« まちがアートに嫉妬する。 | メイン | アートと歴史の出会うまち「テラマチあります」チラシあがってきました! »

2009年6月16日 (火)

ハシゴする「混浴温泉世界」

クロージングの翌日、山出さんはフランスに出張だそうで、コチラをみてみるとえらい人たちとえらい場所で一緒に討議してます。竹田のようなちっぽけな世界で居る身としては想像するだけで気が遠くなりそうな世界。。。でも、一大プログラムを終えてすぐにこういう展開をするNPOが近くにあるって、本当にラッキーなこと(竹田に居て熊本と別府に近いっていいことだ)。

さて、思いっきり自己流な混浴温泉世界の感想をつづっていきましょう。
一番最初に思い当たったことは、「わくわく混浴アパートメント」(&松原公園)と「タワーナイト」(&パルコなど)は、それぞれ別々だけど、この2つはすばらしい組み合せだったのでは。ということ。。。タワーナイトそのものは関連イベントの位置付けのようでしたけど、後半のあの場所での展開はなかなかのもの(1回は行ったけどあと2回はみれず)だったし。おそらくアパートメントだけだと「ちょっと生活感がみえる共同制作の場」にみえたかもしれない(個人的にはアパートメントというスタイルを借りたオープンスタジオのような気がしましたが)。タワーナイトだけだとちょっとしたクラブイベントにみえたかもしれない。でも、タワーナイトにわくわくと(たぶん、ベップダンスの参加メンバーも)が重なり合うことでひどくおもしろさが倍増しました。

それは、本体の混浴温泉世界でも、アートゲートクルーズとベップダンス、ベップオンガクがやはりそれぞれ別々なんだけど、組み合せて観るとその日がとてもハッピーですばらしかったのと似ている。
これも、おそらくそれぞれ単品だったら、そこそこ出来の良い地方都市では珍しいプログラムという印象かもしんない。温泉地、別府市も再発見できたし来て良かったよねという感じかもしれない。でも、2つ3つ組み合せて楽しむことで別府のロケーションと相乗効果でバイバインにおもしろさが増していった。

おそらく、複数の世界(温泉?)をハシゴすることが混浴温泉世界の醍醐味だったんじゃないのかな?と思います。
単品では、アートゲートクルーズやわくわく混浴アパートメントは美術館じゃないロケーションの展覧会に映るかも知れない。しかしながら、それを観てまわるだけでは、男山を登ったことにはならないとか思ったりしました。複数のプログラムをハシゴして観たり体験したりすることが混浴の歩き方だったように思います。
個人的には、残念ながらベップダンスとベップオンガク(ミナトもアサミも(;_;))は行けてないプログラムが多くありまして、それだけが心残りです。というか全部はいけないわな(^^ゞ。

その中で、いろんなコンヨクの中で印象深かったのは、ベップダンスのオープンルーム、そして、わくわくなタワーナイト。よくよく考えればどちらも自分が体を動かしたものじゃないか(^^ゞ。

このあとに3回ほど通った混浴の感想をつづっていきますね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/20211733

ハシゴする「混浴温泉世界」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart