« 盆休み | メイン | 学芸的な段取り作業の日。 »

2009年8月25日 (火)

ささやかながらお祝いしていただきました。

学位をいただいたので、近しいみなさんにご報告。直接業務とは関係なかったのですが、一応資格取得なので職場の担当係にもご報告。
あちこちから、お祝いのコトバをいただきました。ありがとうございます!

また、恐縮なことで25日には岡の里事業のみなさんからお祝いの席を設けていただきました。
というか、ボクを肴にみんなで飲み食いして語り合う場ができました。
今回の学位取得には岡の里のみなさんと観光協会系、竹田研究所系、まちづくりの方々に大きなお世話になりました。
何の血縁・地縁もないヨソ者のボクにとって、竹田での人脈は観光系が主なものです。
これまで親切にしていただいた方にご報告し、ありがたいことに一席設けて下さいました。

ここ10年以上、心がけたのはヤカタに依存しないこと。常に在野に居ることを信条としました。
なぜって、ボクの研究スタイルは野外に出ないと始まらないから。はじめからスタイルとしては合わない仕事でした。ただ、中に留まらず外へ出てフィールドをみる手法は学芸としては大きな武器でした。縛りがゆるかったことも大きかったかもしれません。
しかしながら、机上で古文書を開くと仕事として認識される「デスクワークと施設管理」な感覚とははじめから合わないものでした。
ヤカタを整備すればするほど自分の首が絞まるめでたい構図となりました。歴史的景観と結びつけるエコミュージアムもこの感覚では「中のことをしないヤツ」という評価になります(下手したら学位取ったことでもやり玉にあげられるやも?)。実際、ローカルな施設の大部分が歴史・考古系で、自然史などのフィールド系が少ないのも全部ヤカタに居ながら作業することを求められるからです。

そんなフィールド系人文研究者なわたしを支援して下さったのは観光系・研究所系の方々でした。在野系研究者として仕事外の貴重な時間を積み立てて学位取得できたのもみなさんのたまものでした。例えば、城郭の縄張り図などたくさんの図面を作成し精度の高いコピーできたのもご支援あってのこと。キンコーズもないコンビニコピーのみの田舎でこれは助かりました。
本当に、ご支援とご理解の場をいただいた関係者各位には感謝の気持ちです。

惜しむらくは、ご支援とご理解いただき活動の場を提供して下さっているにも関わらず、ご厚意に報いることができずじまいでした。
申し訳ない次第で、いずれ何らかのかたちでお返ししたいと思う今日この頃です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/21323807

ささやかながらお祝いしていただきました。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart