« 大分のジュンク堂。 | メイン | 年度当初のごあいさつ »

2009年3月31日 (火)

年度末。

2008年度もおしまい。

それにしても、怒濤の1年間でした。ジェットコースターみたい(^^ゞ。
東京から沖縄までいろいろな場所に行くことができ、さまざまな出会いがあった2008年度でした。
おそらく、ちょうど1年前の3/31に竹田の山ン中から飛ばして都会の都市高速まで走らせたときに感じた「何かから突き動かされるような、湧き上がるような解放感」はこんな展開を予言していたのでしょう。

あらためて、何かしら背中をドンっと押されるような運命的なものを感じた1年間でもありました。最初はちょっと狂気じみてたかも?
そして、いらない荷物は捨てさって、ごちゃごちゃしていたオツムのライブラリーは城郭史とアートなあれこれにしぼられました。

赤の他人は放っておけ。じぶんがすることが先にあって、結果として何かの役に立つことを願いながらも、じぶんのために行動する過程の中で、何らかの手を差し伸べてくれる人がいるならそれが本当のパートナーシップなんだろう。それを学んだ1年でした。

下半期は、これまたいろいろ面白い出会いがありました。上半期があらゆるところにリサーチをかけた時期とするなら下半期はそこから集約していく感じ。お城の研究も進めることができましたしシンポも参加して勉強になりました。とにかく研究史に関する書籍を集めたおした下半期でした(^^ゞ。アート系ではAAFに応募して採択されたのが大きな変化でした。AAFとBEPPUとCCAのレクチャーなどの場を介してあれこれなアートなひとたちとお会いできたのもいい経験になりました。これからドタバタですよ。岡の里事業の枠でアートレクチャーを3本企画(1本はお手伝い)、それから彫刻メンテナンスをようやく実現しました。とあれ、3〜4年前の文化庁実習で学んだことを違うかたちで前へ進めることができたのは大きい、というかかなり試行錯誤しました。いらない荷物を捨てたのが大きいかも?しんどい時に手を差し伸べてくださった方々には感謝するばかり。

でかけたところは、AFFでひさびさに東京、シンポで京都と大阪と岡山と津山、研究報告で福岡と熊本、アート系は北キューとベップに行ってきました。お城やさんでは『名城百選』に参加。新人物往来社の『歴史読本』に寄稿することができました。歴読は亡きじいさんの愛読書でボクもそれを読んで「感化」されたことを思うと実に感慨深いところ。


とはいえ、次の年度は荒波ばかり。
まだまだアクションを起こしたばかり、来るべき時に備えてしっかりライブラリーをこしらえ身支度を済ませる1年にしたいものです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/19195335

年度末。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart