さら「西国大名の弱体化」なんて俗説は放置しておいて、こうした諸大名を動員する協働作業の歴史的位置づけや当時の社会にどのような影響を与えたか、こうした作業を可能にした経済状態とは?などなど、さまざまな課題を念頭において遺構分析ができないかな?という問題意識で基本的なところを学ぶべく拝読させていただきました。

岡城の石垣を積み上げた中川家もけっこう参加している大坂城の天下普請。大分県の枠組みでは全く拾えない領域について、関西方面の研究動向から照射するよう心がけたいものです。とりあえず、大阪歴史学会に移ったメリットは十分に感じました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/21763227

ヒストリア別冊届く。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart