« 神楽尾城をみてきました。 | メイン | 米子城遠征してきました。 »

2009年4月29日 (水)

院庄構城もみてきました。

さらに、M&Mさんに案内いただき、夕暮れに姫新線の走る院庄構城跡をみてきました。
吉井川の旧河床が地割に残る院庄館(作楽神社)から少し南側の田圃になっている辺りです。
Mさんからいただいた津山市教委のトレンチによる遺構確認調査の現地説明会資料をもとにウロウロ。

姫新線建設の際に土取りがされたそうですので、かなりわかりにくい。主郭部とされる範囲が高まりとなっています。田圃の地割などから創造する他ありません。
何とか追いながら確認してみますと、印象としては四方を水堀で囲まれた平地居館。南東部の一角の宅地となっている出っ張りな区画が気になるところ。それが出入り口と見立てると、馬出し状の曲輪が東西に並んでいたのかな?という感じ。東側の区画には寛永年間までお茶屋として残っていたと言うことなので第2郭として機能していたかもしれません。
また、現在出雲街道が走る南側にも1区画くらいあったかなという感じです。
残念ながらそれ以上のことは分かりません。

森忠政が当初に入部して築城を試みたとされますが、関ヶ原以降に入部した一国大名の居城としては貧弱な感じです。当初には津山築城は想定していなかったとするならば、吉井川の氾濫原なところにどういった規模の縄張りを展開しようとしたのでしょう。
あえて想像をたくましくするならば八木城から移った丹波篠山城のようなものか。吉井川の流れを取り込んで氾濫原を造成して巨大な横堀と馬出しで構成された平城を考えていたのでしょう。どこまで広がったものか地割の検討からではどこまでわかるか心もとない限り。

本当ならば入部したら神楽尾城や荒神山城辺りを改修するのがセオリーと思えますがその辺の森家の事情はよくわかりません。
規模からみると、構城築城はかなり当初の段階であっさりと断念されたのかもしれません。この辺はもう少し精査してみるのもありかな。

ここの立地でひとつ気になったのは吉井川の対岸に佐良山城がみえること。池田誠さんの縄張り図では単郭に近いプランながらテクニカルな縄張りを持つ城郭。詰の役割でも果たしたのでしょうか。ここも確認する必要がありますね。
いずれにしても、ここを断念して津山城を築いたおかげでここに大きな近世城郭が残ることになったわけです。院庄構城で展開していたらかなり広いまちが展開したと思われますが、城跡はどうなっていたでしょうね。

P1160202 P1160209

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/19694613

院庄構城もみてきました。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart