« さすがは、旧帝大。 | メイン | 第26回全国城郭研究者セミナーに行ってきました! »

2009年7月29日 (水)

業務連絡。

7月30日の夜からしばらく竹田にはいません。全国城郭研究者セミナーに参加するため関東方面にでかけてきます(・ω・)ノ
帰ってくるのは4日です。

それまで音信不通です。それではまた!


追記:ということで4日に帰ってきました(・ω・)ノ 

水戸城と、躑躅ヶ崎城(これからは絶対に居館とは言わないゾ)&甲府城をみれたのは大きな収穫。とあれ、今回は途中から梅雨明けで急に夏らしくなったのでひどく疲れました。懇親会は体調が急に悪くなり2次会をあきらめました。

セミナーは毎年のように「1年一度の城郭研究者が集う」夏まつりで楽しいのですが、今回のシンポジウムは肩透かしでした。そもそも、今回のテーマは、これまで帝京大山梨文化財研究所による武田氏系城郭を問うシンポからはじまり、杉山城発掘成果に至る一連の大名系城郭への「見直し」議論、そして去年の再び山梨での城郭の年代観を問うシンポまで、一連の文献史学&歴史考古学のコラボによる問題提起が成されてきたことを受けて「大名系城郭を問う」としたはず。そうしたテーマを掲げながら、城郭跡からみた文献史学・歴史考古学サイドへ向けて新たな切り口や論点の整理がなかったのは残念なことでした。

その意味でもひどく疲れた内容でした(^^ゞ(^^ゞ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/20775203

業務連絡。を参照しているブログ:

コメント

初めまして。日頃、興味深く拝読させて頂いております。セミナーいかがでしたか。不参加でしたので会場の雰囲気などお知らせ頂けましたら幸いです。

ありがとうございます!
残念ながらシンポジウムはテーマと必ずしも直結した展開にはなりませんでした。関西の側は城郭と寺院の関わりや地域の城館を分布論でみた上で拾いきれない事例をどう評価するかなどのこれまでの研究動向を踏まえての一応の回答を出した一方で、これまでいろいろと問題提起を仕掛けられてきた関東の側が、自在に仕切れたシンポにも関わらず自ら掲げた「大名系城郭を問う」ことに対して仕込みも準備も不十分なまま出陣し、何ら回答を出せないまま時間を費やしてお開きとなった点に不満とふがいなさを感じました。

どちらかというと、懇親会などで最前線で居る城郭研究者でやりとりされる中に交じって、これまでの問題点や現状認識を聴く方が「大名系城郭を問う」ことで勉強になりました。
ある意味、現状を反映している感じで、ひとりの城郭研究者としてよく考える努力をしないとと自戒をこめて痛感した次第でした。

ご報告ありがとうございましたm(_ _)m
でもとてもビックリしました。以前よりブログで、大名系城郭論批判に対して嘲笑のような批判を浴びせていたのに、現状確認するとどうして自戒がまとめになるのですか?御心境の変化の、具体的なところを伺いたいです。

あ、すみません。誤解を与える書き方でしたね。
大名系城郭論批判に対してセミナーで何らかの切り返しや問題提起があるかと思ったのですが、肝心の中城研の方が何も問う材料を用意していなかったのでこれではダメだと思った次第です。

これまで一連の「大名系城郭論批判」は、関東の文献史学と歴史考古学のコラボですが、批判そのものは瀬戸美濃編年に安易に乗って年代を古くしただけですのでそんなたいしたものではありません。縄張り論からすれば文書や遺物で何といおうが後北条氏段階の技術だと言えば済むことを直球勝負さえできない中城研の姿勢に、あの程度で腰が引けたりするようではいけない、とあらためて再確認した次第です。
別の機会があれば今の流れを整理してしっかり練った「大名系城郭を問う」をやりたいと思いました。

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart