« 2009年3月 | メイン | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

院庄構城もみてきました。

さらに、M&Mさんに案内いただき、夕暮れに姫新線の走る院庄構城跡をみてきました。
吉井川の旧河床が地割に残る院庄館(作楽神社)から少し南側の田圃になっている辺りです。
Mさんからいただいた津山市教委のトレンチによる遺構確認調査の現地説明会資料をもとにウロウロ。

姫新線建設の際に土取りがされたそうですので、かなりわかりにくい。主郭部とされる範囲が高まりとなっています。田圃の地割などから創造する他ありません。
何とか追いながら確認してみますと、印象としては四方を水堀で囲まれた平地居館。南東部の一角の宅地となっている出っ張りな区画が気になるところ。それが出入り口と見立てると、馬出し状の曲輪が東西に並んでいたのかな?という感じ。東側の区画には寛永年間までお茶屋として残っていたと言うことなので第2郭として機能していたかもしれません。
また、現在出雲街道が走る南側にも1区画くらいあったかなという感じです。
残念ながらそれ以上のことは分かりません。

森忠政が当初に入部して築城を試みたとされますが、関ヶ原以降に入部した一国大名の居城としては貧弱な感じです。当初には津山築城は想定していなかったとするならば、吉井川の氾濫原なところにどういった規模の縄張りを展開しようとしたのでしょう。
あえて想像をたくましくするならば八木城から移った丹波篠山城のようなものか。吉井川の流れを取り込んで氾濫原を造成して巨大な横堀と馬出しで構成された平城を考えていたのでしょう。どこまで広がったものか地割の検討からではどこまでわかるか心もとない限り。

本当ならば入部したら神楽尾城や荒神山城辺りを改修するのがセオリーと思えますがその辺の森家の事情はよくわかりません。
規模からみると、構城築城はかなり当初の段階であっさりと断念されたのかもしれません。この辺はもう少し精査してみるのもありかな。

ここの立地でひとつ気になったのは吉井川の対岸に佐良山城がみえること。池田誠さんの縄張り図では単郭に近いプランながらテクニカルな縄張りを持つ城郭。詰の役割でも果たしたのでしょうか。ここも確認する必要がありますね。
いずれにしても、ここを断念して津山城を築いたおかげでここに大きな近世城郭が残ることになったわけです。院庄構城で展開していたらかなり広いまちが展開したと思われますが、城跡はどうなっていたでしょうね。

P1160202 P1160209

神楽尾城をみてきました。

29日は、さらに午後から分かれてM&Mさんと共に津山市上田邑の神楽尾城跡をみてきました。
美作の国府や総社があったとされる津山市街西部の背後、神楽尾公園からさらにもうひとつ奥の山にお城があります。
車を神楽尾公園に停めるとさらにそこからしばらく里道を歩くことになります。

神楽尾城は、主郭から南端のピークまで曲輪を並べる医王山城と異なり、主郭部とそれに連なる曲輪群が集まる主要部と「泥田堀」とする谷を挟んで対岸に東側にもうひとつの曲輪群(別郭)が並列しています。
もちろん主要部が規模では抜きん出ていますが、複数の山地を駐屯軍が占めるような広域拠点的な雰囲気を持ちます。国衆規模の居城とは思えない規模でした。

ここは医王山城とは異なり、織豊系城郭の特徴はまったくありませんでした。既存の図の虎口とされるものはダメでした。畝状空堀群や土塁を配した典型的な戦国期城郭です。
たぶんに毛利氏段階の拠点城郭として機能したのでしょう。美作に進出した駐屯軍が入り、周囲の毛利方勢力が籠城したものでしょう。
文献では大籠城戦をした医王山城と異なり、こちらはあっさりと落城したとありますが、遺構の機能としてはこちらの方が広域作戦の軍事拠点といった印象を受けます。

全体として公園整備されておりみやすい城跡です。
山頂の周りにある曲輪は土塁が縁辺部を固めるものがいくつかありました。これは毛利氏などの戦国期の築城主体がたどりついた曲輪防禦のあり方を示しています。どこかに開口部をつけて虎口としない辺りがやはり戦国期の縄張りです。
先端の畝状空堀群は比較的大きなものでした。

泥田堀は土橋状のもので塞ぐかたちになっていました。水がわき出て湿地となっていることは間違いないのですが、泥田堀というと眉唾な雰囲気を感じます。縄張りとして堀が人工的に造作したものとはみえないからです。単にふたつの城域の間にある谷部と言えるのではないか。
土橋状の突堤ももしかしたら後世の水利遺構かもしれません。近世後期には高い谷あいなどに突堤を築いてため池にする事例がいくつもあります。
こうした評価は類例をあたりもう少し慎重な方がよいです。

神楽尾城は毛利氏が美作中央部から東部へ進出するにあたって拠点としたであろう城郭と思われます。
吉井川対岸にある宇喜多方とされる荒神山城(これは現地に行ってないので評価は保留)と向かい合うかたちで対峙したのでしょう。
戦国期には津山城はまだなく、院庄辺りが守護所などがあったとされます(実際はどうか未確定だそうですが)。
現在の津山市街地がある吉井川・宮川・加茂川の合流域を挟んで毛利方と宇喜多方が対峙した、真島郡の拠点、高田城から岩屋城、鏡野盆地を通って進出する毛利方の拠点が神楽尾城だったと思われます。
神楽尾城は、これから加茂町の髙山城を経て智頭郡から因幡方面、或いは作東から播磨方面へ展開するための重要な拠点ではなかったのかな、という印象です。

遺構からみるとあっさり落城したと言う割には、けっこう戦国期の最終段階まで毛利方として機能したのではないの?と思う節もあります、その辺は高山城、医王山城と岩屋城の評価と合わせて広域的にみる必要があるでしょう。もうちょっと下調べが必要ですね。

P1160189P1160190

医王山城登山会に参加しました。

4月29日は、津山市吉見の医王山城登山会に参加してきました。
津山市方面では、中世城郭の保存会があちこちにあって美作の中世山城連絡協議会という組織があります。
その内の、医王山城跡保存会による登山会に、美作をフィールドとする中世史研究者M&Mさんのお誘いで参加してきました。
医王山城は、近年の台風などで登山道が崩壊したりと大変だったようですが、新たに登山道をこしらえ風倒木の除去や伐採など積極的な活動をされています。今年は二の丸・三の丸と呼ばれる畝状空堀群のある尾根筋方向の曲輪群の風倒木を取り払い伐採をしたようです。

おかげで、極めてアプローチの良い山城となっています。また、三の丸隅に石垣の根石列を見つけ出してくれていました。
当日は好天に恵まれ、130人(会の発表では150人だそうで)が医王山城跡に登りました。
文献では毛利方が宇喜多氏相手に大籠城戦をしたことで著名なようですが、規模としては山頂部に常時これくらいの人數が籠るのに適した大きさにみえます。遺構として残る規模ならば神楽尾城(文献ではあっさり落城したとされる毛利方の城)や高山城の方が大きい。
医王山城では全体では2〜300名くらいか。もっとも、臨戦態勢では集まった動員兵力に合わせてあちこち立て籠るので遺構からみた規模で判断するのをひとつの尺度としておきます。

医王山城はこれまで1985年の八巻孝夫さんによる縄張り図(『中世城郭事典』掲載)がありますが、それ以降25年近く縄張り図は作成されていないようです。今回、あらためて現地をみてみますと、主郭部にある石塁は図面では開口部へ向けてハの字に狭まっていますが実際は折れをともなう鉤型の桝形虎口となっていました。石垣列からも確認できます。そこから二の丸・三の丸への通路に向けてわずかながら高まりや石列が残っており、連続した桝形虎口が確認できました。
三の丸と呼ばれる別郭でも既に図化されている石列に加えて、今回伐採で確認された石垣列とあわせて桝形虎口が確認できました。

八巻さんの図は、往時は笹藪だらけだった医王山城を関東から遠征しての確認調査でしたので当時の研究水準からみても十分な成果として意義があります。問題はそれから25年経ってきちんとした確認調査が進んでいない点にあります。
今日の城郭研究の成果を加味した新たな図面を作成する必要があります。そうした点を踏まえると12月にも矢筈城シンポで申したように悉皆調査の計画が待たれるところです。

地元の方々に医王山城の位置付けと、今回確認した部分を意識して保全するようにお願いしてきました。

医王山城は毛利方の立て籠った城郭として著名(もちろん畝状空堀群などはそれらの時代のもの)ですが、遺構をみる限り、最終段階ではそれ以降の可能性も考えないといけないと思います。
はじめての美作の中世山城攻めでしたが、なかなかの収穫でした。ホントにここは天正前半期の戦国期城郭と織豊系城郭を学ぶのにいい地域です。

P1160180P1160166

2009年4月21日 (火)

GWは美作討入り。

27−30日まで津山市でゆっくりと城郭跡を探訪してきます。
29日は
医王山城跡保存会による美作医王山城の城跡登山会に参加してきます。
その後、美作神楽尾城も登ってきます。院庄の構城もみる予定。

美作の中世城館に初めて討入り。とにかく雨降るなと祈るばかり。
石垣もあるので、それぞれ縄張りを重点的にみてこようと思います。医王山城は1985年の八巻孝夫さんの図面がありますが、今みるとかなり面白い視点が得られると思うなあ。(・ω・)ノ

他に、できれば荒神山城も観たい。高山(矢筈)城は一人はちとリスクなので今回は無理でしょう。

ホント、たのしみ。

2009年4月20日 (月)

コンヨク@別府国際観光港。

P1160085 P1160086 20日は出先の昼食を関西汽船ターミナルの「はらぐち」にチョイス。くじゅう連山の食材を使うお店(久住か九重かわからないけど)。
食事の後は、「1日2回、太陽が来て、太陽が去るときだけにぎやかになる。それ以外は静かな空間」とシンポジウムでマイケル=リンさんがおっしゃってたターミナル乗船口にある
マイケル=リンアデル=アブデスメッドジンミ=ユーンの作品を拝見。

ターミナル2階のみなとパレットへの階段は薄暗くて「やってんの?」という気分になるけど、登るとそこには華やかなマイケルさんの壁画(正面のガラスには「太陽」。その対比がなんともgood。)があります。
アデルさんの作品はミナトのあちこちに「放浪」してます。
マイケルさんの壁画の片隅にジンミさんの作品の入り口があります。ジンミさんのビデオインスタレーションは小一時間ゆっくり拝見したい作品です(この日は昼休み程度しか時間なし(ノ_<))。ボクは座布団2つでうつ伏せスタイルがいいな(謎)

それにしても、ミナトナイト。。。。行きたかったよお。

26日は、わくわく混浴アパートメント企画で、BEPPUに「かえっこバザール」上陸です。
藤さんは来ないようです(立ち話で聴いた限りですのであしからず)が、「かえっこ」が大分であるとは感慨深い。かえっこの相手がアーティストですから面白くないはずがないので、ぜひスケジュールをあけて松原公園へ行ってみてください。

2009年4月19日 (日)

負け犬苦行。

この週末は、ミナトナイトにも行けずコンビニコピーなどでお城の図版77枚をこしらえていました(^^ゞ
なんで?

桜組も負けてしまい、今週末の私はすっかり「負け組」です。
きっと大盛り上がりで、もう1回ミナトナイトをクロージングナイトでもやってくださるよね。と祈っておこう(^人^)〜ソンナワケナイ!!

2009年4月12日 (日)

混浴温泉世界の歩き方(開幕直後編)

P1160017 P1160018_2みなさん!コンニチハ。
ということで、11日は徹夜明け1時間チョット寝てから、いよいよ開幕の「別府国際芸術フェスティバル2009、混浴温泉世界」のオープニング・デーに行ってきました(・ω・)ノ

いやー。
たのしい! \(^o^)/! 最高っ! 
いやあ、若いわっ!コンヨクサイコー! 
 

な1日でした。日付変更線越えて、別府タワーのコンヨクナイトなクラブイベントまで行ってきました。。。(^^ゞ
いやあ、大分に居て現代アートをここまで近い距離で「濃密」に楽しめる日が来るなんて思わなかったです。

ということで、公式サイトも公式ウェブログも書いていない(^^ゞ コンヨクの行き方と利用上の注意から。
これ、大事。
何か事務局から怒られそうですけど、初日に別府中心街辺りを歩いて思ったことに、いきなり行ったらかなり戸惑うかなあ?と思うところがあったので、初日の経験をもとに公式のQ&Aをふまえて。。。以下の、「入湯前のこころえ」を押えておいて下さい。(但し、筆者の感覚なので参考程度によろしく。)(追加:開幕して1ヶ月経って充実してきましたので、本編のタイトルを「開幕直後編」に変更してます。)

注意事項は次の4つ。
【1】まず、前提として。
「何かやっているらしいけど、行ったらわかるよね」ってのは期待してはいけない。
なぜなら「コンヨクはアートを探して別府をさまよう」ことが前提(たぶん)だから(^^ゞ
もちろんインフォメーションセンター(写真のとおり)もいろいろ揃っているけど、頼りになるのは当日手に入れることのできるパスポート。それで、看板も案内板もない別府のまちを歩いていかないといけません(^^ゞ。

【2】アートゲートクルーズの会場となる別府中心商店街(&聴潮閣)・関西汽船ターミナル・鉄輪の3地区はけっこう離れている
アートゲートクルーズの場所は、別府市街地の中心商店街&清島アパートと、べっぷアリーナ横の聴潮閣と、関西汽船国際ターミナルと、鉄輪温泉街 に分かれている。これがけっこう離れているので、「ふふっん、1日でみてまわろう」というにはけっこう厳しい(^^ゞ。
車だと停めるところに難儀する。一応、公共交通で回れるところばかりですけど、何バスのどれ乗っていいかわからない(^^ゞ
予習なしで行くとびっくりします(^^ゞ(^^ゞ

【3】公式サイトみづらくて全体像を把握するのが難しい。けど、関連ウェブログと映像(Oitaweb.TV 1ch, 音でます)はかなり充実しているので要チェック。
事前にチェック!と公式サイトみても全体像がわかりにくい。アートゲートクルーズ&ベップダンス&ベップオンガクなどのイベント情報をおさえたりするのに、予習がむずかしい。
肝心の一番楽しめるアートゲートクルーズの場所さえどこかわからない
マップをPDFで置いてほしいです→公式blogにデータup。)
イベントスケジュールも探しづらいし、みづらい
パンフのイベント一覧表をPDFで置いてほしいです→最新情報に週末情報up)
という状況です(^^ゞ とりあえず公式サイトのQ&Aをみてみましょう。
そのぶん、ウェブログ関係と映像関係は、かなり充実しています。何やっているか、どんな雰囲気かを知るには要チェックです(^^ゞ

とにかく組織的に大きくない運営で、どこにも負けない規模のフェスティバルをやっているコンヨクですので、おいおい揃っていくとは思うのですけど現時点ではかなり難儀します。わからないけど、じぶんで探してみつけよう、というスタイルが大事です。

で、キモは。

【4】混浴温泉世界を楽しむためには「じぶんで探してじぶんで何とかしよう」という航海のための冒険心が必須!!!
ということです。
まあ、外国行っていきなりロンドン歩くようなもんです(たぶん)。そんな感じで別府を航海(クルーズ)するのがコンヨクの醍醐味です。



以上の点を踏まえた上で。
1)公式サイトはたとえわかりにくくても、あちこちクリックしてみて、プログラム概要Q&Aは最低限よくみておきましょう。
2)事前に公式ウェブログとその他関連ウェブログをこまめに定点観測しておきましょう。思わぬ情報がここにかいている
混浴温泉世界blog 混浴婦人部blog まきちゃんの混浴日和 わくわく温泉アパートなど)。あと、映像系Oitaweb.TV 1ch, (音でます)はかなりいろいろ撮影していて充実しているのでおさえておくとなお、よろし。
3)周遊は徒歩がよいので歩きまくってもよい服装と靴で行きましょう。別府は坂道が多いので気分はピクニック、水筒なども持参よろし。
4)歩くときはパスポートなどの持ち運びに「クリアファイル」を持参しましょう。挟んで持ち歩くのにかなり便利。
5)交通機関はバス。べっぷぅ〜にぃでルート検索。バス乗り場は別府駅前(駅の海手の出口)と別府駅西口(駅の山手の出口)に分かれる。亀の井バスの外まわり16番&内まわり26番系統の外循環バス(鉄輪←→聴潮閣←→別府駅←→関西汽船←→鉄輪)は遠回りだけど途中乗換えなしで回っていける。別府駅or西口←→鉄輪間は、亀の井バスAPU、鉄輪行き&大分交通の吉弘経由鉄輪行きバスなどがある。これらのバスの時間をおさえれば3エリア+聴潮閣は問題なく行ける(但し混雑する場合もあるので注意)。
6)別府市街地で半日〜1日、鉄輪で半日・午前から午後あるいは、午後いっぱい程度、関西汽船ターミナルで午前中程度、なボリュームを目安にしておこう。1泊2日だとアフターコンヨクで温泉を楽しめる。水曜日の夜は芹沢高志さんのディレクターズトーク、土曜日をおさえると夜のクラブイベントのタワーナイトも楽しめる。
7)聴潮閣は少し離れているけど、別府駅西口から岡本太郎の壁画をみて歩いていこう、15分〜20分程度の坂道。帰りは1時間2本の26番バスで駅や関西汽船ターミナルへ下りるとよい。毎週土曜日予定のサルキス《水の中の水彩画》(サルキス氏が指導したボランティア=エンジェルたちがお世話するワークショップ)は小一時間使っても体験すべき!!オススメの作品。
8)ベップダンスベップオンガクのスケジュールと組み合わせるとなおよろし。こちらも公式サイトでおさえてコンビニなどで事前にチケッティング。
9)とりあえず下調べを済ませて、当日現地に着いたら、まずは別府駅コンコース(写真)、あるいは駅前通りを下ってチャンヨンへ重工業《別府でハネムーン》のテキストバナーが貼り付けられた&「武富士」のビル1階にあるインフォメーションセンター
(駅前通りを海手へ歩いていくとすぐわかります)へたどりつこう。そこでパスポートを入手することが、航海の第一歩。

が入湯前のココロエ(^^ゞ
事前準備とチョイスを決めたら、あとはたのしいコンヨクの世界を楽しんできて下さい!! ぐっどらっく!

2009年4月11日 (土)

コンヨク・オープニング・デー

11日は、ぜいたくにも(^^ゞ、豊後竹田駅から九州横断特急に乗って別府入り。
あまりの眠さに途中で大分乗り換えを省略するための措置。車窓からみえる別府湾はサイコウだ。
P1160012P1160014











ちなみに、熊本市現代美術館の『井上雅彦、最後のマンガ展、重版熊本版』とハシゴしたいアート好きは、別府から九州横断特急で、阿蘇のスイッチバックを体験してから新水前寺駅電停乗換えで通町筋までいくべし(^^ゞ。オススメ。それか九州横断バス(別府→由布院→くじゅう牧の戸→黒川温泉→阿蘇→熊本)でのーんびり行くのもよし。乗り場は別府駅前通りを海へ歩いていってすぐの別府駅前本町バス停(駅前高等温泉前)か別府北浜バス停(トキハ別府店前)にある。

P1160020







それで、別府駅に着いてボランティアの方がご案内の混浴温泉世界のインフォメーションブースでパスポートをいただいてから、「混浴温泉世界の歩き方」の記事用に写真を撮影させていただく。。。でもピンボケ(ノ_<)。

P1160017








そして、andoビルの本拠地、インフォメーションセンターへ表敬訪問!
オープニング2時間後ですので、準備であわただしい中、竹田から無事に「お祝いのブツ」を進呈してきました。

そう。竹田といえば、水曜どうでしょう、で一世を風靡した姫だるま」です。正月のお祝いに投げ込む代物です。
起きあがりこぼしな縁起物ですので、コンヨクの成功をお祈りして「まよけ」代わりどうぞ(・ω・)/ と進呈してきました。

P1160023

















インフォメーションの『琴姫ブロマイド』500円の横に鎮座してます。ありがとうございます!
ぜひともクロージングイベントの際には、クロージングナイトのクラブイベントで投げ込んでやって下さい(^^ゞ

今日はコンヨク日和

消耗状態の最後の追い込みで、やっとこ何とか懸案事項の体裁が整いました。
ギリギリのデットラインな日取りまで粘ってみましたが、他のこともあるので、いつまでも引っ張れるものでもないし、各方面にご迷惑にもなりますので、何にしても一旦区切りをつけましょう。
とりあえずひと息つけます。つかれました。

さあ、今日はコンヨク日和!!ずーっとこの日に行くぞ、を合言葉に仕事してきましたので何とか間に合いました。
こんなに始まるのが楽しみな展覧会ってのもなかったなあ。ホントにこれを励みにしてがんばったもんね。

てなわけで、
1日中、コンヨクにはいって癒されてきます。
サルキスさんの仕様のワークショップからオープンイベント、ベップダンス、日付変更線越えのタワーナイトまで(・ω・)ノ
体力もつかなぁ?
コンヨクオープニングは明日アップすると思います(たぶん)

2009年4月 5日 (日)

アートゲートクルーズ徹底解説。

別府現代芸術フェスティバル2009、混浴温泉世界のディレクター、芹沢高志さんが今回のアートゲートクルーズに参加する8人のアーティストについて徹底解説した映像がOitaweb.tv 1ch.でオンエアーされてます!
要チェックしてください。


これのさわりくらいが、竹田の御客屋敷でもお話ししていただきました。たけたで10年居て一番なレクチャーだったかも。
何とか追いついていってる感じですけど(..ゞアセ。

ボクは初日に突撃します♪

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart